全国美術館企画展情報
アートニュースHEADLINE

Web美庵セレクション 全国美術館企画展情報

国際展情報
EXHIBITION IN MUSEUM
かけじくかくもこのみ
伊藤晴雨「画家生活内幕咄」

シニェイ・メルシェ・パール《紫のドレスの婦人》

1874年 油彩/カンヴァス

ブダペスト、ハンガリー・ナショナル・ギャラリー

© Museum of Fine Arts,Budapest – Hungarian National Gallery, 2019

ルカス・クラーナ(父《不釣り合いなカップル 老人と若い女》

1522年 油彩/ブナ材 ブダペスト国立西洋美術館

© Museum of Fine Arts,Budapest – Hungarian National Gallery, 2019

本・ハンガリー外交関係開設150周年記念

ブダペスト国立西洋美術館 &

ハンガリー・ナショナル・ギャラリー所蔵

ブダペストヨーロッパと

ハンガリーの美術400年

2019年12月4[火]ー2020年3月16[日]

10時ー18時(入場は閉館の30分前まで)

※毎週金・土曜日は20:00まで

休館/毎週火曜(ただし2/11火・は開館2/12[水は休館)

※年末年始2019/12/24[火~2020/1/7[火は休館

国立新美術館  企画展示室1E

展覧会ホームページ  https://budapest.exhn.jp

400年分西洋美術珠玉ハンガリ近代絵画

 ハンガリーを代表する美術館であるブダペスト国立西洋美術館とハンガリー・ナショナル・ギャラリー。両館のコレクションが一堂に来日するのは、実に25年ぶり。

 本展では、16世紀ルネサンスから20世紀初頭のアヴァンギャルドの時代まで、約400年の西洋美術の歴史を彩った絵画・彫刻・素描、全130点を、ハンガリーの作家はもちろん広くヨーロッパの芸術を西洋美術史の流れに沿って2章構成で味わえるようになっている。

 Ⅰ 章「ルネサンスから18世紀まで」ではまず、独ルネサンスを代表する画家ルカス・クラーナハ(父)の《不釣り合いなカップル 老人と若い女》(1522)と《不釣り合いなカップル 老女と若い男》(1520-22頃)の対称的な男女が見どころ。15世紀から16世紀にかけて、風刺や教訓的な絵画が、富裕な中産階級の間で人気を得ていた時代背景がうかがえる。ほかにも16世紀ヴェネチア・ルネサンス最大の巨匠であるティツィアーノが手がけた《聖母子と聖パウロ》(1540)や、エル・グレコ、フランツ・クサーヴァー・メッサーシュミットによる彫刻など、極めて質の高い作品を見ることができる。

  Ⅱ 章「19世紀・20世紀初頭」では、ルノワール、モネ、クールベ、そしてドイツで独自に前衛芸術の活動を展開したクルト・シュヴィッタースらの作品がズラリ。ここで注目したいのは、ナショナリズムの機運が高まり、芸術文化活動がきわめて活発に展開されたハンガリー近代絵画の名作。今日ハンガリーで最も愛されている名画《紫のドレスの婦人》を描いたシニェイ・メルシェ・パール、パリを拠点に国際的に活躍したムンカーチ・ミハーイ、ナビ派の大家リップル=ローナイ・ヨージェフ、象徴主義の鬼才チョントヴァーリ・コストカ・ティヴァダル、世紀末の巨匠ヴァサリ・ヤーノシュといった、代表的画家たちの名作が35点も出品されている。

 各時代を代表する巨匠たちの作品とともに、日本ではなかなか目にすることのできないハンガリー近代絵画の名作を目の当たりにし、その表現の豊かさ、素晴らしさを発見する、またとない機会となるだろう。

フランツ・クサーヴァー・メッサーシュミット

《性格表現の頭像 子どもじみた泣き顔》

1771-1775年 鉛と錫の合金 ブダペスト国立西洋美術館

© Museum of Fine Arts,Budapest – Hungarian National Gallery, 2019

ヴァサリ・ヤーノシュ《黄金時代》

1898年 油彩/カンヴァ ブダペストハンガリー・ナショナル・ギャラリー

© Museum of Fine Arts,Budapest – Hungarian National Gallery, 2019

招待券プレゼント

読者アンケー「ブダペスト展に期待することを添えてWeb美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛メールにてご応募ください抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたしますなお当選は発送をもって代えさせていただきます

リップル=ローナイ・ヨージェフ

《赤ワインを飲む私の父とピアチェク伯父さん》

1907 油彩/厚 ブダペストハンガリー・ナショナル・ギャラリー

© Museum of Fine Arts,Budapest – Hungarian National Gallery, 2019

大浮世絵展

歌麿写楽北斎広重国芳  夢の競演

2019年11月19[火]ー2020年1月19[日]

※会期中展示替えあり

9時30分ー17時30分(土曜は午後19時30分まで)

休館/月曜(2020/1/13は開館)、

   2019/12/28[土ー2020/1/1[水・祝]

東京都江戸東京博物館

展覧会公式サイト  https://dai-ukiyoe.jp/index.html

れた当時の色鮮やかさが残る優品を厳選して展示。浮世絵の代表作とも言える作品たちを一堂に堪能できる、またとない機会。ぜひ脳裏に焼き付けてほしい。

喜多川歌麿「難波屋おきた」

江戸時代/寛政5年(1793)頃、大判錦絵

ミネアポリス美術館蔵

Photo:Minneapolis Institute of Art

展示期間:2019年11月19日~12月15日(東京会場)

東洲斎写楽「市川鰕蔵の竹村定之進」

江戸時代/寛政6年(1794)5月、大判錦絵

ボストン美術館蔵

Photograph © 2019 Museum of Fine Arts, Boston

展示期間:2019年12月17日~2020年1月19日(東京会場)

歌川広重「東海道五拾三次之内 庄野 白雨」

江戸時代/天保5-7年(1834-36)頃、大判錦絵

東京都江戸東京博物館蔵

展示期間:2019年12月17日~2020年1月19日(東京会場)

歌川国芳「其まヽ地口猫飼好五十三疋」

江戸時代/嘉永元年(1848)頃、大判錦絵3枚続

展示期間:2019年11月19日~12月15日(東京会場)

が知るが見い浮世絵オールスター

招待券プレゼント

読者アンケート「好きな浮世絵師ベスト3」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。

 1964年10月、先の東京オリンピックに合わせて「オリンピック東京大会組織委員会協賛芸術展示 浮世絵・風俗画名作展」が、国際浮世絵学会(当時、日本浮世絵協会)の主催で開催された。そして2020年、ふたたびやってくる東京オリンピックの時期に、浮世絵の素晴らしさを紹介する展覧会を開催する。

 本展は、2014年に開催し、全国3会場で約38万人を集め、浮世絵ブームを作り出した「大浮世絵展」に続く展覧会。今回は浮世絵の歴史の中でも、とりわけ人気の高い絵師である喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳の5人にフォーカスし、国内のほか世界各地の美術館、博物館、個人コレクションから傑作だけが集結する。

 出品作は、写楽《三代目大谷鬼次の江戸兵衛》、北斎《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》など、「誰もが知っており、そして誰もが見たい」作品ばかり。歌麿は美人画、写楽は役者絵、北斎と広重は風景画、国芳は勇壮な武者絵と機知に富んだ戯画と、絵師のエッセンスを凝縮した内容は、ため息がでるほどの豪華さ。

 浮世絵はその保存状況によって作品の状態に大きな差が出る。本展では国際浮世絵学会の監修のもと摺ら

葛飾北斎「諸国瀧廻り 下野黒髪山きりふりの滝」

江戸時代/天保4年(1833)頃、大判錦絵

中外産業株式会社蔵 原安三郎コレクション

展示期間:2019年11月19日~12月15日(東京会場)

未来と芸術AIロボ

都市生命  人は明日どう
生きるのか

2019年11月19[火]ー2020年3月29[日]

10時ー22時(最終入館 21時30分)

※火曜日のみ17時まで(最終入館 16時30分)

※ただし11/19[火]12/31[火]2/11[火・祝]

は22時まで(最終入館 21時30分)

休館/会期中無休

森美術(六本木ヒルズ森タワー53階)

公式サイト  www.mori.art.museum

エコ・ロジック・スタジオ

《H.O.R.T.U.S. XL アスタキサンチン g》

ディムート・シュトレーベ

《シュガーベイブ》

アウチ

《データモノリス》

エイミー・カール

《インターナル・コレクション》

手塚治虫

《火の鳥 未来編》

2019年

© NAARO

2014年-

2018

2016-2017年

1967-68年

© 手塚プロダクション

生き抜くヒントとなる近未来を目撃しよう

招待券プレゼント

読者アンケート「あなたが今後期待する現代アーティスト」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。

 新たなテクノロジーの発達はいま私たちの生活のさまざまな側面に大きな影響を与えようとしている。

 近い将来人間は多くの判断をAI(人工知能に任せるようになりAIが人類の知能を超え私たちの社会や生活に急激な変化をもたら「シンギュラリティ(技術的特異点が到来すると言われる。

 また、ブロックチェーン技術(分散型台帳技術)は社会システムに新しい信用と価値を作り出しさらに多様なバイオ技術は食や医学そして環境に多大な影響を与えることになるだろう私たち人間が身体機能を拡張させいま以上に長寿を享受する時代も近づいていると考えられる。

 そうした変化は、決して明るいものだけではないのかもしれない。だが私たちは、少なくとも20-30年後の未来を思い描き、その新たな世界の可能性について考えることが必要なのではないか。それは同時に、豊かさとは何か、人間とは何か、生命とは何かという根源的な問いにもつながるものだ。

 本展は「都市の新たな可能性「ネオ・メタボリズム建築へ「ライフスタイルとデザインの革新「身体の拡張と倫理」「変容する社会と人間」の5つのセクションで構成し100点を超えるプロジェクトや作品を紹介するものAIバイオ技術ロボット工学AR(拡張現実など最先端のテクノロジーとその影響を受けて生まれたアートデザイン建築を通して近未来の都市環境問題からライフスタイルそして社会や人間のあり方を観客と一体となって考える展覧会。

 現代アートのひとつのテーマが人が生き抜くヒントとなる近未来を垣間見せることだとしたら「未来と芸術展はまさにそのテーマに正面から取り組んだ展覧会と言えるまずは身体ごと飛び込んでみよう。

山沢栄子  私の現代

2019年11月12[火]ー 2020年1月26[日]

10時ー20(入館は閉館時間の30分前まで)

休館/月曜(ただし月曜が祝日・振替休日の場合は開館翌平日休館年末年(12/29〜1/1)

※1月2[木と3[金の開館は18時まで

東京都写真美術館

美術館公式サイト  https://topmuseum.jp

 具象・超絶技巧ブームが久しい日本美術界・市場の中にあって果敢に行われる抽象表現の企画展には改めて抽象ならではの鮮烈な輝きを見せつけられるものがあるが、こ「山沢栄子  私の現代」にもまた作家の瑞々しい感性に目を覚まされるような驚愕がある。

 山沢栄子は1899年大阪生まれコンソェロ・カネガを始めとして黄金時代の幕開けにあたる1920年代のアメリカの写真を学び30年代からは半世紀以上にわたって日本における女性写真家の草分けとして活躍した当初はポートレート撮影を主な仕事としていたが晩年の80年代には抽象絵画のような写真作品を制作する作家として知られたとりわけカラー写真による色鮮やかな作品群は当時の日本では他に例を見ないものだった《私の現代 / What I Am Doingと題して発表されたこのシリーズには極めてコンセプチュアルな表現も含まれている。

 生誕120年を記念した本展では、70–80年代に手がけたカラーとモノクロによる抽象写真シリーズ《What I Am Doing》を中心に、 抽象表現の原点を示す60年代の写真集、戦前の活動を伝えるポートレートや関連資料などを展示し、写真による造形の実験を重ねることで、独自の芸術表現に到達した作家の歩みを辿る。

 また本展ではTOPコレクションからA・スティーグリッツやP・ストランドA・アダムスE・ウェストンIカニンガムR・スタイナーほか、 ファッション・広告写真のC・ビートンJ・ローリングスP・アウターブリッジ・ジュニアらの作品も加えて紹介し20年代以降のアメリカ近代写真の状況と山沢への影響を探る。

  会場には老人ホームの山沢を写真家のバーバラ・キャスティンが訪ねるビデオが流れているが写真集『What I am Doing』を見ながら「ユーモアのある作品もあるけど、そこにはmanymeanings(たくさんの意味)がある」と語る、山沢の姿が印象に残る。

 写真による造形の実験を重ね、独自の抽象表現を拓いた先駆者の世界を堪能してほしい。

《What I Am Doing No.72》

  1980/プリント1986   銀色素漂白方式印画   大阪中之島美術館蔵

《歩く老婦人》

  1955   写真集『遠近』より   グラビア印刷

《仔犬》

  1958   写真集『遠近』より   グラビア印刷

《山本安英 “土”》

  1943(プリント1990) ゼラチン・シルバー・プリント 東京都写真美術館蔵

《What I Am Doing No.72》

 1980/プリント1986   銀色素漂白方式印画   大阪中之島美術館蔵

抽象表現を切り開いた瑞々しい感性に驚愕

ラスト・ウキヨエ

 浮世絵を継ぐ者たち

 悳俊彦コレクション

前期/2019年11月2[土]ー 24[日]

後期/2019年11月29[金]ー 12月22[日]

※前後期で全点展示替え

10時30分ー17時30分(入館は17時まで)

休館/11/5[火]11/11[月]11/18[月]

   11/25[月]ー28[木]12/2[月]

   12/9[月]、12/16[月]

太田記念美術館

美術館公式サイト  http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/

 「浮世絵」と言えば江戸時代!と思う人が多いようだが、実は明治時代の終わり、20世紀の初頭まで、浮世絵版画は制作され続けていた。

 本展は、洋画家であり浮世絵コレクターでもある悳俊彦(いさお・としひこ)氏が、長年にわたって蒐集した、知られざる明治の浮世絵約220点を一挙に披露するもの。

 明治の浮世絵師で知名度があるのは月岡芳年、小林清親だが、今回の展示では、彼らの後の世代、二代歌川芳宗、右田年英、水野年方、楊洲周延、尾形月耕、山本昇雲、宮川春汀など、個性きらめく総勢37人の「ラスト・ウキヨエ」たちが名を連ねる。

 描かれるテーマは、人々に馴染みのある美人画や名所絵、子ども絵、武者絵など、江戸とほぼ同じ。大きな違いは、淡く鮮やかな色彩や、迫力ある構図など、江戸浮世絵とは一味違う新しいテイストが盛り込まれている点だ。会場では、今までの浮世絵のイメージを覆すような浮世絵に出会えることだろう。

 江戸のような贅沢禁止令のない明治の方が、絵師も版元も外国文化や激動の時代をのびのびと吸収しつつ高度な技術・工夫を重ね、大正新版画に続く繊細で華やかな浮世絵を創出できたとも言える。

 これまで展覧会や研究が少ないゆえに、未開拓の明治の浮世絵を知り、冒険するワクワク感を、ぜひとも太田記念美術館で体感してほしい。

尾形月耕「幸村蘆叢へ忍ぶ図」

(後期)

右田年英「年英随筆 羽衣」

(前期)

二代歌川芳宗「芳宗随筆 鮑とり」

(後期)

山本昇雲「狐の嫁入り」

(後期)

浮世絵の歴史をディープに学ぶ   秋の歌川派フェスタ

 

太田記念美術館では、9月には国芳の師匠である歌川豊国の展覧会を、11・12月には国芳の門人である月岡芳年とその弟子たちを含めた明治の浮世絵師たちの展覧会を開催します。これらの3つの展覧会を通してご覧いただくことで、豊国―国芳―芳年といった歌川派の系譜をたどることができます。①9/3〜9/29「生誕250年記念 歌川豊国―写楽を超えた男

②10/4~10/27「歌川国芳 ―父の画業と娘たち」展

③11/2~12/22「ラスト・ウキヨエ」展

3つの展覧会すべてにご来場いただいたお客様にオリジナルエコバッグをプレゼント。

3種類のチケット半券を集めて当館受付にお持ちください。エコバッグと引き換えます。

プレゼントの引き換えは11月2日[土]から、なくなり次第終了します。

今までのイメージを覆す明治の浮世絵に出会う

2019年10月11 [金]ー2020年1月13[月・祝]

9時30分〜17時(金曜、土曜は20時まで、

入場は閉館30分前まで)

休館/12/31[火]、1/1[水・祝]

上野の森美術館

招待券プレゼント

読者アンケート「私がゴッホ展に足を運ぶ理由」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。

展覧会公式サイト https://go-go-gogh.jp

 強烈な色彩と豊かな表現力で人々を魅了し続ける画家、フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)。37年という短い人生のなかで、画家として活動したのは、実はわずか10年間。その短い画業の中で唯一無二の表現を獲得しえた背景には、「ハーグ派」と「印象派」という大きな2つの出会いがあった。

 27歳で画家として生きることを決意したファン・ゴッホをまず導いたのが、オランダ・ハーグを拠点に活動し、農村生活を静謐な筆致で描いた「ハーグ派」。このハーグ派のアントン・マウフェからゴッホは画家としての基礎やモデルを使うことを学んだ今回はこの時期の貴重なゴッホの作《農婦の頭部》や《ジャガイモを食べる人々ほかマウフェらハーグ派の作品も紹介する。

 その後、ゴッホはパリに出てもうひとつの「印象派」との出会いがあり、躍動する色彩の虜となった。会場では、ゴッホがパリで暮らし始めたころの《パリの屋根》やサン=レミの精神療養院を退院する直前に描いた《薔薇》、試行錯誤の末にたどり着いた《糸杉》など珠玉の作品が一堂に会するほか、セザンヌ、モネなど影響や交流のあった印象派の作品もずらりと並ぶ。

 全体を統べるのは、約40点のゴッホ作品に、ハーグ派と印象派を代表する巨匠たちの作品約30点を加え、ゴッホが手紙の中で語った言葉を交えながら、独自の画風にたどりつくまでの過程を掘り下げて紹介する展示構成。

 ゴッホはいかにして絵画を学び、画家として成長していったのか。静謐の「ハーグ派」と躍動の「印象派」、2つの出会いによって導かれた、短くも濃密な10年間を上野の森美術館で堪能してほしい。

ゴッホ展

フィンセント・ファン・ゴッホ 《ジャガイモを食べる人々》

1885年4-5月 リトグラフ(インク・紙) 26.4×32.1cm ハーグ美術館

© Kunstmuseum Den Haag

フィンセント・ファン・ゴッホ 《疲れ果てて》

1881年9-10月 鉛筆・ペン・インク・筆・不透明水彩、簀の目紙 23.4×31.2cm

P. & N. デ・ブール財団 © P. & N. de Boer Foundation

フィンセント・ファン・ゴッホ

 《パリの屋根》

1886年春 油彩、カンヴァス

45.6×38.5cm

アイルランド・ナショナル・ギャラリー

© National Gallery of Ireland

フィンセント・ファン・ゴッホ 《麦畑》

1888年6月 油彩、カンヴァス 50×61cm P. & N. デ・ブール財団

© P. & N. de Boer Foundation

2019年10月26 [土]ー12月15[日]

9時30分〜17(金曜日は20時まで、

いずれも入場は閉館30分前まで)

休館/月曜(11/4は除く11/5[火]

名古屋市美術館

招待券プレゼント

読者アンケート「カラヴァッジョ展に足を運ぶ理由」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。

展覧会公式サイト http://m-caravaggio.jp

    16世紀末、ひとりの天才の絵筆がローマに衝撃を与え

た。ミケランジェロ・メリージ(1571-1610)、通称カラヴァッジョは、貴族や聖職者のみならず、民衆を含めたすべての人々の感情を揺さぶる、劇的で生々しい表現を宗教や神話の世界にもちこみ、一躍時代の寵児となった。とりわけ印象的なその光と闇の効果は、同時代および後世の画家たちに多大な影響を与え、まもなくレンブラントやラ・トゥールが登場する下地を用意した。

 美術の世界ではカラヴァッジョの登場により歴史が変わったといえるほど重要な存在であり、国外への貸出は非常に厳しいとされているが、日本でも目にする機会がほとんどない作品群が、名古屋市美術館で一堂に会する貴重な機会がやってきた。38歳で生涯を終えたカラヴァッジョの現存作品は数少なく、中でも《ゴリアテの首を持つダヴィデ》は、名古屋会場のみの展示となる。

 ルネサンス絵画を超え、天賦の才を示したカラヴァッジョだが、生来の激しい気性により周囲との争いや暴力沙汰は絶えず、ついには殺人を犯してしまう。しかし罪を逃れて流浪する晩年にも数々の傑作を生み出し、その芸術は高い極みに達した。本展では、栄光と狂乱に彩られる彼の激動の生涯にも注目する。

 カラヴァッジョの作品約10点(帰属作品を含む)と、

その追随者ら同時代の画家たちの作品約30点が、一時に見られる奇跡的な機会。日本で3度目、東海地方では18年ぶり、名古屋では初となるこのカラヴァッジョ展で、イタリアの巨匠の真の魅力と影響力の大きさを直に体感してほしい。

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ

《メドゥーサの盾(第一ヴァージョン)》

  1596-98年頃 個人蔵

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ

《法悦のマグダラのマリア》

   1606年 個人蔵

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ

《ゴリアテの首を持つダヴィデ》

   1606年 ローマ、ボルゲーゼ美術館蔵

  © Ministero per i beni e le attività culturali – Galleria Borghese

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ

《リュート弾き》

   1596-97年頃 個人蔵

カラヴァッジョ展

日本・オーストリア友好150周年記念

ハプスブルク展

600年にわたる帝国コレクションの歴史

2019年10月19[土 2020年1月26[日]

9時30分〜17時30(11/30を除く金土曜日は20時まで)

※入館は閉館の30分前まで

休館/月曜(ただし11/4[月・休1/13[月・祝は開館

   11/5[火12/28[土〜1/1[水・祝1/14[火]

国立西洋美術館

展覧会公式サイト  https://habsburg2019.jp

 13世紀末にオーストリアへ進出後、同地を拠点に勢力を拡大し、広大な帝国を築き上げたハプスブルク家。数世紀にわたってヨーロッパの中心に君臨し、また豊かな財とネットワークを用いて世界屈指の美術工芸品のコレクションを築き上げたことでも知られている。オーストリアと日本の国交樹立150周年を記念する本展は、ウィーン美術史美術館の協力のもと、オーストリアを拠点とし続けた同家本流による蒐集品から、絵画、版画、工芸品、タペストリー、武具など100点で紹介するもの。

 本展の冒頭は、同家コレクションの礎を築いた神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世ゆかりの絵画や武具。第1章では、一門の系譜を示す重要なツールであった肖像画や、「中世最後の騎士」と呼ばれた皇帝が着用した甲冑も見ることができる。続く2章では、同家内にとどまらず、欧州史上稀代のコレクター、ルドルフ2世のデューラー、ホルツィウスの作品や、精巧な細工が施された工芸品らが並ぶ。

 ハプスブルク家は16世紀半ば、オーストラリア系とスペイン系に分裂。両家間では互いの近況を知らせる手段として肖像画が利用された。3章では、ベラスケス晩年の傑作《青いドレスの王女マルガリータ・テレサ》(1659)に注目。また、同家の最も重要なコレクターのひとり、大公レオポルト・ヴィルヘルムの豊かな絵画コレクションで、コレクションの黄金時代をかいま見る。

 4章では、「国母」と慕われたマリア・テレジアや、その娘マリー・アントワネットなど、激動の時代を生きた同家の人々の肖像画を中心に見ていく。そして5章では帝国が敗戦により崩壊し、その栄華が終焉を迎えるまでを追い、ウィーン美術史美術館の立役者であるフランツ・ヨーゼフ1世とその妃エリザベトの肖像画やゆかりの品などを展示する。

 本展では、ハプスブルク家の人々のキャラクターの紹介も兼ねつつ、時代ごとに蒐集の特色やコレクションに向けられたまなざしを浮き彫りにしていく。質・量ともに世界屈指のきらびやかな作品の数々をまとめて見ることができる貴重な機会を堪能したい。

招待券プレゼント

読者アンケー「採り上げてほしい今後予定の展覧会を添えてWeb美庵編集(LDQ03330@nifty.comメールにてご応募ください抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします当選は発送をもって代えさせていただきます。

ベルンハルト・シュトリーゲルとその工房、 あるいは工房作

《ローマ王としてのマクシミリアン1世》

 1507/08年頃 油彩/板 ウィーン美術史美術館

 Kunsthistorisches Museum Wien

ディエゴ・ベラスケス《青いドレスの王女マルガリータ・テレサ》

 1659年 油彩/カンヴァス ウィーン美術史美術館

 Kunsthistorisches Museum Wien

マリー・ルイーズ・エリザベト・ヴィジェ=ルブラン

《フランス王妃マリー・アントワネットの肖像》

 1778年 油彩/カンヴァス ウィーン美術史美術館

 Kunsthistorisches Museum Wien

《ハート形の容器》

 中央アメリ(メキシコ?あるいはイン(グジャラート?

 16世(容 器/ イベリア半島1580年(台)  甲、銀 ウィーン美術史美術館

 Kunsthistorisches Museum Wien

《角(グリフィンの鉤爪

 北ドイツ?、15世紀初頭 角、鍍金された銀の台 ウィーン美術史美術館

 Kunsthistorisches Museum Wien

2019年9月10日 [火]ー12月15日[日] 9時30分〜17時30分(入室は閉室の30分前まで) ※金曜日、11月2日[土]は9時30分~20時(入室は閉室の30分前まで) 休室/月曜日、9/17[火]、9/24[火]、10/15[火]、11/5[火] ※ただし、9/16[月・祝]、9/23[月・祝]、10/14[月・祝]、 11/4[月・休]は開室

東京都美術館 企画展示室

招待券プレゼント

読者アンケー「採り上げてほしい今後予定の展覧会についてを添えてWeb美庵編集(LDQ03330@nifty.comメールにてご応募ください抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたしますなお当選は発送をもって代えさせていただきます。

特設WEBサイト https://courtauld.jp

 印象派とポスト印象派の殿堂として知られる、イギリス・ロンドンにあるコートールド美術館。実業家サミュエル・コートールドが収集したコレクションを核に1932年に設立された同館は、美術史や保存修復において世界有数の研究機関であるコートールド美術研究所の展示施設。めったに館外貸出をしないことでも知られる同館だが、昨年9月から改修工事に入ったことで、この稀有な日本での大規模なコレクション公開が実現した。

 本展は、その研究機関としての側面にも注目し、「画家の言葉から読み解く」「時代背景から読み解く」「素材・技法から読み解く」の3章で構成。それぞれの章には「収蔵家の眼」というセクションが設けられ、セザンヌ、ルノワール、ゴーガンの作品を集中的に紹介。会場には、これらの作品がコートールドの家に展示される様子を見せる巨大な写真や、注目作品の制作背景や技法を細かく説明するパネルが設置され、美術を勉強したことのないコートルードの「印象派は誰もが理解できるもの、誰もが親しむことのできる、もっとも民主的なムーブメント」という考え方を体現したかのような、印象派を身近に読み解くための工夫にあふれた展示構成になっている。

 みどころは、約20年ぶりに来日したマネ、最晩年の傑作《フォリー=ベルジェールのバー》。さまざまな解釈を呼び起こしてきた女性の表情と鏡像のずれ、画面左上にちらりと見える曲芸師の足、精緻に描かれたカウンターの静物など、マネはさまざまな要素を卓越した技術でひとつの画面に収めている。

 日本の風景のようだと語られたファン・ゴッホによるアルルの風景《花咲く桃の木々》、19世紀後半の近代都市パリの風俗を映すルノワールの《桟敷席》、科学調査が作品の秘密を解き明かしたゴーガンの《ネヴァーモア》やモディリアーニの《裸婦》、そして何と言ってもイギリス随一のセザンヌ・コレクションから、油彩画10点、日本初公開となるセザンヌの手紙が出品される。

 高い審美眼を持ったコレクターの収集品を中心に全60点の作品と24点の資料を前に、作品との豊かな対話を楽める贅沢な機会。印象派ファンならずともぜひ足を運びたい、質の高い展覧会と言えるだろう。

エドゥアール・マネ《フォリー=ベルジェールのバー》

1882年 油彩、カンヴァス 96×130cm コートールド美術館

© Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)

エドガー・ドガ《舞台上の二人の踊り子》

1874年 油彩、カンヴァス 61.5×46cm コートールド美術館

© Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)

ピエール=オーギュスト・ルノワール《桟敷席》

1874年 油彩、カンヴァス 80×63.5cm コートールド美術館

© Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)

コートール美術館展

魅惑の印象派

ポール・セザンヌ《カード遊びをする人々》

1892-96年頃 油彩、カンヴァス 60×73cm コートールド美術館

© Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)

おすすめ企画展一覧
会期 展覧会名 内容 会場

2019.11.9-1.13

タグチ・アートコレクション

実業家・田口弘氏と長女・美和氏の世界のコレクション

札幌芸術の森美術館(北海道)

2019.4.25-21.2.28

シャガール「アレコ」全4作品

フィラデルフィア美術館から第3幕借用で全4作品が揃う

青森県立美術館(青森)

2019.9.14-1.13

生きものと私が出会うとき

国内外で注目を集めるAKI INOMATAの日本の美術館初個展

十和田市現代美術館(秋田)

2019.11.30-1.26

師・黒田清輝  妻・鴇田とみ  藤田嗣治

近年発見された《榛名湖》など渡仏前の藤田を展示

秋田県立美術館(秋田)

2019.11.16-2.2

没後130年 平福穗庵展

円山四条派を基礎に京北海東京での知られざる画業

秋田県立近代美術館(秋田)

2019.8.21-12.20

中国と日本の陶磁器展

青磁や白磁伊万里や九谷など中国と日本の陶磁器を展観

本間美術館(山形)

2019.12.5-1.26

北斎づくし 漫画から富士まで

寄託コレクションより『冨嶽三十六景』『富嶽百景』など

山形美術館(山形)

2019.11.30-2.16

ジブリの大博覧会

ナウシカからマーニーまで、設立から約30年間の歩みを

岩手県立美術館(岩手)

2020.1.25-3.15

アイヌの美しき手仕事

柳宗悦と芹沢銈介の貴重なコレクションから

宮城県美術館(宮城)

2019.9.25-12.17

常設展は絵図がいっぱい!

仙台市博物館所蔵の絵図コレクションを一堂に公開

仙台市博物館(宮城)

2019.11.23-1.19

森田恒友展

『方寸』を創刊、『ホトトギス』の挿絵や漫画で活躍

福島県立美術館(福島)

2020.4.25-9.6

ダリとハルスマン

ダリとハルスマンのコラボレーションの軌跡を紹介

諸橋近代美術館(福島)

2019.12.14-3.1

タータン展  伝統と革新のデザイン

タータンの知られざる歴史や社会的文化的背景を紹介

新潟県立万代島美術館(新潟)

2020.1.25-3.22

1964年 東京―新潟

1964年に国内初の現代美術館を開館した新潟にちなむ諸相

新潟県立近代美術館(新潟)

2019.11.1-12.25

瀧口修造/加納光於

2人の共同制作作品や、両者が交わした書簡なども紹介

富山県美術館(富山)

2019.11.15-1.13

墨画×革命 戦後日本画の新たな地平

戦後の墨画的表現を概観様々なアプローチの画家を紹介

富山県水墨美術館(富山)

2019.10.12-2.9

リノ・タリアピエトラ

ヴェネツィア・ムラーノ島で育まれた現代ガラスの巨匠

富山市ガラス美術館(富山)

2019.11.22-12.22

加賀藩の美術工芸 Ⅱ

国宝《北山抄(巻第三)・《源氏物(花散里》ら

石川県立美術館(石川)

2019.9.13-12.9

田中本家のおしゃれ展

それぞれの時代を生きた田中本家の人々のファッション

豪商の館 田中本家博物館(長野)

2019.11.2-12.22

菊川京三の仕事

『國華』に綴られた日本美術史

栃木県立美術館(栃木)

2019.10.26-1.26

磯崎 新-水戸芸術館縁起-

水戸芸術館の設計コンセプトや経緯について資料を中心に

水戸芸術館(茨城)

2019.10.12-1.13

表現の生態系

「表現の森プロジェクトによる31組の作家とプロジェクト

アーツ前橋(群馬)

2019.12.10-1.26

コレクション展示

17世紀印象派から20世紀後半のアメリカ美術まで約100点

DIC川村記念美術館(千葉)

2019.11.2-12.28

【mé非常にはっきりと わからない

現代芸術活動チーム「目」による日常を捉え直す場

千葉市美術館(千葉)

2019.10.29-12.26

ハワイ:日本人移民の150年と…

移民、戦争、楽園、王国と先住民。複数の視座から辿る

国立歴史民俗博物館(千葉)

2019.11.14-1.19

ニューヨーク・アートシーン

滋賀県近美コレクションからロスコ、バスキア、草間ら

埼玉県立近代美術館(埼玉)

2019.12.7-1.26

坂田一男 捲土重来

1920年代パリで勇躍した前衛画家を岡﨑乾二郎が読み解く

東京ステーションギャラリ東京

2019.11.2-15

うるしのかたち展 2019

現教員元教員学生による藝大漆芸研究室の成果展

東京藝術大学大学美術館(東京)

2019.10.19-1.26

ハプスブルク展

ベラスケス《青いドレスの王女マルガリータ・テレサ》ら

国立西洋美術館(東京)

2019.11.6-2.9

人、神、自然-ザ・アール・サーニ

ザ・アール・サーニ・コレクションの名品が語る古代世界

東京国立博物館東洋館(東京)

2020.1.15-3.8

出雲と大和

日本書紀成立1300年を記念し幽と顕を象徴する両国の宝を

東京国立博物館平成館(東京)

2019.11.2-2.24

ミイラ

世界各地のミイラとその背景にある様々な文化

国立科学博物館(東京)

2019.9.10-12.15

コートールド美術館展

ロンドンの美術館から印象派・ポスト印象派の名品を紹介

東京都美術館(東京)

2019.11.19-1.19

大浮世絵展

国内外から歌麿、写楽、北斎、広重、国芳が夢の競演

江戸東京博物館(東京)

2019.11.19-1.19

小布施・北斎館名品展

北斎晩年の傑作 祭屋台天井絵「鳳凰」「男浪」が東京に

すみだ北斎美術館(東京)

2019.10.30-1.20

印象派からその先へー

吉野石膏コレクションからモネピサロシャガールら72点

三菱一号館美術館(東京)

2019.11.23-2.2

やきもの入門  ―色彩・文様・造形

日本の陶磁史を通覧、やきものに込められた美の変遷

出光美術館(東京)

2019.10.5-12.15

ラウル・デュフィ展

絵画とテキスタイル・デザインを軽やかに越境した生涯

パナソニック汐留美術館(東京)

2019.12.14-1.30

国宝 雪松図と明治天皇への献茶

「雪松図と令和改元にちなむ天皇や皇室ゆかりのお宝

三井記念美術館(東京)

2019.12.4-3.16

ブダペスト

ブダペスト国立西美&ハンガリー・ナショナル・ギャラリー展

国立新美術館(東京)

2019.10.14-12.20

美を結ぶ。美をひらく。

時代の枠組みに囚われずガラス、版画、琉球美術、陶磁器

サントリー美術館(東京)

2019.11.19-3.29

未来と芸術展

AI、ロボット、都市、生命を通して人の明日を考える

森美術館(東京)

2019.12.3-3.22

天空ノ鉄道物語

全国の鉄道系博物館でも通常は見られないレアな展示品

アーツセンターギャラリ(東京)

2019.11.16-2.16

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく

ものづくりの意味やデザインの社会における役割を考察

東京都現代美術館(東京)

2019.11.2-12.22

東山魁夷の青・奥田元宋の赤

栖鳳土牛ら約50点で色を通じ見えてくる画家たちの軌跡

山種美術館(東京)

2019.10.12-1.13

アジアのイメージ

1960年頃に表舞台からフェードアウトしたイメージの深化

東京都庭園美術館(東京)

2019.10.12-12.23

リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展

ルーベンス、ブリューゲル、クラーナハら美術品の宝石箱

Bunkamuraザ・ミュージア(東京)

2019.11.2-12.22

ラストウキヨ悳俊彦コレクション

最後の輝きを見せる近代浮世絵のコレクション約220点

太田記念美術館(東京)

2019.11.2-12.15

名物裂と古渡り更紗

歴史をへて伝えられる美しいデザインと繊細な手技の染織

静嘉堂美術館(東京)

2019.11.23-1.26

奈良原一高のスペイン―約束の旅

1960年代のシリーズ〈スペイン 偉大なる午後〉に着目

世田谷美術館(東京)

2020.1.18-2.2

めぐろの子どもたち展

幼稚園・こども園、小学校、中学校の図画工作や書写

目黒区美術館(東京)

2019.11.30-2.9

品川工展  組み合わせのフォルム

没後10年、親しみやすさに潜む鋭い実験精神の約70点

練馬区立美術館(東京)

2020.2.15-3.15

FACE展2020

年齢・所属を問わない新進作家の登竜門の公募展

損保ジャ日本興亜美術(東京)

2019.10.16-12.15

カミーユ・アンロ|蛇を踏む

膨大なリサーチを天地万有的な統合と創造へと昇華

Tokyo Opera City Art Gallery(東京)

2019.9.7-3.8

山本有三 翻訳ものの世界

雌伏期に手掛けた外国の翻訳から向日的作風の確立まで

三鷹市美術ギャラリー(東京)

2019.9.21-12.25

カイ・フランク

「フィンランド・デザインの良心」と呼ばれた作家の足跡

県立近代美術館 葉山(神奈川)

2019.9.21-1.13

ルノワールとパリに恋した12人の画家

横浜美術館開館30周年記念のオランジュリー美術館所蔵品

横浜美術館(神奈川)

2019.11.23-12.25

ミュシャ展〜運命の女たち〜

チマル・コレクションのみで構成される日本初の試み

そごう美術館(神奈川)

2019.10.5-3.29

DOKI土器!土偶に青銅器展

日中の古代のやきものや青銅器約80点にペルシア陶器

岡田美術館(神奈川)

2019.10.8-12.15

中澤弘光とその周辺

外光派洋画の第一人者である作者の力量をうかがう

静岡県立美術(静岡)

2019.11.15-1.19

バルセロナ展

ガウディピカソミロダリらの絵・家・宝飾品130点

静岡市美術館(静岡)

2019.12.12-1.19

ニッポンのえんぎもの

江戸時代の人々と一緒に浮世絵に描かれた縁起物を探しに

中山道広重美術館(岐阜)

2019.10.26-12.15

カラヴァッジョ展

宗教や神話に民衆や劇的で生々しい表現を持ち込んだ寵児

名古屋市美術館(愛知)

2019.11.23-2.24

岡﨑乾二郎 視覚のカイソウ

岡﨑自身の作品とその活動の全貌をご紹介する個展

豊田市美術館(愛知)

2019.11.16-1.31

良寛さん-その人と書

日本有数の良寛コレクター秘蔵の遺墨を中心に150件を公開

徳川美術館(愛知)

2019.10.5-12.15

ラファエル前派の軌跡展

ヴィクトリア朝美術に残した功績とラスキンの美学

あべのハルカス美術館(大阪)

2020.1.7-3.15

インポッシブル・アーキテクチャー

約40人の建築家・美術家の未だ見ぬ新たな建築の姿を展望

国立国際美術(大阪)

-2022.4

休館中

2022年4月にリニューアルオープンします

藤田美術(大阪)

2019.11.16-12.22

わたしたちの歴史を編む

刊行90周年を記念し、『堺市史』編纂事業に焦点を当てる

堺市博物館(大阪)

2019.12.7-1.13

おん祭と春日信仰の美術

中世〜近世に描かれたおん祭の祭礼図や春日大社縁の絵師

奈良国立博物(奈良)

2019.9.14-12.15

The 備前

伝統的な茶陶や細工物から新進気鋭の作品まで

MIHO MUSEUM(滋賀)

2020.4.11-5.31

西国三十三所の信仰と至宝

西国三十三所 草創1300年を記念した観音信仰の巡礼の魅力

京都国立博物(京都)

2019.1.4-2.16

イタリア現代陶芸 ニーノ・カルーソ

神話性、象徴性をテーマのひとつにした約90点で紹介

京都国立近代美術(京都)

2019.10.12-1.13

みんなのミュシャ

 

時代を超え愛されるグラフィック作品と影響を受けた250点

京都文化博物館(京都)

2019.10.26-12.22

没後200年 中村芳中

近年「かわいい」と人気の琳派の絵師を特集

細見美術館(京都)

2019.12.1-29

「針谷 祐之・絹代」展

山中漆器の蒔絵技巧を探求し続ける二人

京都清宗根付館(京都)

2019.10.1-1.13

開館記念 福美コレクション展

応挙、若冲、松園ら、幻のコレクションが勢揃い

福田美術館(京都)

2019.10.12-12.22

富野由悠季の世界

「機動戦士ガンダム」の直筆絵コンテなどから仕事を検証

兵庫県立美術館(兵庫)

2019.8.31-11.30

明治・大正・昭和の日本画

春草、龍子、靫彦、古径、関雪、紫峰、玉堂ら

足立美術館(島根)

2019.10.19-2.2

2019-Ⅱ コレクション・ハイライト+

後半は特集展示「ある心の風景Ⅱ―象徴と抽象」により構成

広島市現代美術館(広島)

2019.11.23-12.29

厳島に遊ぶ -描かれた魅惑の聖地-

江戸時代の絵画作例を通して人々の憧憬の聖地を観る

海の見える杜美術館(広島)

2019.11.23-12.22

《浮世絵》忠臣蔵

浄瑠璃『仮名手本忠臣蔵』の各場面、役者絵、見立絵

山口県立萩美術浦上記念(山口)

2019.10.1-1.5

三国志

曹操高陵の再現、赤壁の戦いをイメージした10万本の矢

九州国立博物館(福岡)

2019.12.2-3.17

アジア美術からみるLGBTQと多様性社会

 LGBTQ当事者の美術表現と多様性社会がテーマの作品

福岡アジア美術館(福岡)

2019.11.23-2.24

岡田三郎助と洋画家たちの人物画

人物画み見える意気込みや自己の内面に対する深い思索

佐賀県立美術館(佐賀)

2019.10.18-1.5

クリスチャン・ボルタンスキー

代名詞〈モニュメント〉シリーズから最新映像作品まで

長崎県美術館(長崎)

2019.12.6-2.4

コレクション展Ⅴ「旅する美術」

古今東西の旅を契機に生まれた作品の多様な魅力

大分県立美術館(大分)

2019.10.30-1.20

甲斐寿紀雄コレクション展

若手コレクターの作品を通して、その存在にスポット

熊本市現代美術館(熊本)

2019.12.6-2.13

賴 志盛(ライ・ヅーシャン)展

シンプルな素材と技法によるミニマルな作品の作家を招聘

霧島アートの森(鹿児島)