全国美術館企画展情報
アートニュースHEADLINE

Web美庵セレクション 全国美術館企画展情報

国際展情報

EXHIBITION IN MUSEUM

かけじくかくもこのみ
伊藤晴雨「画家生活内幕咄」

《バステト女神座像》

  前610~前595年頃

  © Staatliche Museen zu Berlin, Ägyptisches

  Museum und Papyrussammlung / M. Büsing

《タイレトカプの人型木棺(内棺)》

  前746~前525年頃

  © Staatliche Museen zu Berlin, Ägyptisches Museum und

  Papyrussammlung / S. Steiß

《セクメト女神座像》

  前1388~前1351年

  ©Staatliche Museen zu Berlin, Ägyptisches

  Museum und Papyrussammlung / J. Liepe

国立ベルリン・エジプト博物館所蔵

古代エジプト展

天地創造の神話

2020年11月21[土]ー2021年4月4[日]

9時30分ー17時30(入館は閉館の30分前まで)

休館/月曜(ただし2020/11/232021/1/4・11・18は開館)、11/24[火12/21[月~1/1[金・祝1/12[火]

東京都江戸東京博物館 1階特別展示室

展覧会公式サイト  https://egypt-ten2021.jp/

古代エジプト人の精神世界に迫る画期的展覧会

 ヨーロッパ最大級の規模と質を誇るベルリン博物館群。中でも世界有数のコレクションで知らる同館エジプト・コレクションか選りすぐった約130点の名品が来日。

 これまで日本で取り上げられてきたピラミッド、ツタンカーメン、クレオパトラを三大軸とするエジプト展とは一線を画し、古代エジプト神話に焦点を当てつつ、「天地創造と神々の世界」「ファラオと宇宙の秩序」「死後の審判」の3章構成で、古代エジプト人の精神世界や宗教、考え方に迫る展覧会。

 全長4メートルを超え《タレメチュエンバステトの「死者の書」装飾が美し《タイレトカプの人形木(外棺などを含め100点以上が日本初公開となる。

《パレメチュシグのミイラ・マスク》

  後50~後100年頃

  © Staatliche Museen zu Berlin, Ägyptisches Museum und

  Papyrussammlung / M. Büsing

《タバケトエンタアシュケトのカノポス容器》

  前841~前816年頃

  © Staatliche Museen zu Berlin, Ägyptisches Museum und Papyrussammlung / S. Steiß

《太陽の船に乗るスカラベを描いたパネヘシの

  ペクトラル(胸飾り)》

  前1186~前1070年頃

  © Staatliche Museen zu Berlin, Ägyptisches Museum und

  Papyrussammlung / S. Steiß

 頭がライオンの《セクメト女神座像》は、聖蛇ウラエウスのついた太陽円盤を戴き、玉座に座る。玉座正面には2列の碑文が刻まれ、この彫像を作らせたアメンヘテプ3世の名がある。

 ほかにも、神々の姿や、神々がつくった森羅万象を表す像に加え、人間社会のリーダーであり「善き神」であったファラオにまつわる出土品を紹介。人間社会のリーダーであるファラオはマアト(宇宙を支配する絶対的な秩序・摂理)を遵守、遂行する最高責任者であった。外敵である異

民族の侵入や内乱などの際には、ファラオ自身が強いリーダーシップを発揮することが求められた。

 会場では、人気俳優の荒牧慶彦扮する「アヌビス」(墓を守護する山犬の神)が案内役となったアニメーションで、展観者をご案内。古代エジプトの人々は死後どのようになると信じていたのかなど、数々の謎が解き明かされる。

 かつてない古代エジプト神話の世界をひもとく本展を堪能したい。

河鍋暁斎の底力

2020年11月28[土ー2021年 2月7[日]

 ※会期中、展示替えあり

10時〜18 ※金曜日は20:00まで開館、入館は閉館の30分前まで

休館/月曜(1/112/1は開館)、年末年(12/28~1/1)、1/12[火]

※ご来館前に日時指定のローソンチケットをご購入ください。

東京ステーションギャラリー

公式サイト http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/202011_kawanabe.html

《鳥獣戯画 猫又と狸 下絵》

  河鍋暁斎記念美術館蔵

《書画展覧余興之図》

  1881年頃 河鍋暁斎記念美術館蔵

 [展示期間:1/2~2/7]

圧倒的な下絵類に見る暁斎の本当の底力!!

 幕末から明治にかけて活躍し、現代でも世界的人気を誇る絵師・河鍋暁斎。歌川国芳に続き狩野派に学び、稀有な形態把握能力で独特の作風の日本画や浮世絵を描いた。

 その暁斎の、これまでとは一線を画した、「本画」(下絵を描き彩色を施した完成作品)を一切展示しない、素描、下絵、画稿、宴席などにおいて即興で描かれた「席画」、絵手本など、暁斎の生の筆づかいが感じられる作品ばかりで構成される展覧会。

 「本画」は完成度が高い一方で、筆勢が抑制された、いわばお行儀のいい作品。彩色などには時に弟子の手が入ることもある。また、暁斎には多くの版画作品があるが、つまりそれは暁斎の原画に、彫師と摺師が介在する。これに

対して、下絵や画稿類は100%暁斎の手になる。その卓越した筆力をまざまざと感じることができるのだ。

 本展は、あえて本画を展示せず、暁斎の描写と表現の力量のみを、存分に味わっていただこう、というチャレンジングな試み。暁斎の下絵や画稿は、本画にはない独自の魅力に満ちている。暁斎は一度その対象を把握してしまえば、実物を前にしなくとも、あらゆる方向から見た、どんなポーズの姿でも描くことができたという。下絵類には、この能力がいかんなく発揮され、数々の驚くべき群像表現を見ることができる。そして画面を埋め尽くすように描き込まれた無数の線描の迫力・筆の勢いも、見どころのひとつ。衣服の襞や髪の毛、顔や身体の皺など、本画では整理

《河竹黙阿弥作『漂流奇譚西洋劇』米国砂漠原野の場 下絵》

  1879年 河鍋暁斎記念美術館蔵

《女人群像 下絵》

  河鍋暁斎記念美術館蔵

されてしまう細部が、下絵では執拗に描かれる。それがかえって、本画では薄められてしまった迫力とダイナミックな動きを表現しており、尽きせぬ魅力となっているのだ。

 また「席画」とは、客を前にして即興で描かれる絵のこと。多くの客を集めた書画会で、客が注文する多種多様な画題を、下描きもなしにその場で完成させる席画は、絵師の実力を如実に表すものだ。暁斎も頻繁に書画会を行っていたようで、多くの席画が残されているが、その守備範囲の広さとクオリティの高さは、暁斎の絵師としての力がずば抜けていたことを示している。入念に下絵を作り、時間をかけて描かれる本画に比べると、即興的に短時間で描かれる席画は軽く見られがちだが、絵師の本当の力(=底力)は、案外席画の方に表れているのかもしれない。

 本展の目玉は《鳥獣戯画 猫又と狸 下絵の失われてい

たピースが発見され、公開されること。本作は、暁斎の画稿の中でも、二股の尻尾をもつ猫の妖怪を描いたユニークな画題やユーモアあふれる描写によってよく知られるものだ。新発見のピースは、《猫又と狸》の画面の上に続く部分で、木の梢からぶら下がる鼠たちが描かれている。

 河鍋暁斎記念美術館の充実した収蔵品から厳選された、ほぼ史上初!、100%暁斎の展覧会!! 暁斎ファンならずとも、見逃せない展覧会と言えるだろう。

招待券プレゼント

読者アンケート「2020年の展覧会ベスト3」を添えて、Web美庵編集部(honoji@asagi.waseda.jp)宛、お名前とご住所を添え、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。

尾⽵國観《⽂姫帰漢》 上/左隻   下/右隻

福⽥美術館 通期

福田美術館×嵯峨嵐山文華館

悲運の画家たち

2020年10月24[土ー2021年1月11[月・祝]

   前期:10月24[土ー11月30[月]

   後期:12月2[水ー2021年1月11[月・祝]

10時ー17時(最終入館 16時30分)

休館/火曜(11/3は開館11/4は休館

年末年始(12/29〜1/1)

※11/15[日11/21[土は嵯峨嵐山文華館が臨時休館。

福田美術館

展覧会公式サイ https://fukuda-art-museum.jp/exhibition/202008081194

嵯峨嵐山文華館

展覧会公式サイ http://www.samac.jp/exhibition/detail.php?id=13

様々な“悲運”に思いを馳せてみる

 病気や怪我貧困や家族を失った苦しみなど画家たちの⾝に起きた様々な“悲運”に焦点を当てその作品に秘められたドラマに迫る企画展開館1周年を迎える福⽥美術館と嵯峨嵐⼭⽂華館ともに京都・嵐山にある両館初の共同開催となる。

 まず目を奪われるのは、長らく行方不明となっていた尾竹國観の第10回(大正5年)文展出品作《文姫帰漢》。尾竹三兄弟(越堂、竹坡の弟)は初期文展を舞台に華々しい活躍を見せたが、岡倉天心・横山大観ら学校派勢力ににらまれ一度文展を追われる。家族との別れの場面を描いたこの作品は、巻き返しを期した時期の力作。

 このほかにも福田美術館では「逆境にも負けず」と題し、逆境に屈することなく絵筆をとり続けた近世・近代画家の作品を取り上げる。近代画家からは、市電にひかれて左⾜を失った速⽔御⾈、電⾞にはねられて命を落とした⽊島櫻⾕、最愛の⼥性を亡くした後も⽣涯制作に励んだ⽵久夢⼆など、未曾有の悲劇に⾒舞われた画家たちが、悲しい体験の前後に制作した迫真の⽇本画をご紹介。また、⾚⼦を由⽐ヶ浜に沈められた上村松園筆《静御前》、⼤⽕事から逃げ惑う⼈々を描いた⼩林清親筆《久松町の⼤⽕図》など、悲劇のドラマを描いた作品も同時に取り上げる。

 近世画家では、⽗親とともに流罪になった深江芦⾈、毒殺説がある長沢芦雪、流罪ののち切腹した渡辺崋⼭など、江⼾時代に不運な経験をした画家たちを紹介。画家の人生に思いを重ね、普段とは異なる視点から作品を鑑賞することができそうだ。

 福田美術館の展示作品数は85点、うち約30点が初出作品。東山魁夷《朝光》、鏑木清方《西鶴五人女おさん》、木村武山の屏風絵《鶴》や橋本雅邦《高士清遊》。さらにフランスの悲運の画家モーリス・ユトリロによる「ヴェシネのサント・ポーリーヌ教会」などは初お目見えとなる。

 第二会場の嵯峨嵐⼭⽂華館では第⼀会場同様⼈⽣の悲劇に⾒舞われた岸⽥劉⽣ら近代画家の作品に加えかつては⾼く

渡辺崋《于公⾼⾨図(重⽂)

福⽥美術館 後期

速⽔御⾈《露潤》

福⽥美術館 後期

上村松園《静御前》

福⽥美術館 前期

評価されていたにも関わらず、現在⼀般的にはあまり知られていないという悲運に⾒舞われた画家たちにフォーカス。岸駒や、五姓⽥芳柳、⼭元春挙など、個性溢れる画家の秀作を紹介する。

 秋深まり冬に向かう京都でふたつの美術館をめぐりつつ、逆境や忘却に負けなかった作品を堪能してみては。

⼩林清親《久松町の⼤⽕図》

福⽥美術館 通(初公開)

 今日まで1000年以上、伝統を受け継ぎ、今もなお世界中で注目を集め続ける話題に事欠かない英国王室。その王家転変を辿る中で、時代ごとに傑出した人物たちが現れ、英国王室の歴史を脈々と創ってきた。

上野の森美術館

展覧会公式サイト http://www.kingandqueen.jp

肖像画で読み解く英国王室の“物語”

2020年10月10[土]ー2021年1月11祝]

10時ー17(1/1金・を除く金曜日は20時まで

※最終入館は閉館の30分前まで

■会期中無休、日時指定制、当日券の販売有

KING&QUEEN展

ー名画で読み解く 英国王室物語ー

ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリー所蔵

​《エリザベス1世(アルマダの肖像画)》

  Queen Elizabeth I ('The Armada Portrait') by Unidentified artist (c.1588)

  ©National Portrait Gallery, London

《ヘンリー8世》

  King Henry VIII by Unidentified artist, after Hans

  Holbein the Younger, Probably 17th century(1536)

  ©National Portrait Gallery, London

《アン・ブーリン》

  Anne Boleyn by Unidentified artist, Late 16th

  century(c.1533-36)

  ©National Portrait Gallery, London

《チャールズ1世の5人の子どもたち》

  Five Children of King Charles I by Unidentified artist,

  after Sir Anthony van Dyck, 17th century(1637)

  ©National Portrait Gallery, London

《ジョージ4世》

  King George IV by Sir Thomas Lawrence

  (c.1814)

  ©National Portrait Gallery, London

《消化におびえる酒色にふけた人、

  ジョージ4 世》

  ‘A Voluptuary Under the Horrors of

  Digestion’, King George IV by James Gillray,

  published by Hannah Humphrey  (1792)

  ©National Portrait Gallery, London

 6人の妻をもち、絶対君主の名を欲しいままにしたヘンリー8世(テューダー朝2代目)、宗教的混乱のなかで奮闘し“ブラッディ・メアリー”の異名をとったメアリー1世、最強国スペインの無敵艦隊を撃退し国を第一に生涯未婚を通した“ヴァージン・クイーン”エリザベス1世、18歳から63年間治世したヨーロッパの祖母・ヴィクトリア女王、そして現在の王であるエリザベス2世、息子であるチャールズ皇太子、波乱の人生を送ったダイアナ妃、孫のウィリアム王子と現代の王室人気を支えるキャサリン妃、ヘンリー王子とメーガン妃……ロイヤルファミリー全員が、日々のニュースにも頻繁に登場するほどの人気ぶりだ。

 本展は、世界屈指の肖像専門美術館ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリー(1856年設立)より、テューダー朝から現在のウィンザー朝まで、5つの王朝の貴重な肖像画・肖像写真など、およそ90点で構成。

 幾度となく映像化や舞台化され、いつの時代も世界中を虜にする“英国王室の物語”を、ほぼすべてが日本初出品の作品群で一堂に知る、画期的かつ絶好の機会となる。

無料鑑賞券プレゼント

読者アンケー「期待する今後予定の展覧会を添えてWeb美庵編集部(honoji@asagi.waseda.jp)宛メールにてご応募ください抽選で5組10名様に無料鑑賞券をレゼントいたしまなお当選は発送をもって代えさせていただきます。

宮島達男《Counter Skin on Faces》

2019/2020年 Courtesy of Akio Nagasawa Gallery Photo by Siliang Ma

千葉市美術館拡張リニューアルオープ

・開館25周年記念

宮島達男 クロニクル

1995−2020

2020年9月19[土12月13[日]

10時ー18時 金・土は20時まで入場受付は閉館30分前まで

休室日/10/1510/1911/211/1612/7

宮島達男《Counter Voice in Chinese Ink》

2018/2020年 Courtesy of Akio Nagasawa Gallery Photo by Siliang Ma

※本展チケットで5階常設展示「千葉市美術館コレクション名品選2020」も観覧可。

世界の不確定性を映し出す25年のクロニクル

 千葉市美術館の拡張リニューアルオープンと開館25周年を記念た首都圏では12年ぶりとなる宮島達男の大規模個展。

 宮島達(1957年〜LED(発光ダイオードのデジタル・カウンターを使用した作品で高く評価され2度のヴェネチア・ビエンナーレへの参加をはじめ世界で活躍する現代美術作家1980年代よ「それは変化し続ける「それはあらゆるものと関係を結ぶ「それは永遠に続くという3つのコンセプトを掲げこれまで30ヵ国250ヶ所以上で作品を発表してきた作品のモチーフであるデジタル数字は命の輝き

をあらわし0が表示されず1から9の変化を永遠に繰り返すことで人間にとって普遍的な問題であ「生」と「死」の循環を、見る者に想像させる。

 「クロニクル(年代記」と題した本展では、千葉市美術館の開館記念展「Tranquility−静謐」(1996年)に出品された《地の天》などの活動初期の作品から、これまで海外でしか発表されていない日本初公開となる作品、近年構想している「不確定性」をテーマとした最新作まで、四半世紀にわたる宮島の多様な展開を紹介。また、同館が所蔵する河原温、菅井汲、杉本博司、中西夏之、李禹煥の作品とともに、自身の作品を使った本展のための特別な空間構成も

宮島達男《地の天》

 1996年 千葉市美術館蔵 Photo by Nobutada Omote

宮島達男《Innumerable Life/Buddha MMD-03(右は部分)

 2019年 Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE Photo by Nobutada Omote

試みている。さらには、映像作家の林勇気を招聘、宮島が世界各地で参加者との協働で展開してき「時の蘇生・柿の木プロジェクト」(1995年〜)を行ない、2021年3月には千葉県で初となる「柿の木」の植樹を予定している。

 LED作品、パフォーマンス映像、プロジェクトを軸とする作品のヴァリエーションは、四半世紀の複層的な展開を感じさせるとともに、世界の不確定性に作家が全身全霊をかけ、身体と感性を対峙させてきた事実が伝わるはずだ。

 2000年代に入り宮島「Art in You(アートインユー)」を提唱している「アートはあなたの中にあると訳され、誰もが創造性を生み出すことを信じてやまない独自の芸術

思想といえる。このメッセージは、自然災害や国際紛争などさまざまな困難に直面しても歩みを止めず努力してきた現代社会の人々に今こそ必要とされるものかもしれない生きることの意味そして平和と共生の意義を、他者との開かれた対話を通して問い続けてきた宮島の豊かな世界観は、未来への新たな視座を投げかけることだろう。

招待券プレゼント

読者アンケート「最も期待する今後予定の展覧会」を添えて、Web美庵編集部(honoji@asagi.waseda.jp)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。

おすすめ企画展一覧

※展覧会名をクリックすると公式サイトに会場をクリックすると美術館ホームページに飛びます。

※新型コロナウィルスによる休館・予約制情報につきましては、各公式サイトにてご確認ください。

会期 展覧会名 内容 会場

2020.12.19-21.2.14

札幌ミュージアム・アート・フェア

札幌中心のギャラリーが扱う北海道の作家の展示販売

札幌芸術の森美術館(北海道)

2019.4.25-21.2.28

シャガール「アレコ」全4作品

フィラデルフィア美術館から第3幕借用で全4作品が揃う

青森県立美術館(青森)

2020.9.18-21.1.10

「インター + プレイ」展 第2期

トマス・サラセーノを展示鈴木康広[meも引き続き

十和田市現代美術館(秋田)

2020.11.28-21.3.7

ARTS & ROUTES -あわいをたどる旅-

菅江真澄をテーマの中心に、秋田公立美大教員と招聘作家

秋田県立近代美術館(秋田)

2020.11.13-12.21

初公開 彫刻と版画展

舟越保武と佐藤忠良を中心に。I氏コレクション

本間美術館(山形)

2020.11.17-12.6

描く女性たち

桜井浜江を中心に、清原雪信、島成園、峰村リツ子ら

山形美術館(山形)

2020.11.14-12.27

東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展

東日本大震災復興祈念して障壁画全68面を一堂に展示

岩手県立美術館(岩手)

2020.11.12-21.1.12

奈良・中宮寺の国宝展

東北初公開の本尊《菩薩半跏思惟像》ほか寺宝の数々

宮城県美術館(宮城)

2020.10.6-12.20

「奥羽の戦国大名」ほか

伊達氏を中心に奥羽の戦国大名の動静に関する資料展示

仙台市博物館(宮城)

2021.4.24-6.27

Shock of Dalí ショック・オブ・ダリ

シュルレアリスムの奇才ダリが日本にもたらしたもの

諸橋近代美術館(福島)

2020.10.10-12.6

ルート・ブリュック 蝶の軌跡

フィンランドを代表する作家のなにものにも囚われない陶

新潟県立万代島美術館(新潟)

2021.3.20-6.6

Viva Video! 久保田成子展

ニューヨークで活躍したビデオアーティストの日本初個展

新潟県立近代美術館(新潟)

2020.11.28-21.1.24

富野由悠季の世界

ガンダム、イデオンなど半世紀以上にわたる仕事を回顧

富山県美術館(富山)

2020.11.13-12.27

墨は流すもの ―丸木位里の宇宙―

《原爆の図》だけでない没後25年、過去最大規模の回顧展

富山県水墨美術館(富山)

2020.12.12-21.3.14

インタラクション:響きあうこころ

偶然に出会う光景から感じた音や光の流れ

富山市ガラス美術館(富山)

2020.11.8-12.20

いしかわの工芸 文化の深み

日本芸術院会員・人間国宝ら総勢86名による展示作品93点

石川県立美術館(石川)

2020.9.12-12.3

茶々 はじめてのお茶

館蔵茶道具でお茶文化を紹介木米の茶碗や遠州の茶杓など

豪商の館 田中本家博物館(長野)

2020.10.31-12.20

竹の息吹き

人間国(勝城蒼鳳・藤沼昇と二代飯塚鳳齋・琅玕齋ら

栃木県立美術館(栃木)

2020.4.21-21.3.31

おうち・こらぼ・らぼ

アーティストと一緒に考えた工作キットやアクティビティ

水戸芸術館(茨城)

2020.10.22-21.3.21

場所の記憶   想起する力

美術家たち〈場所の現在や過去をそれぞれの感性で表現

アーツ前橋(群馬)

2020.10.10-12.13

大下藤次郎と水絵の系譜

明治中期以降に黄金期を迎えた水彩画の立役者

群馬県立館林美術館(群馬)

2020.12.1-21.1.11

コレクション展示

コレクションの中から100点ほどを展示

DIC川村記念美術館(千葉)

2020.9.19-12.13

宮島達男   クロニクル   1995-2020

時間と空間に深く関わる作品表現の本質に迫る

千葉市美術館(千葉)

2020.10.6-12.6

性差(ジェンダー)の日本史

性差の歴史的な意味とそれがどう変化してきたのかを問う

国立歴史民俗博物館(千葉)

2020.11.21-5.16

ホキ美術館ベストコレクション展

野田弘志、羽田裕、青木敏郎、五味文彦、原雅幸ら15人

ホキ美術館(千葉)

2020.11.14-21.1.11

上田 薫

写真を使って対象を精巧に描き出す画家の歩みを80点で

埼玉県立近代美術館(埼玉)

2020.11.18-21.1.24

芳年 激動の時代を生きた鬼才浮世絵師

世界屈指の西井正氣コレクションより250点以上の作品

さいたま市立うらわ美術(埼玉)

2020.11.28-21.2.7

河鍋暁斎の底力

本画を一切展示せず厳選した素描下絵画稿席画のみ

東京ステーションギャラリ東京

2020.11.19-29

籔内佐斗司退任記念展

文化財保存学保存修復彫刻研究室2004−2020の歩み

東京藝術大学大学美術館(東京)

2020.10.10-21.1.11

KING&QUEEN展

肖像画で読み解く、ドラマティックな英国王室の歴史

上野の森美術館(東京)

2020.10.19-21.春

休館中

館内施設整備のため全館を休館

国立西洋美術館(東京)

2020.12.24-2.21

日本のたてもの

古代〜近世の自然素材を活かす伝統の技と知恵

東京国立博物館表慶館(東京)

2020.9.8-21.2.28

日本の考古

考古遺物で石器時代から近代まで日本の歴史をたどる

東京国立博物館平成館(東京)

2020.12.8-21.1.1

日本のたてもの

近代の日本、様式と技術の多様化。自然素材を生かす

国立科学博物館(東京)

2020.11.18-21.1.7

上野アーティストプロジェクト<書>

書の公募団体で活動する作家を取り上げる

東京都美術館(東京)

2020.11.21-21.4.4

古代エジプト展 天地創造の神話

国立ベルリン・エジプト博物館所蔵品から神話にスポット

江戸東京博物館(東京)

2020.11.25-21.1.24

GIGAMANGA江戸戯画から近代漫画へ

北斎、国芳、暁斎に、明治以降の漫画雑誌や漫画本に注目

すみだ北斎美術館(東京)

2020.10.31-1.24

明治のたばこ王 村井吉兵衛

専売制前の国内最大手・村井兄弟商会の広告物や資料など

たばこと塩の博物館(東京)

2020.11.14-21.1.24

琳派と印象派

名品で見る大都市ならではの洗練された美意識の到達点

アーティゾン美術館(東京)

2020.10.24-21.1.17

1894Visions ルドン、ロートレック展

1984年というキーワードを軸に2人の画家の時代に焦点

三菱一号館美術館(東京)

2021.1.9-2.11

生誕270年   仙厓百選

「指月布袋画賛「○△□「堪忍柳画賛ら100点を展覧

出光美術館(東京)

2020.10.10-12.15

分離派建築会100年展建築は芸術か?

日本で最初の建築運動とされる分離派建築会に焦点

パナソニック汐留美術館(東京)

2020.11.21-21.1.27

国宝の名刀「日向正宗」と武将の美

キャラクター化され人気「日向正宗ら国宝2点重文7点

三井記念美術館(東京)

2021.1.30-3.7

DOMANI・明日展 2021

東日本大震災からコロナ禍で生まれた余白を考える

国立新美術館(東京)

2020.12.16-21.2.28

美を結ぶ。美をひらく。

国・時代・素材を越えて結び、ひらいた6つの美の物語

サントリー美術館(東京)

2020.7.31-21.1.3

STARS展:現代美術のスターたち

草間彌生李禹煥宮島達男村上 隆奈良美智杉本博司

森美術館(東京)

2020.10.30-21.1.11

ミッキーマウス展

NYで盛況だった内容に日本の5人のアーティストを加える

アーツセンターギャラリ(東京)

2020.11.14-21.2.14

石岡瑛子

多岐に渡る分野で世界で活躍した作家の初大規模回顧展

東京都現代美術館(東京)

2020.11.21-21.1.24

東山魁夷と四季の日本画

四季の伝統的な主題表現や、折々の表情を捉えた風景表現

山種美術館(東京)

2020.10.27-21.1.12

生命の庭

8人の現代作家による人間と自然との関係性を問い直す試み

東京都庭園美術館(東京)

2020.11.21-21.1.24

ベルナール・ビュッフェ回顧展

戦後フランスで一世を風靡した大画家の重厚な具象画世界

Bunkamuraザ・ミュージア(東京)

2020.12.5-21.1.31

舟越 桂 私の中にある泉

作家自身の内なる源泉の姿そのものを探る

渋谷区立松濤美術(東京)

2020.11.14-12.13

ニッポンの浮世絵

富士山桜からグルメお相撲さんまで「日本のイメージ」

太田記念美術館(東京)

2020.11.21-21.1.31

新・明智光秀論

歴史好き必見!豊富な史料から光秀の実像に迫る

永青文庫(東京)

2020.10.13-12.6

能をめぐる美の世界

新発田藩主溝口家旧蔵能面コレクションを初公開

静嘉堂美術館(東京)

2020.8.29-12.6

吹田文明と版画集『東京百景』

100名の作家で収めた版画集と企画者・吹田文明の展覧会

世田谷美術館(東京)

2021.1.16-1.31

画材と素材の引き出し博物館

画材や素材の、モノとしての成り立ちや特徴を知る

目黒区美術館(東京)

2020.10.11-12.6

式場隆三郎 腦室反射鏡

医業の傍ら民藝運動、ゴッホ論、精神病理学入門に健筆

練馬区立美術館(東京)

2021.2.13-3.7

FACE展  2021

第9回目となる現代絵画のコンクール展

SOMPO美術(東京)

2020.10.10-12.20

生誕100年 石元泰博写真展 伝統と近代

生涯の仕事をひとつの多面体として今日的な視点から検証

Tokyo Opera City Art Gallery(東京)

2020.21.5-21.2.28

三鷹市美術ギャラリー収蔵作品展Ⅰ 靉嘔

世界規模の前衛芸術集団FLUXUSに参加した虹の現代作家

三鷹市美術ギャラリー(東京)

2020.10.24-12.20

小林清親 光と影

代表的な光線画から風刺画、歴史・美人画など多岐な画業

川崎浮世絵ギャラリー(神奈川)

2019.9.21-12.25

カイ・フランク

「フィンランド・デザインの良心」と呼ばれた作家の足跡

県立近代美術館 葉山(神奈川)

2020.11.14-21.2.8

トライアローグ

横浜美術館、愛知県美術館、富山県美術館のコレクション

横浜美術館(神奈川)

2020.10.24-12.6

超絶技巧を超えて 吉村芳生展

57歳で突如現代アート・シーンの寵児となった画家の全貌

そごう美術館(神奈川)

2020.10.4-21.3.28

没後220年 画遊人・若冲

若冲の所蔵作品全7件を一堂に光琳・応挙・蕭白とともに

岡田美術館(神奈川)

2020.11.14-21.4.4

Connections―海を越える憧れ…

日仏の芸術が織りなした「美の往還」を検証する試み

ポーラ美術館(神奈川)

2020.11.21-21.1.11

パラレル・ヒストリーズ

現代アートをいくつもの潮流のより合いとして捉える

静岡県立美術(静岡)

2020.12.19-21.3.31

古代エジプト展

最新技術で解き明かすミイラの秘密

静岡市美術館(静岡)

2020.10.8-12.6

歌麿とその時代

清長、写楽、春章ら、色鮮やかな肉筆画も含め

中山道広重美術館(岐阜)

2020.10.10-12.6

模様を着る

貴重な松坂屋コレクションに見るテキスタルデザイン集

名古屋市美術館(愛知)

2020.10.17-12.13

VISION|DISTANCE  いま見える景色

すべての展示室を使って本館コレクションの魅力を再発見

豊田市美術館(愛知)

2020.11.8-12.13

読み継がれた源氏物語

「紫式部日記絵巻と三の丸尚蔵館や個人蔵の名品

徳川美術館(愛知)

2020.11.21-21.1.17

三沢厚彦

等身大で存在感豊かに表現された人気木彫家の動物たち

あべのハルカス美術館(大阪)

2020.11.3-21.1.31

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展

史上初の全61作品に及ぶ大規模所蔵品展。フェルメールら

国立国際美術(大阪)

-2022.4

休館中

2022年4月にリニューアルオープン

藤田美術(大阪)

2020.12.1-3.12

臨時休館中

リニューアル工事に伴う臨時休館

堺市博物館(大阪)

2020.12.8-1.17

おん祭と春日信仰の美術

平安から続く春日若宮の「おん祭」の時期に関連する資料

奈良国立博物(奈良)

2020.10.17-12.13

ブラチスラバ世界絵本原画展

第27回(BIB2019らスロバキアとチェコの作家を中心に

奈良国立博物(奈良)

2020.未定

MIHO MUSEUMコレクションの形成

30件以上の初公開作品を含めた桃山〜江戸絵画

MIHO MUSEUM(滋賀)

2020.12.19-21.1.31

文化財修理の最先端

近年の修復成果の中でも新発見含む注目作例を厳選展示

京都国立博物(京都)

2020.10.13-12.6

人間国宝 森口邦彦

友禅/デザイン―交差する自由への眼差しで生まれる創作

京都国立近代美術(京都)

2021.2.16-3.28

木梨憲武展 Timingー瞬間の光りー

 

会場ごとに雰囲気の違う木梨憲武流の美術展

京都文化博物館(京都)

2020.9.12-12.20

細見コレクション展

細見美術館が誇る館蔵品展

細見美術館(京都)

2020.10.24-21.1.11

悲運の画家たち

行方不明だった尾竹国《文姫帰漢ら30点が初出の86点

福田美術館(京都)

2020.12.5-21.2.7

今こそGUTAI

「人の真似をするな」を合言葉に制作を続けた国際的集団

兵庫県立美術館(兵庫)

2020.12.1-21.2.28

愛の日本画

男女の愛情、家族愛、友愛、動物への愛など

足立美術館(島根)

2020.10.24-12.20

第68回:ヴィクトル・ブリム

ケルン北部の港湾施設で撮影された《モノスケープ》

広島市現代美術館(広島)

2020.10.31-12.27

近代京都画壇の開拓者   幸野楳嶺

来章栖鳳友・米僊の作品私塾の粉本画譜

海の見える杜美術館(広島)

2020.9.12-12.20

三輪龍氣生展

「エロ(愛」と「タナト(死を主題にした陶世界

山口県立萩美術浦上記念(山口)

2020.7.28-12.20

奈良大発掘

「しきしまの大和」と万葉集に詠まれた奈良の足跡

九州国立博物館(福岡)

2020.9.24-12.25

あじびレジデンスの部屋 第3期

アジア美術館の向かいの川端通商店街で生まれた作品

福岡アジア美術館(福岡)

2020.9.5-12.6

OKADA-ROOM Vol.18

岡田三郎助と日本佐賀県の洋画の発展に寄与した画家

佐賀県立美術館(佐賀)

2020.10.3-21.1.3

長崎 美術 往来!

長崎を舞台に往き交う美術のエネルギッシュで多彩な煌めき

長崎県美術館(長崎)

2020.12.4-21.2.2

ライフ・イズ・ビューティフル!

家族や友人などを題材としたり、人と人との交流

大分県立美術館(大分)

2020.11.14-21.1.11

ムーミン 展

世界唯一のムーミン美術館と作者ヤンソンのコレクション

熊本市現代美術館(熊本)

2020.11.19-21.2.14

冬のコレクション展

長沢英俊《李白の家》(1982)ほか

霧島アートの森(鹿児島)