全国美術館企画展情報
アートニュースHEADLINE

Web美庵セレクション 全国美術館企画展情報

国際展情報

EXHIBITION IN MUSEUM

かけじくかくもこのみ
伊藤晴雨「画家生活内幕咄」

《重要文化財 振袖 紅紋縮緬地束熨斗模様》

  江戸時代・18世紀、前期展示、京都・友禅史会蔵

特別展

きもの KIMONO

6月30[火]ー8月23[日] ※会期延長

   前期:2020年6月30[火]ー 7月26[日]

   後期:2020年7月28[火]ー 8月23[日

   ※上記の日程で展示替えを行います。

   詳しくは展覧会公式サイトをご覧ください。

9時30分ー18時

※総合文化展は午後5時まで。夜間開館は実施いたしません。

休館/月曜日8/11[火]※ただし8/10月・は開館

東京国立博物館 平成館 展覧会公式サイト https://kimonoten2020.exhibit.jp

800年を通覧する未曾有のきもの

 日本の美意識を色と模様に表した「きもの」。その原型である小袖(こそで)は、室町時代後期より、染や刺繡、金銀の摺箔(すりはく)などで模様を表わし、表着(おもてぎ)として花開いた。美しく彩られたきものが着用され始めた江戸時代、町を行き交う人々がファッショニスタだった。明治・大正時代には、型友禅や銘仙など近代的な技術を駆使したきものが流行。戦後、きものはモードの一戦を離れ、現代アートを思考するデザインが登場した。きものは、現代に至るまで多様に展開しながら成長し続ける日本独自の美の世界を体現している。

 会場では、鎌倉時代の女性が着用した、現存する最古の宮廷衣装である《表着 白地小葵鳳凰模様二陪織物》に始まり、

《陣羽織 黒鳥毛揚羽蝶模様 織田信長所用》

  安土桃山時代・16世紀、通期展示、東京国立博物館蔵

《重要文化財 振袖 白縮緬地衝立梅樹鷹模様》

  江戸時代・18世紀、通期展示、東京国立博物館蔵

戦国時代、天下統一を目指した3武将、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が着用したと伝えられる衣装、秀吉の正室だったおね(高台院)、側室の淀殿ゆかりの衣装や肖像画、天璋院篤姫や和宮の衣装などを展示。数寄な運命を辿った歴史上の人物の性格も垣間見えることだろう。

 また、尾形光琳直筆の小袖に加え、《観楓図屏風》《婦女遊楽図屏風(松浦屏風)》など、きものが描かれた国宝の絵画作品、さらに岡本太郎や久保田一竹、YOSHIKIら現代デザイナーによるきものなど約300件の作品を一堂に展示する。

 鎌倉時代から現代まで、800年以上を生き抜き、今なお新たなファッション・シーンを繰り広げる「きもの」を、現代を生きる日本文化の象徴として総覧し、壮大な歴史絵巻を繰り広げる。質・量ともに世界最大のきものコレクションを有する東京国立博物館で開催する、かつてない規模のきもの展だ。

※事前予約制(日時指定券)の導入……混雑緩和のため、本展では事前予約制(日時指定券)を導入します。入場にあたって、すべてのお客様はオンラインでの日時指定券の予約が必要です。詳細は展覧会公式サイトをご確認ください。

《国宝 婦女遊楽図屛風(松浦屛風)》

  江戸時代・17世紀、6月30日(火)~7月5日(日)展示、奈良・大和文華館蔵

公式サイト http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
2018年5月19日[土]- 7月1日[日] 10時〜18時 ※金曜日は20:00まで開館 ※入館は閉館の30分前まで 休館/月曜日(ただし6月25日をのぞく) 『婦人グラフ』第3巻第5号表紙 大正15(1926)年 千代田区教育委員会蔵 《大椿》 大正3-5(1914-16)年 千代田区教育委員会蔵

《ガストホーフ・ツァ・ムルデンタールシュペレ》

  2000-02年、油彩・キャンバス、196×296cm、シカゴ美術館

  ©Peter Doig. The Art Institute of Chicago, Gift of Nancy Lauter McDougal and Alfred L. McDougal, 2003. 433. All rights reserved, DACS & JASPAR 2020 C3120

ピーター・ドイグ展

2020年2月26[水]ー10月11[日]  ※会期延長

10時ー17時

*入館は閉館の 30 分前まで

休館/月曜(8/109/21は開館)、8/11[火9/23[水]

※臨時休館期間:2月29日~6月11日

東京国立近代美術館  1F 企画展ギャラリー

展覧会特設サイト https://peterdoig-2020.jp

※新型コロナウイルス感染症予防対策のため、入館には事前に日時指定チケットの購入が必要となります。

日本初個展。想像力や記憶を刺激する絵画!

 イギリスの画家・ピーター・ドイグ(1959〜)は、ロマンティックかつミステリアスな風景を描くことで知られる画家。テート(ロンドン)、パリ市立近代美術館、スコットランド国立美術館(エジンバラ)、バイエラー財団(バーゼル)、分離派会館(ウィーン)など、世界的に有名な美術館で個展を開催。同世代、後続世代のアーティストに多大な影響を与えており、過去の巨匠になぞらえて、しばしば「画家の中の画家」と評される。本展にも出品されている代表作《のまれる》は、2015年のクリスティーズで、約2600万USドル(当時約30億円)で落札された。

 彼はゴーギャンゴッホマティスムンクといった近代画家の作品の構図やモチーフ映画のワンシーンや広告グラフィック自らが暮らしたカナダやトリニダートバゴの風景など多様なイメージを組み合わせて絵画を制作してきた。

 私たちが彼の作品に不思議と魅せられるのは、どこかで見たことのあるようなイメージを用いながらも、全く見たことのない世界を見せてくれるからと言えるだろう。

 会場には、日本のニセコのスキー場を描いた幅3メートルを超える巨大な絵画《スキージャケット》(1994)や、小津安二郎の映画『東京物語』の「計算された静けさ」を念頭に置いて描いたという作品《ラペイルーズの壁》(2004)、映画『13日の金曜日』のワンシーンを着想源のひとつとする「カヌー」がモチーフの絵画など、約70点の貴重な作品が集結。

 またドイグは、トリニダード・トバゴ出身の友人のアーティスト、チェ・ラブレスと、2003年より映画の上映会「スタジオフィルムクラブ」を定期的に開催している。誰でも無料で参加でき、上映後に作品について話し合ったり、音楽ライブへと展開するコミュニティプロジェクトだ会場では

《のまれる》

  1990年油彩・キャンバス197×241cmヤゲオ財団コレクション台湾

  ©Peter Doig. Yageo Foundation Collection, Taiwan. All rights reserved, DACS

  & JASPAR 2020 C3120

《ポート・オブ・スペインの雨(ホワイトオーク)》

  2015年、水性塗料・麻、301×352cm、作家蔵

  ©Peter Doig. Collection of the Artist. All rights reserved, DACS & JASPAR

  2020 C3120

隣住人に上映会を周知するために掲出されたポスターのドローイングも展示。

 本展は、ドイグの初期作から最新作までを紹介する待望の日本初個展。絵画から広がる想像の旅へ。世界を魅了するドイグ芸術の真髄に迫る待望の展覧会と言えるだろう。

《スキージャケット》

  1994年、油彩・キャンバス、295×351 cm、テート

  ©Peter Doig. Tate. Purchased with assistance from Evelyn, Lady Downshire's

  Trust Fund 1995. All rights reserved, DACS & JASPAR 2020 C3120

《ラペイルーズの壁》

  2004年、油彩・キャンバス、200×250.5cm、ニューヨーク近代美術館

  ©Peter Doig. Museum of Modern Art, New York. Gift of Anna Marie and Robert F. Shapiro

  in honor of Kynaston McShine, 2004. All rights reserved, DACS & JASPAR 2020 C3120

日本館展示風景

(撮影:ArchiBIMing/ 写真提供:国際交流基金)(参考図版)

第 58 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展

日本館展示帰国展

Cosmo- Eggs|宇宙の卵

2020年6月23[火]ー10月25[日]  ※会期変更

10時ー18時

*入館は閉館の 30 分前まで

休館月曜(8/109/21は開館8/11[火9/23[火]

アーティゾン美術館  5階展示室

公式サイト https://www.artizon.museum

ヴェネチア/ビエンナーレの熱気を日本で再現

日本館展示風景

(撮影:ArchiBIMing/ 写真提供:国際交流基金)

 ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展は、2年に一度開催される現代美術の国際展。その第58回(2019年)の日本代表として日本館で展示された「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」の帰国展が、待望の開催。同展は、1895年から120年以上の歴史を重ね、今なお大きな影響力を持ち続けている。日本館は主要各国のパビリオンがひしめくジャルディーニ(公園)の中に位置するが、これは石橋財団の創設者である石橋正二郎が建設寄贈し、1956年に開館したもの。そうした歴史的関連から、今回の帰国展につながった。

 《Cosmo-Eggs|宇宙の卵》は、大津波によって海中から地上に運ばれてきた巨「津波石を起点に地球の尺度と人の存在や行為を問う企画キュレーターの服部浩之を中心に下道基(美術家)、安野太(作曲家)、石倉敏(人類学者)、能作文(建築家異なる専門分野のアーティストが協働人間同士や人間と非人間「共存「共生をテーマに構成される。

 本展ではヴェネチアでの展示を元にアーティゾン美術館の展示室にあわせて再構成像・楽・葉・空間の4要素が共存するインスタレーションにドキュメントやアーカイブなど新たな要素を加えて紹介する。

 3.11から新型コロナウィルス感染症に至るまでの、ほぼ10年間の中で、自然災害の痛々しい記憶は積み重なるばかりだが、展観者は「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」を介して、これまでの自然と人為との関わり方、あるいは変容を、改めて認識することとなるだろう。

※アーティゾン美術館は日時指定予約制です。当日チケットの販売もしておりますが、ご来場前に「ウェブ予約チケット」をご購入いただくことをお願いしております。

※企画展開催中のウェブ予約チケットと当日チケッ(窓口販売ではチケットの料金が異なりますので展覧会のページにて入館料をご確認ください。

下道基行《Tsunami Boulder》より

2015 年

キュレーター・アーティスト近影

左より:下道基行、能作文徳、 服部浩之、石倉敏明、安野太郎  撮影:高橋希

《皮トンビ》

  瀬戸内国際芸術祭2019 展示風景

ジャム・セッション

石橋財団コレクション×鴻池朋子

鴻池朋子 ちゅうがえり

2020年6月23[火ー10月25[日]  ※会期変更

10時ー18時

*入館は閉館の 30 分前まで

休館月曜(8/109/21は開館8/11[火9/23[火]

アーティゾン美術館  6階展示室

公式サイト https://www.artizon.museum

五感を通じて視点を軽やかに「ちゅうがえり」

《ツキノワ 川を登る》

  映像 2018 年(参考図版)

 アーティゾン美術館は、⽯橋財団コレクションと現代美術家の共演企画「ジャム・セッション」展を、年に1回の予定で開催。シリーズ第1回は、絵画や彫刻、インスタレーションを通して、狩猟採集という人間の文化の“原型”を再考してきたアーティスト・鴻池朋子(1960年、秋田県生まれ)を迎える。

 鴻池は人間は変容を繰り返す一つの生物であると捉え近代がつくりだした美術館や博物館とい「型」や「分類を丁寧に再考し、現在の私たちに沿ったものへと組み直すことを試みているその活動は従来の作家中心

の視点とは大きく異なり、旅の途中で出会う人々の言葉や手を借り、ときには太陽や台風、植物や昆虫やバクテリアなど、様々な地球の手立てを借りて生きてゆくための制作を行っている。

 本展は、展示室全体に行きわたる、円形の大襖絵を中心とした新作インスタレーションを中心に展開。「瀬戸内国際芸術祭2019」で発表されたのち約1年間山に設置され経年変化した幅12m高さ4mの作《皮トンビのそばには⽯橋財団コレクションのギュスターヴ・クール《雪の中を駆ける鹿》アルフレッド・シスレーの《森へ行く

《Dream Hunting Grounds》

  「ハンターギャザラー」展示風景 2018 年 秋田県立近代美術館

《Dream Hunting Grounds》

  「ハンターギャザラー」展示風景 2018 年 秋田県立近代美術館

女たち》などが対話をするように設置され、周辺には森羅万象を紙でかたどった影絵燈籠、作家の声によるオオカミや風や雪女などの人間以外の生き物の音が響きわたる。

 そして各展示室の間には、熊や狼の毛皮、木、ビニール、陶物、毛糸などの素材がぶら下がる〝森の小径〟が出現。それらをくぐり移動することで、視覚以外にも触覚や嗅覚、聴覚など身体全体で原初的な感覚が呼び覚まされる。鴻池が「みる誕生」と名づける、視点の“ちゅうがえり”を味わえるだろう。

 「人間は一匹の動物として一人一人全部違う感覚で世界をとらえ、各々の環世界を通して世界を眺めている。それらは一つとして同じものがない。同じ言葉もない。同じ光

もない。芸術がそのことに腹をくくって誠実に取り組めば、小さな一匹にとって世界は官能に満ち、やがて新たな生態系が動きだす。イリュージョンを言語にすり替えず、日々出会うものたちをしっかりと手探りし、遊び、粛々と自分の仕事をしていこう」(鴻池)。

 五感を通じた鑑賞体験から、未知なる鑑賞の驚きや豊かさがもたらされる展覧会に、期待が高まる。

※アーティゾン美術館は日時指定予約制です。当日チケットの販売もしておりますが、ご来場前に「ウェブ予約チケット」をご購入いただくことをお願いしております。

※企画展開催中のウェブ予約チケットと当日チケット(窓口販売)では、チケットの料金が異なりますので、展覧会のページにて入館料をご確認ください。

オラファー・エリアソン

ときに川は橋となる

2020年6月9[火9月27[日]

10時〜18時 ※展示室入場は閉館の30分前まで

休館/月曜(8/109/21は開館)、8/11[火9/23[水]

東京都現代美術館

公式サイト  http://www.mot-art-museum.jp

 アートを介したサステナブルな世界の実現に向けた試みで、国際的に高い人気と評価を得ているオラファー・エリアソン(1967年生まれ)の、日本では10年ぶりとなる大規模な個展。

 展覧会タイトルの意味は、「見方を変え、知覚を変えることで、見えなかったことが見えてくる」ことと、オラファーは語る。本展は、「エコロジーへの気づきとサステナビリティの実践への提案」をテーマにし、再生可能エネルギーへの関心と気候変動への働きかけを軸に、国内初公開を含む作品の数々で構成。自然現象を再構成したインスタレーション、光と幾何学に対する長年の関心が反映された彫刻、写真のシリーズ、ドローイングと水彩画、公共空間への介入をめぐる作品などが展示される。

 見どころは、本展のための新作インスタレーションで、アトリウムの吹き抜け空間に設置された円形のスクリーンに揺らぐ月のようなイメージが映し出される《ときに川は橋となる》や、霧状の水に投影した光がつくる虹を見る人の体験の共有とズレを同時に想起させる初期の代表作《ビューティー》(1993)。

 社会的な課題に取り組んだサステナブルな試み《サンライト・グラフィティ》(2012)にも注目したい。電力にアクセスできない地域に住む人々に届けられる携帯式ソーラーライト「リトルサン」に蓄えられた太陽の光を使い、会場では誰もが自由に光跡のドローイングができる。こうしたアイディアの数々や、ソーラーエネルギーの利用から作品の輸送における二酸化炭素排出量の削減など、展覧会の様々な側面で環境に配慮した。

 会場では、他分野の専門家が集まったオラファーのスタジオ《サステナビリティの研究室》による、CO2を出さない方法で再利用したガラス素材や、生分解性の新素材、余った野

菜くずで作った顔料など、リサイクルの技術に関する近年のリサーチの一部が紹介される。

 また、オラファーが幼少期に多くの時間を過ごしたアイスランドの氷河の後退を撮影した《溶ける氷河のシリーズ 1999/2019》(2019)では、時間差20年の同場所の比較対象写真計60枚で、気候変動へ働きかける試みに触れる。

 そうした気候変動など私たちの未来に大きく関わるであろう問題とアートがどう絡んでいくのか。オラファーにとっても、見る人にとっても、小さな気づき体験から始まる新たな行動の出発点となる可能性を秘めた展覧会となりそうだ。

オラファー・エリアソン《ときに川は橋となる》  2020年

「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」展示風景(東京都現代美術館、2020年) 撮影:福永一夫

Courtesy of the artist; neugerriemschneider, Berlin; Tanya Bonakdar Gallery, New York / Los Angeles © 2020 Olafur Eliasson

オラファー・エリアソン《太陽の中心への探査》2017年

「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」展示風景(東京都現代美術館、2020年) 撮影:福永一夫

Courtesy of the artist and PKM Gallery, Seoul © 2017 Olafur Eliasson

オラファー・エリアソン《あなたに今起きていること、起きたこと、これから起きること》2020年

「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」展示風景(東京都現代美術館、2020年) 撮影:福永一夫

Courtesy of the artist; neugerriemschneider, Berlin; Tanya Bonakdar Gallery, New York / Los Angeles © 2020 Olafur Eliasson

オラファー・エリアソン《ビューティー》1993年

「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」展示風景(東京都現代美術館、2020年) 撮影:福永一夫

Courtesy of the artist; neugerriemschneider, Berlin; Tanya Bonakdar Gallery, New York / Los Angeles © 1993 Olafur Eliasson

オラファー・エリアソン《溶ける氷河のシリーズ 1999/2019》2019年

「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」展示風景(東京都現代美術館、2020年) 撮影:福永一夫

Courtesy of the artist; neugerriemschneider, Berlin; Tanya Bonakdar Gallery, New York / Los Angeles © 2019 Olafur Eliasson

小さな気づき体験から始まる新たな行動の出発点

《パール、エナメル、サファイア&ダイヤモンドネックレス》

 カルロ・ジュリアーノ

 1880年頃 イギリス 穐葉アンティークジュウリー美術館

《パール&ホワイトエナメルペンダン「ライオン

 1600年頃 スペインか ミキモト真珠島 真珠博物館

真珠海からの贈りもの

2020年6月2[火]ー9月22[火・祝]

10時ー18時(入館は17時30分まで)

※7月以降の金曜日は20時閉(入館は19時30分まで予定

休館/月曜(ただし8/109/21は開館8/11[火]

渋谷区立松濤美術館

展覧会公式サイト  https://shoto-museum.jp/exhibitions/188pearls/

《シードパールティアラ》

 19世紀初期 イギリス 穐葉アンティークジュウリー美術館

“無二の宝石”をめぐる世界の価値観を知る

 世界最古の宝石、真珠。殻を持つ軟体動物である貝の体内から取り出される真珠は、神秘的な美しい輝きを放ち、古来より人々を魅了してきた。真珠があしらわれた宝飾品は、富や権力の象徴でもあり、王侯貴族はこぞってそれらを身につけた。

 本展では古代から近代に至るまでイギリスをはじめとするヨーロッ各国で製作された真珠の装飾品を展示。

帝政ローマ時代の首飾りや、パルティア朝の耳飾り、コロンブスのアメリカ大陸発見による真珠の大量の入手からヨーロッパ大陸の富と権力の象徴となった黄金期の装身具、シードパールと呼ばれる微細な真珠を土台を使わずテグスなどで組み上げた19世紀の多様なジュエリー、アーツ・アンド・クラフツからアール・ヌーヴォーに続く洗練されたデザインや職人による精緻な細工が施されたアクセサリーは、真珠の宝飾文化のきらめく魅力を伝えている。

《縄文真(別名トリハマ・パール

 鳥浜貝塚出土

 縄文時代前期

 福井県立若狭歴史博物館

《帯留「桜

 御木本真珠店

 1908-12年頃

 ミキモト真珠島 真珠博物館

 また本展は、日本の真珠をめぐるユニークな歴史にスポットを当てていることも大きな特徴。1893(明治26)年に、御木本幸(1858-1954が世界で初めて半円真珠の養殖に成功した後、高度な金属細工技法による美しい装身具が製作されるようになり今日に至るまで日本における真珠の養殖は発展し続けてきたが実は明治以前の日本では真珠が装身具として用いられることがほとんどなかったでは日本では真珠はどう見られ扱われてきたのか福井県鳥浜貝塚から出土した日本最古の真珠《縄文真

大村藩藩主のみが食することが許された食膳のアコヤ貝から出た“御喰出おはみだしパリ万博に出品した作品の原流とされるミキモトの日本らしいデザインが《帯「花車」》など貴重な資料を一堂に展観することでその回答を知り感じることのできる展示となっている

  ほかにも真珠貝の実物比較や、養殖の過程を追った動画や道具などまさ「海からの贈りものである真珠の魅力を多面的に紹介する同じものが二つとない“無二の宝石”をめぐる世界の価値観を堪能しよう。

《帯留「花車」》

 御木本真珠店 1935年 ミキモト真珠島 真珠博物館

招待券プレゼント

読者アンケー「今年期待する企画展とその理由を添えてWeb美庵編集(honoji@asagi.waseda.jpメールにてご応募ください抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします当選は発送をもって代えさせていただきます。

2020年6月24[水]ー8月24[月]

10時ー18時(入場は閉館の30分前まで)

※毎週金・土曜日は20時まで

休館/毎週火曜

国立新美術館  企画展示室2E

展覧会ホームページ  https://kotengendai.exhibit.jp

古典と現代、精鋭による夢の共演

招待券プレゼント

読者アンケー「古典×現代2020に期待することを添えてWeb美庵編集部(honoji@asagi.waseda.jp)宛メールにてご応募ください抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたしますなお当選は発送をもって代えさせていただきます

  いまだかつて例のない、意欲的な展覧会。古い時代の美術と現代美術の対比を通して、日本美術の豊かな土壌を探り、その魅力を新しい視点から発信する。

 本展は、江戸時代以前の絵画や仏像、陶芸や刀剣の名品を、現代作家8人の作品と対になるよう組み合わせ、1組ずつ8つの展示スペースで構成。

 古典側は曾我蕭白、尾形乾山、円空、仙厓義梵、葛飾北斎ら誰もが知る巨匠の作品や、鎌倉時代の仏像、江戸時代の花鳥画、刀剣の名品が並ぶ。その共同キュレーションに美術誌の最高峰『國華』を発行する國華社が加わり、総監修をその主幹・小林忠氏が務めていることも注目される。

 現代側は、日常風景や自然物を主なモティーフに、生と死のあわいや生命の循環をとらえる写真家・川内倫子、絵画、歌、彫刻、手芸などのメディアと物質を通じてインスタレーションを行い神話と芸術の問い直しを行う鴻池朋子、ギャグから社会派まで幅広い漫画を発表する一方、現代美術の分野にも進出めざましい漫画家・しりあがり寿、モノと場所、モノと人との関係性を問うてきた「もの派」を代表する作家・菅木志雄ほか、棚田康司、田根剛、皆川明、横尾忠則ら、日本を代表するクリエイターたちが集結する。

  現代作家たちの仕事と過去の名品との関係はさまざま。世界観や主題、造形、制作方法の類似を示すだけでなく、先達から得たインスピレーションや、誰もが知るイメージ

に基づくパロディ、古い作品を取り込んだインスタレーションなど、過去の偉業に積極的に関与していく現代の作家たちの姿にも焦点を当てている。

 今日の優れた表現と、今なお私たちを惹きつけてやまない古の名品の比較を通じて、単独では見えてこない新たな視点に目覚めさせられる絶好の機会になることだろう。

刀 銘 兼房

室町時代・16世紀

鍛鉄製 長さ70.0cm 個人

円空《十一面観音菩薩立像》

江戸時代・17世紀 木造

総高221.2cm 岐阜・高賀神社

棚田康司《つづら折りの少女》

2019年 樟材の一木造に彩色

70.5×51.0×18.5cm 作家蔵 撮影:宮島径

© TANADA Koji, Courtesy of Mizuma Art Gallery

しりあがり寿《ちょっと可笑しなほぼ三十六景   太陽から見た地球》

2017年 和紙にインクジェットプリント 32.0×47.0cm 作家蔵

展示期間:5月8日~6月1(予定)

葛飾北斎《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》

江戸時代・19世紀 大判錦絵 25.2×38.5cm 和泉市久保惣記念美術館

展示期間:5月8日~6月1(予定)

鴻池朋子《皮緞帳》

2015年 牛革にクレヨン、水彩

600.0×2400.0cm 高橋龍太郎コレクション

© Tomoko Konoike

古典×現代2020

時空を超える日本のアート

2020年6月18日[木]ー10月18[日]

 ※6/18〜21は「前売券・招待券限定入場期間」

9時30分ー17時30分(入館は閉館の30分前まで)

※金曜日、土曜日は午後8時まで

休館/毎週月曜(ただし、5月4日は開館)

国立西洋美術館

展覧会特設サイト  https://artexhibition.jp/london2020/

 ロンドン・ナショナル・ギャラリーは、1824年に設立された、西洋絵画に特化した世界屈指の美の殿堂。

 英国が誇る約2300点の名品コレクションは、王室コレクションを母体とした他のヨーロッパの大型美術館とは異なり、市民が市民のためにコレクションを持ち寄って形成されたことに特徴がある。13世紀後半から20世紀初頭までの幅広い時代と地域をまんべんなく網羅する、「西洋絵画史の教科書」とも言える粒ぞろいの作品によって、その後に作られた北米などの美術館のコレクションの手本ともなってきたが、同館の作品の多くは常設展示のため、国外での大規模所蔵品展は開館以来200年に近い歴史で初めてのことで、本展は極めてレアな機会となる。

 本展では、ルネサンスから19世紀ポスト印象派に至る同館所蔵の名品61点を紹介。クリヴェッリの《聖エミディウスを伴う受胎告知》やゴッホの《ひまわり》、フェルメールの《ヴァージナルの前に座る若い女性》、レンブラントの《34歳の自画像》などを含む、傑作揃いの出品作すべてが日本初来日となる。

 なかでも見どころはゴッホの《ひまわり(1888年ゴッホは生涯7枚花瓶に生けたひまわりをいたうちゴーガンの寝室るにふさわしいとめサインをしたのは2枚だけ本作はそのうちの1枚背景をそれまでのからゴッホにとって幸福の色である黄色に変えた象徴的

   展示構成は、イタリア・ルネサンス絵画の収集、オラン

ダ絵画の黄金時代、ヴァン・ダイクとイギリス肖像画、グランド・ツアー、スペイン絵画の発見、風景画とピクチャレスク、イギリスにおけるフランス近代美術受容という壮大な7つのテーマで成る。これらを通じて、イギリスにおけるヨーロッパ美術の受容、およびイギリスとヨーロッパ大陸の美術交流の歴史を紐解きながら、西洋絵画史を俯瞰する。またとない機会を見逃すな!!

招待券プレゼント

読者アンケー「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展に期待することを添えてWeb美庵編集(honoji@asagi.waseda.jpメールにてご応募ください抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします当選は発送をもって代えさせていただきます。

フィンセント・ファン・ゴッホ 《ひまわり》

1888年 油彩・カンヴァス 92.1×73cm

©The National Gallery, London. Bought, Courtauld Fund, 1924

カルロ・クリヴェッリ 《聖エミディウスを伴う受胎告知》

1486年 卵テンペラ・油彩・カンヴァス 207×146.7cm

©The National Gallery, London. Presented by Lord Taunton, 1864

ヨハネス・フェルメール《ヴァージナルの前に座る若い女性》

1670-72年頃 油彩・カンヴァス 51.5×45.5cm

©The National Gallery, London. Salting Bequest, 1910

クロード・モネ 《睡蓮の池》

1899年 油彩・カンヴァス 88.3×93.1cm

©The National Gallery, London. Bought, 1927

アンソニー・ヴァン・ダイク 《レディ・エリザベス・シンベビーとアンドーヴァー子爵夫人ドロシー》

1635年頃 油彩・カンヴァス 132.1×149cm

©The National Gallery, London. Bought, 1977

フェルメールゴッホら傑作全61作品日本初公開

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展

《神無月はつ雪のそうか》 三代歌川豊国(国貞)

  日本浮世絵博物館蔵

おいしい浮世絵展

~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~

2020年7月15[水ー9月13[日]※開幕延期

10時〜20(最終入館 19時30分)

 ※火曜日は17時まで(最終入館 16時30分)

 ただし5/5[火]は20時まで(最終入館19時30分)

休館/5月12日[火]

※会期中展示替えあり

森アーツセンターギャラリー
(六本木ヒルズ森タワー52階)

展覧会公式サイト https://oishii-ukiyoe.jp

■お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

「北斎漫画」十二編   葛飾北斎

  浦上満氏蔵

《名酒揃 志ら玉》   歌川国芳

  江戸ガラス館蔵

江戸「おいしいを浮世絵と五感で味わう!

 日本文化に対する国内外から関心が高まっている象徴、日本独自の文化が花開いた江戸時代、その江戸の文化を類まれな表現力と技術で生き生きと描き残した「浮世絵」、そしてユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」を掛け合わせたオリジナルの展覧会が開催される。

 江戸らしい料理としては、まず「すし」「鰻」「天ぷら」「蕎麦」が思い浮かぶ。これらは浮世絵のなかにもたびたび登場、四季折々に江戸っ子が楽しんだ食材と料理法を紹介する。また食事を楽しむ人々、四季の行事食を準備する人、日本橋の魚河岸や品川の屋台の風景など、食を求めて人々が集まる情景などを通じて、暮らしのなかで食を楽しむ風情も読み解いていく。

 葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳など、現代でも人気を博す浮世絵師たちの多くも、江戸の食の風景を描いている

欧米の画家たちにも影響を与えた『北斎漫画』は江戸の庶民の生活風景をユーモラスに活写する中で食を楽しむ人々の姿も描いている。東海道の宿場町を描いた広重の連作「東海道五十三次」も、その土地の食事や名産を彷彿させる描写を通じて、当時の人々を楽しませた。本展を通じて、様々な浮世絵師たちが見つめた「江戸の食」の風景をたどる。

 また、浮世絵だけでなく、江戸の人々が食生活に取り入れた、現代のレシピ本に相当する当時の料理書をあわせて紹介。さらに展示には、現代に受け継がれる当時の食の工夫が込められた職人の技や、作品に描かれる当時の料理の再現写真を通じて、江戸の台所をより立体的に追体験できる工夫がされている。

 さらに本展では、鑑賞を通じて、江戸の食文化への想像を広げた後は、会場の外に出て、実際に料理を味わえる点が大きな目玉。展覧会会場隣接のカフェ&レストラン「THE SUN & THE MOON」を始め、様々な場所で再現料理が用意されている。目だけでなく五感で江戸の食を堪能できる、3Dならぬ4Dのグルメ体験。ぜひご堪能あれ。

《東海道五拾三次之内  鞠子 名物茶屋》   歌川広重

  浦上満氏蔵

招待券プレゼント

読者アンケー「ひいきの浮世絵師とその理由を添えてWeb美庵編集(LDQ03330@nifty.comメールにてご応募ください抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたしますなお当選は発送をもって代えさせていただきます。

おすすめ企画展一覧

※展覧会名をクリックすると公式サイトに会場をクリックすると美術館ホームページに飛びます

※新型コロナウィルスによる休館・再開情報につきましては、各公式サイトにてご確認ください。

会期 展覧会名 内容 会場

2020.6.1-8.23

蜷川実花展―虚構と現実の間に―

「虚構と現実をテーマに気鋭の写真家の作品の本質に迫る

札幌芸術の森美術館(北海道)

2019.4.25-21.2.28

シャガール「アレコ」全4作品

フィラデルフィア美術館から第3幕借用で全4作品が揃う

青森県立美術館(青森)

2020.4.18-8.30

「インター + プレイ」展 第1期

通年で鈴木康広、目[me]、第1期の津田道子evala松原慈

十和田市現代美術館(秋田)

2020.7.15-10.11

19世紀末!! ミュシャの時代の作家たち

19C末〜20C初頭ミュシャと同時代に活躍した作家の作品

秋田県立近代美術館(秋田)

2020.7.10-8.25

夏の絵画と工芸展

涼しげな掛軸や器、花火や夕涼みを楽しむ浮世絵版画

本間美術館(山形)

2020.7.22-8.30

フォーヴから戦後の具象まで  Ⅱ期

吉野石膏コレクション・服部コレクションから

山形美術館(山形)

2020.6.13-8.23

土に吹き込まれた命(中止)

国内外で活躍する美術家5人「人」や「動物テーマの作品

岩手県立美術館(岩手)

2020.7.14-9.6

リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展

ルーベンスヤン・ブリューゲ(父)、クラーナ(父

宮城県美術館(宮城)

2020.7.21-9.13

支倉常長帰国400年

仙台藩と海外とのつながりや常長にかかわる資料を紹介

仙台市博物館(宮城)

2020.7.11-8.30

もうひとつの日本美術史

明治から平成にかけての版画の名作約300点

福島県立美術館(福島)

2020.4.25-9.6

ダリとハルスマン

ダリとハルスマンのコラボレーションの軌跡を紹介

諸橋近代美術館(福島)

2020.7.11-9.22

デザインあ展 in NIIGATA(開催中止)

NHK Eテレのテレビ番「デザインあを実際の体験に発展

新潟県立万代島美術館(新潟)

2020.7.4-9.6

三沢厚彦 ANIMALS IN NAGAOKA

樟が素材の動物の姿を等身大で彫り出した木彫作品

新潟県立近代美術館(新潟)

2020.7.2-9.8

コレクション展Ⅱ

「20世紀美術のハイライトと題し前田常作や宇佐美圭司ら

富山県美術館(富山)

2020.7.19-9.6

山中暦日 ささやかな日常のきらめき

水墨美術館の収蔵作品から4つのテーマで紹介

富山県水墨美術館(富山)

2020.2.29-9.22

ミクロコスモス

身の回りと自分との関係について考察する7人のガラス作家

富山市ガラス美術館(富山)

2020.7.31-8.30

没後35年 鴨居玲展

人間とは何かを問い自らの内面を抉るように見つめた作家

石川県立美術館(石川)

2020.4.4-9.7

江戸手描き友禅「寺澤森秋の世界」

江戸手描き友禅の技法を現代に伝える模様絵師

豪商の館 田中本家博物館(長野)

2020.7.11-9.22

45分で栃木一周

栃木ゆかりの芸術家たちが描く自然や歴史、人々の暮らし

栃木県立美術館(栃木)

2020.4.21-21.3.31

おうち・こらぼ・らぼ

アーティストと一緒に考えた工作キットやアクティビティ

水戸芸術館(茨城)

2020.6.1-10.13

糸の記憶  アーツ前橋所蔵作品から

高橋常《御蚕様桐生の銘仙を撮影した石内《絹の夢

アーツ前橋(群馬)

2020.7.18-9.22

安野光雅 風景と絵本の世界

『ふしぎなえ』や『おおきな ものの すきな おうさの原画

群馬県立館林美術館(群馬)

2020.6.16-11.29

開館30周年記念展 ふたつのまどか

コレクションと現代作家のコラボレーション、5組

DIC川村記念美術館(千葉)

2019.7.11-9.6

帰ってきた!どうぶつ大行進

拡張オープン第一弾は2012年の「どうぶつ大行進」を拡張

千葉市美術館(千葉)

2020.7.7-9.6

加耶

日本の古墳時代に朝鮮半島の南部に存在した王国の歴史

国立歴史民俗博物館(千葉)

2020.6.2-9.6

写真と映像の物質性

著しい速度で変化する現代の写真表現・映像表現の一断面

埼玉県立近代美術館(埼玉)

2020.4.25-8.30

芸術家たちの住むところ

「鎌倉文士に浦和絵描き」と言われた足跡を作品・資料で

さいたま市立うらわ美術(埼玉)

2020.7.17-9.6

開校100年 きたれ、バウハウス

ユニークな基礎教育と、4人の日本人留学生の貴重な資料

東京ステーションギャラリ東京

2020.7.23-9.6

あるがままアート

アール・ブリュット、アウトサイダー・アートを紹介

東京藝術大学大学美術館(東京)

2020.6.18-10.18

ロンドナショナル・ギャラリー展

クリヴェッ《受胎告知ゴッ《ひまわりら全初公開

国立西洋美術館(東京)

2020.6.24-10.4

西アジア・エジプトの美術

人類最古の文明揺籃の地として知られる同地の美術と資料

東京国立博物館東洋館(東京)

2020.6.30-8.23

きもの KIMONO

信長・秀吉・家康・篤姫ら著名人が着用したきものなど

東京国立博物館平成館(東京)

2020.7.23-9.22

The UKIYO-E 2020

太田記念美術館日本浮世絵博物館平木浮世絵財団が結集

東京都美術館(東京)

2020.8.4-9.27

市民からのおくりもの2019

2代将軍徳川秀忠の稀少な肖像画、高橋泥舟の書跡など

江戸東京博物館(東京)

2020.6.30-8.30

大江戸歳事記

年中行事に焦点を当て北斎や門人が描いた風俗を紹介

すみだ北斎美術館(東京)

2020.7.21-8.30

学んでみよう! 塩のつかいみち

食品だけでなく身近な工業製品にも使われる塩を学ぶ

たばこと塩の博物館(東京)

2020.6.23-10.25

鴻池朋子/Cosmo- Eggs/P.クレー

「鴻池朋子  ちゅうがえり「Cosmo-Eggs|宇宙の卵ら3展

アーティゾン美術館(東京)

2020.6.9-9.22

画家が見たこども展

ボナール、ヴァロットン、ドニ、ヴュイヤールらナビ派

三菱一号館美術館(東京)

2020.7.18-9.22

和巧絶佳展 令和時代の超工芸

安達大悟、池田晃将、桑田卓郎、坂井直樹、佐合道子ら

パナソニック汐留美術館(東京)

2020.8.1-31

三井家が伝えた名品・優品(第2部)

国宝 志野茶碗 銘卯花墻を筆頭に三井家伝来の茶道具を展示

三井記念美術館(東京)

2020.6.24-8.24

古典×現代2020

仙厓×菅木志雄、円空×棚田康司、北斎×しりあがり寿ら

国立新美術館(東京)

2020.7.22-9.13

ART in LIFE, LIFE and BEAUTY

「ハレ」(=非日常)の場にふさわしい着物や装飾品など

サントリー美術館(東京)

2020.7.31-21.1.3

STARS展:現代美術のスターたち

草間彌生李禹煥宮島達男村上 隆奈良美智杉本博司

森美術館(東京)

2020.7.15-9.13

おいしい浮世絵展

描かれた食のシーンを追い料理を再現、レシピを解説

アーツセンターギャラリ(東京)

2020.6.9-9.27

オラファー・エリアソン

アートを介したサステナブルな世界の実現に向けた試み

東京都現代美術館(東京)

2020.7.18-9.13

桜 さくら SAKURA 2020

春草《桜下美人図》土牛《吉野》明治《朝陽桜》など

山種美術館(東京)

2020.6.1-9.27

東京モダン生活

1933年竣工の朝香宮邸の魅力を紹介する恒例の建物公開展

東京都庭園美術館(東京)

2020.6.2-9.22

真珠―海からの贈りもの

古代〜近代、英国〜欧州各国で製作された装身具を展示

渋谷区立松濤美術(東京)

2020.8.1-10.4

月岡芳年 血と妖艶

「血「妖艶「闇」の3つのキーワードから掘り下げる

太田記念美術館(東京)

2020.6.27-9.22

美の競演 -静嘉堂の名宝-

岩﨑彌之・小彌太父子のコレクションより重文・重美他

静嘉堂美術館(東京)

2020.7.4-8.16

グローバル化時代の現代美術

R.ラウシェンバーグやD.ナッシュ、J.-M.バスキアの作品など

世田谷美術館(東京)

2020.6.20-8.23

あそぶひと-人形と子どもの暮らし

主に70年代以降のアトリエ ニキティキコレクション

目黒区美術館(東京)

2020.7.8-9.27

Re construction 再構築

青山悟、大小島真木、冨井大裕、流麻二果の4名が参加

練馬区立美術館(東京)

2020.7.10-9.4

開館記念展 珠玉のコレクション

見る人に非日常的な感性への気づきを促す作品約70点

SOMPO美術(東京)

2020.4.11-8.30

ドレス・コード?─ 着る人たちのゲーム

現代〈ドレス・コード私たちの装いの実(ゲーム)

Tokyo Opera City Art Gallery(東京)

2020.8.8-10.18

若き巨匠たち パリのアトリエ 展

「洗濯船モンマルトル蜂の巣(モンパルナスを切り口に

三鷹市美術ギャラリー(東京)

2019.9.21-12.25

カイ・フランク

「フィンランド・デザインの良心」と呼ばれた作家の足跡

県立近代美術館 葉山(神奈川)

2020.7.3-10.11

ヨコハマトリエンナーレ2020

「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」をテーマに

横浜美術館(神奈川)

2020.8.1-31

東京藝術大学 スーパークローン文化財

法隆寺からシルクロードの文化財まで最先端科学が作る未来

そごう美術館(神奈川)

2020.4.5-9.27

生誕260年記念   北斎の肉筆画

夏の朝堀河夜討図ら肉筆初の一挙公開と版画・版本

岡田美術館(神奈川)

2020.4.23-11.3

モネとマティス―もうひとつの楽園

2人がいかに「楽園」を創り上げ作品へと昇華させたか

ポーラ美術館(神奈川)

2020.7.11-9.6

みんなのミュシャ

ミュシャからマンガへ―線の魔術。斬新な視点でひも解く

静岡県立美術(静岡)

2020.8.1-9.22

ショパン―200年の肖像

ポーランド国外では見る機会の少ない貴重な自筆譜や手紙

静岡市美術館(静岡)

2020.7.23-8.23

お江戸人物スナップ集

着飾った美人やはやりの人気役者を描いた広重の人物画

中山道広重美術館(岐阜)

2020.3.20-9.22

久門 剛史 − らせんの練習

1981年生まれの新進作家による国内初の大規模な個展

豊田市美術館(愛知)

2020.7.18-9.13

漆 ―徳川美術館珠玉の名宝―

蒔絵、さらに朝鮮、琉球などの諸作品を通じて魅力に迫る

徳川美術館(愛知)

2020.7.4-8.30

ムーミン展

ムーミン美術館所蔵作品や作者が残した貴重なコレクション

あべのハルカス美術館(大阪)

2020.6.2-10.11

ヤン・ヴォー ーォヴ・ンヤ

世界的に活躍する画家の全貌を明らかにする日本初個展

国立国際美術(大阪)

-2022.4

休館中

2022年4月にリニューアルオープン

藤田美術(大阪)

2020.7.4-10.4

博物館には何がある?

堺市博物館コレクション展 Part1 として近代編を展示

堺市博物館(大阪)

2020.7.4-9.6

よみがえる正倉院宝物

これまで製作された再現模造作品から逸品を一堂に公開

奈良国立博物(奈良)

2020.7.25-9.22

みやびの色と意匠

吉川観方コレクションを中心に公家服飾から見る日本美を

奈良国立博物(奈良)

2020.未定

MIHO MUSEUMコレクションの形成

30件以上の初公開作品を含めた桃山〜江戸絵画

MIHO MUSEUM(滋賀)

2020.7.23-9.13

西国三十三所の信仰と至宝

西国三十三所 草創1300年を記念した観音信仰の巡礼の魅力

京都国立博物(京都)

2020.7.23-9.22

京のくらし―二十四節気を愉しむ

京都のくらしに息づく自然現象や草花、生物、祭や行事を

京都国立近代美術(京都)

2020.-8.30

京の翠とわざの粋 -緑釉陶器と緑釉瓦-

 

知られざる「石作窯」から出土した資料を初公開

京都文化博物館(京都)

2020.4.4-9.6

飄々表具 -杉本博司の表具表現世界-

軸・風・額+写真「杉本表具+細見コレクション

細見美術館(京都)

2020.8.1-10.11

大観と春草 ー東京画壇上洛ー

才能あふれる2人の画家の友情とその軌跡にフォーカス

福田美術館(京都)

2020.7.3-11.8

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく

流行に左右されず長年着用できる普遍的な価値を持つ

兵庫県立美術館(兵庫)

2020.6.1-8.30

夏季特別展/2020

大展示室で「開館50周年 JAPAN 日本画でみる和の心」

足立美術館(島根)

2020.2.29-9.27

コレクション展  2020-Ⅰ

コレクショハイライト+「大地」「宿命の芸術」

広島市現代美術館(広島)

2020.6.20-8.23

版画 首都百景

江戸から明治にかけて目まぐるしく移り変わる都市の風景

海の見える杜美術館(広島)

2020.7.28-8.30

山口県と浮世絵

錦帯橋、壇ノ浦での源平合戦、萩藩お抱えの力士など関連

山口県立萩美術浦上記念(山口)

2020.6.2-8.30

筑紫の神と仏

古墳時代からの神祇祭祀や仏教等の多元信仰の実態に迫る

九州国立博物館(福岡)

2020.6.25-9.22

あじびレジデンスの部屋 第2期

夏のレジデンス・ワークショップ特集

福岡アジア美術館(福岡)

2020.6.6.8.30

教育者としての岡田三郎助

小代為重・黒田清輝・久米桂一郎ら教育者としての

佐賀県立美術館(佐賀)

2020.5.25-9.22

くらべてみれば、みえるもの

「くらべる」をキーワードに学芸員6名が収蔵品から選別

長崎県美術館(長崎)

2020.6.5-8.4

「ブラック&ホワイト」

あらゆる芸術を生み出す原点、〈白〉と〈黒〉に迫る

大分県立美術館(大分)

2020.6.27-9.6

谷川俊太郎 展

いまなお新たな挑戦を続ける現在進行形の谷川の活動

熊本市現代美術館(熊本)