Web美庵セレクション 全国美術館企画展情報 NEW!→国際展情報
マルセル・デュシャン《泉》 1917/1950年 Philadelphia Museum of Art. 125th Anniversary Acquisition. Gift (by exchange) of Mrs. Herbert Cameron Morris, 1998 © Association Marcel Duchamp / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2018 G1311
 マルセル・デュシャン(1887-1968)の代表作を紹介するとともに、日本美術に対する新たな価値観を提案するという世界初の試みとなる展覧会が、東京国立博物館で開催される。 デュシャンは、伝統的な西洋芸術の価値観を大きく揺るがし、20世紀の美術に衝撃的な影響を与えた作家。代表作《泉》は当時、アートの概念を根底から覆した。レディメイドをはじめとするデュシャンが生み出した芸術観やスタイルは、現代の作家にも引用されつづけている。 第1部「デュシャン 人と作品」展は、フィラデルフィア美術館が有する世界に冠たるデュシャン・コレクションより、油彩画、レディメイド、映像や写真、関連文献資料など約150点によって、彼の創作活動の足跡を展示する。その生涯においてカギとなる場面や重要な活動、また人間関係を概観し、作品や現代美術における重要性を紹介するとともに、デュシャンの人となり、さらに芸術と生活の垣根をなくそうとするさまざまな試みを明らかにする。 第2部「デュシャンの向こうに日本がみえる。」展は、もともと西洋とは異なった社会環境のなかで作られた日本の美術の意味や、価値観を浮かび上がらせることによって、日本の美の楽しみ方を新たに提案しようとするもの。第1章では千利休《竹一重切花入》を400年前の究極の「日常品(レディメイド)」と解釈し、第3章では時間表現において「異時同図法」を用いる絵巻を現代のアニメーションの祖先として紹介する。 フィラデルフィア美術館のデュシャン・コレクションが自館以外でこれほどまとまって公開されるのは初。またそれを良質な日本美術品と比べて見ることのできる大変貴重な機会。この展覧会では「芸術」をみるのではなく「考える」ことで、さまざまな知的興奮を呼び起こしてほしい。 東京国立博物館 平成館 特別展示室 第1室・第2室
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で10組20名様に無料招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
展覧会公式サイト http://www.duchamp2018.jp/ 2018年10月2日[火]-12月9日[日] ※日本美術の作品は会期中展示替えあり。 9時30分〜17時(金・土、10/31[水]・11/1[木]は21時まで。 入館は閉館の30分前まで) 休館/月曜日(ただし10月8日[月・祝]は開館)、10月9日[火] 東京国立博物館・フィラデルフィア美術館 交流企画特別展 マルセル・デュシャンと日本美術
伝千利休作《竹一重切花入 銘 園城寺》 安土桃山時代・天正18年(1590) 東京国立博物館蔵 松平直亮氏寄贈 本阿弥光悦作《国宝 舟橋蒔絵硯箱》 江戸時代・17世紀 東京国立博物館蔵
ピエール・ボナール《猫と女性 あるいは 餌をねだる猫》 1912 年頃 油彩、カンヴァス 78×77.5cm オルセー美術館 © RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF
ピエール・ボナール《フランス=シャンパーニュ》 1891 年 多色刷りリトグラフ 78×50cm 川崎市市民ミュージアム
オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展 2018年9月26日[水]- 12月17日[月] 10時〜18時 ※金・土曜日は20時まで ※入場は閉館の30分前まで 休館/火曜日 国立新美術館 企画展示室1E 本展情報サイト http://bonnard2018.exhn.jp
 19世紀末のフランスでナビ派の一員として出発、浮世絵の影響が顕著な装飾的画面により「日本かぶれのナビ」の異名を取ったピエール・ボナール(1867~1947)。東京では37年ぶりとなる本格的な大回顧展が、国立新美術館で幕を開けた。 ボナールは20世紀に入ると、目にした光景の印象をいかに絵画化するかという「視神経の冒険」に身を投じ、鮮烈な色彩の絵画を多数生み出す。 本展は、パリのオルセー美術館の特別協力を得て、油彩72点、素描17点、版画・挿絵本17点、写真30点、ポスター、屏風まで130点超の作品で概観する。平坦な色面構成や掛け軸風の縦型作品といった日本美術からの影響をたどる第1章「日本かぶれのナビ」に始まり、芸術家としてのキャリアをスタートさせるきっかけとなったポスター《フランス=シャンパーニュ》などを紹介する第2章「ナビ派時代のグラフィック・アート」、「浴室の裸婦」を紹介する第4章「近代の水の精たち」、どこか謎めいたボナールの室内画を「親密さ」をテーマに概観する第5章「室内と静物『芸術作品ー時間の静止』」など、テーマごと7つの章で構成されている。 本国フランスでは近年、ナビ派の画家たちへの評価が高まり、2015年にオルセー美術館で開催されたボナール展では51万人が魅了され、2014年のゴッホ展に次ぐ、歴代企画展入場者数の第2位を記録した。本展の監修者であるオルセー美術館学芸員のイザベル・カーンは「今回の展覧会の醍醐味は、オルセーの重要作品と、日本の美術館が所有する作品との呼応。日本とフランスの文化は交わり、ハイブリッドな形となって作品が生み出されてきた。それはとくにボナールの生きた時代において顕著でした」と、見どころを語る。 さまざまなジャンルを通じて、謎多き画家ボナールの魅力に迫る、記念碑的な展覧会。見逃せない機会となる。
《ル・グラン=ランスの庭で煙草を吸うピエール・ボナール》 1906 年頃 モダン・プリント 6.5×9cm オルセー美術館 © RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF
ピエール・ボナール《花咲くアーモンドの木》 1946-47 年 油彩、カンヴァス 55×37.5 cm オルセー美術館(ポンピドゥー・センター、国立近代美術館寄託) © RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / image RMN-GP / distributed by AMF
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に無料観覧券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
重要文化財 《阿国歌舞伎図屏風》 京都国立博物館
特別展 京のかたな 匠のわざと雅のこころ みやこ
2018年9月29日 [土]ー11月25日[日] 9時30分〜18時(入室は閉館の30分前まで) ※金・土曜は20時まで 休館/月曜日 ※10月8日[月・祝]は開館、翌9日[火]休館 京都国立博物館 展覧会公式サイト https://katana2018.jp
 京博120年の歴史上、初の大規模な刀剣特別展が開かれる。 王城の地・京都では、平安時代から現代まで、多くの刀工が工房を構え、多くの名刀を生み出してきた。 これら京都製の刀剣は、常に日本刀最上位の格式を誇り、公家、武家を問わず珍重され、とりわけ江戸時代以降は武家の表道具として、大名間の贈答品の代表として取り扱われてきた歴史がある。 本展では、現存する京都=山城系鍛冶の作品のうち、国宝指定作品17件と、著名刀工の代表作を中心に、後鳥羽天皇、織田信長、坂本龍馬など歴史上の偉人にゆかりのある刀剣も展示。さらに、初めて平安時代から平成にいたる山城鍛冶の技術系譜を総括を試み、刀剣文化に与えた影響を探る。 また、戦乱を描く合戦絵巻の名品や、伊藤若冲の伏見人形図、千種有功や酒井抱一ら本業の傍ら行った作刀など、武家文化だけでなく、公家・町衆を含めた京文化の中で、刀工たちが果たした役割に迫る。 昨今の日本刀ブームの中でも、ファンの期待と注目を一身に浴びる内容と規模を備えた、まさに夢の展覧会となる。絶対に見逃せない機会と言えるだろう。
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
重要文化財 太刀 銘吉家作 京都国立博物館
刀 銘九州肥後同田貫上野介 (王貞治佩用) 九州国立博物館(九州国立博物館提供・落合晴彦氏撮影) 国宝 太刀 銘則国 京都国立博物館
横山華山《蝦蟇仙人図》 個人蔵 曾我蕭白《蝦蟇仙人図》 ボストン美術館 William Sturgis Bigelow Collection Photograph © Museum of Fine Arts, Boston 横山華山 KAZAN - A Superb Imagination at Work
横山華山《夕顔棚納涼図》 大英博物館 © The Trustees of the British Museum
2018年9月22日[土]- 11月11日[日] ※会期中、展示替えあり 10時〜18時 ※金曜日は20:00まで開館 ※入館は閉館の30分前まで 休館/月曜日(10/8、11/5は開館)、10/9[火] 東京ステーションギャラリー 公式サイト http://kazan.exhn.jp  昨年の「不染鉄展」の衝撃も記憶に新しい東京ステーションギャラリーが、再び現代では知られざる画家を世に問う。 諸画派に属さず、画壇の潮流に左右されない自由な画風と筆遣いで人気を博した江戸時代後期の絵師・横山華山。本展は、華山の多彩な画業を系統立てて紹介する初の回顧展。 横山家が曾我蕭白(そが・しょうはく)のパトロンであったため、幼少期より蕭白の作品と間近に接し、岸駒(がんく)に入門、呉春(ごしゅん)に私淑して模範に絵の幅を広げ、多くの流派の画法を自己のものとした。華山は作品の画題に合わせて自由自在に筆を操り、幅広い画域を誇った。そんな彼の本領を余すところなく伝える代表作のひとつ、《祇園祭礼図巻(ぎおんさいれいずかん)》も出品される。山鉾や神輿などの祭列を細かく描写する記録性、臨場感を与える構図、店先にいる人々までをも豊かに描き出した華山ならではの作品だ。 いち早くフェノロサら海外の研究者やコレクターに注目され、明治時代初期に海を渡った縦3×幅2メートルの蕭白風の大作《寒山拾得図》をはじめ、ボストン美術館から5点、大英博物館からは3点が里帰りするほか、蕭白と横山家の深いつながりが窺える「横山家宛書状」、加えて『江戸名所図会』『武江年表』の著者・斎藤月岑が『東都歳事記』の執筆にあたり、年中行事の挿図を華山に依頼したことがわかる書状など、貴重な史料も公開される。
横山華山《寒山拾得図》 ボストン美術館 William Sturgis Bigelow Collection Photograph © Museum of Fine Arts, Boston  日本では夏目漱石の『坊っちゃん』『永日小品』にその名前が登場したことから、没後しばらくの明治時代までは国内でも知られていたとされる華山。今回は国内外から曾我蕭白や弟子たちの作品も含め、会期中約100点の展示で、華山の画業とその魅力に光を当てる。
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
横山華山《祇園祭礼図巻》上巻部分 天保6-8(1835-37)年 個人蔵
山下菊二《海を渡る捕虜服》 1968年 豊橋市美術博物館蔵 1968年 激動の時代の芸術 2018年9月19日 [水]ー11月1日[日] 10時〜18時(金・土曜日は20時まで) ※入場受付は閉館の30分前まで ※1968年生まれの人は観覧料500円(要証明書)、
 10/18[木](市民の日)は観覧料無料 休館/10/1[月]、11/5[月] 千葉市美術館 公式サイト http://www.ccma-net.jp
 50年前の芸術は、こんなにも熱く激しかった!! 世界中で近代的な価値がゆらぎはじめ、各地で騒乱が頻発した1968年は、20世紀の転換点ともいうべき激動の年だった。日本でも、全共闘運動やベトナム反戦運動などで社会が騒然とするなか、カウンターカルチャーやアングラのような過激でエキセントリックな動向が隆盛を極めた。近年、この時期に起こった文化現象が様々な分野で注目を集めており、「1968」は国内外で文化史のキーワードとして定着したと言えるだろう。 1968年前後は、日本の現代美術にとっても重要な時期。多くの芸術家が日本万国博覧会(大阪万博)の準備に協力する一方で、万博に参加しなかった作家や評論家の多くが、この動きを批判した。また現代美術のみならず、演劇・舞踏・映画・建築・デザイン・漫画などの周辺領域の作家たちも、既存のスタイルを打ち破るような先鋭的な試みを次々とおこない、またジャンルを越えて協力し合った。 さらに「もの派」の嚆矢ともいうべき関根伸夫の《位相-大地》が発表され、写真同人誌『プロヴォーク』も創刊されるなど、新たな世代が急速に台頭。学生運動やヒッピームーヴメントに代表されるような、既成の価値や体制に異議申し立てをおこなう時代の空気は、芸術家のあいだでも共有されていたのだ。 本展では、現代美術を中心にこの時代の芸術状況を「激動の1968年」、「1968年の現代美術」、「領域を超える芸術」、「新世代の台頭」のセクションで振り返る。 「領域を超える芸術」では、、三島由紀夫や川端康成、澁澤龍彦、横尾忠則、宇野亜喜良らが通ったという伝説のディスコ「MUGEN」のプロデューサー・浜野安宏の協力で、当時のライティング・ショーをマルチプロジェクションで再現するほか、田名網敬一のグラフィック作品とともにサイケデリック・ムーヴメントの一端を紹介する。 会期中には、上記の浜野の講演会のほか、美術家共闘会議(美共闘)の議長だった堀浩哉が当時の運動の意味と60年代末から展開した制作活動について語る講演会を開催。また、シュウゾウ・アヅチ・ガリバーは当時の活動について語
横尾忠則《新宿泥棒日記》 1968年 高松市美術館蔵 ©横尾忠則
娑婆留闘社《獄送激画通信(三)》 1970年 千葉市美術館蔵 ©1970 Akasegawa Genpei
羽永光利《新宿西口フォークゲリラ》 1969年 羽永太朗蔵
関根伸夫《位相-大地》 1968/1986年 静岡県立美術館蔵 るとともに、1968年初演のパフォーマンス「し・C・4」を荒木悠、Lily Shuと再演する。そのほか、1969年に公開された『略称 連続射殺魔』(監督:足立正生)や『新宿泥棒日記』(監督:大島渚)の上映、千葉市美術館主任学芸員の水沼啓和による市民美術講座など、多彩な関連イベントを通じて、1968年という熱い時代の芸術状況を振り返る。
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
《祭姪文稿(部分)》顔真卿 筆 唐時代・乾元元年(758) 台北 國立故宮博物院蔵 《黄絹本蘭亭序(部分)》褚遂良 筆 唐時代・7世紀 台北 國立故宮博物院寄託
 1000年の時を超え、書の最高峰が初来日する。唐時代、「顔法」と称される特異な筆法によって、後世にきわめて大きな影響を与えた政治家・書家の顔真卿(がんしんけい、709–785)。 中国の歴史上、東晋時代(317–420)と唐時代(618–907)は書法が最高潮に到達した時代。書聖・王羲之(おうぎし、303–361)が活躍した東晋時代に続いて、唐時代には虞世南(ぐせいなん)、欧陽詢(おうようじゅん)、褚遂良(ちょすいりょう)ら初唐の三大家が楷書の典型を完成させる。そして顔真卿は三大家の伝統を継承しながら、彼らとは異なる美意識のもとにつちかわれた書によって、後世にきわめて大きな影響を与えた。 本展は顔真卿の人物や書の本質に迫るとともに、後世や日本に与えた影響にも目を向け、唐時代の書が果たした役割を検証するもの。 注目ポイントはまず、「楷書」の美しさ。篆書、隷書を経て楷書へと進化を遂げた楷書。本展では、人々が長く写本を取り続け、手本にしてきた虞世南の《孔子廟堂碑(こうしびょうどうひ)》(628-630)、唐時代の優雅な気分を盛り込んだ、褚遂良の《雁塔聖教序(がんとうしょうぎょうしょ)》(653)など唐時代の貴重な名筆楷書を見ることができる。また、後漢時代から東晋時代までの名士の逸話を編纂した国宝《世説新書巻第六》(7世紀)の裏側に書かれた楷書に着目するなど、ユニークな試みも行われる。 次の見どころは、初来日となる顔真卿《祭姪文稿(さいてつぶんこう)》(758)。安史の乱によって従兄とその未子を亡くした顔真卿が、亡骸を前に書いた弔文の草稿と伝えられる。冒頭は平静だが、次第に気分の高まりや激情が見られる筆致となり、書き間違え、行そのものが曲がっている部分なども現れるという、劇性を宿している。台北の国立故宮博物院に所蔵され、所蔵先でも2012年に展示されて以来公開されていない。海外で公開されるのも、ワシントンのナショナルギャラリーでの1997年の展示以来、今回が2度目という希少さ。 さらに注目なのは、「王羲之神話の崩壊」というテーマ。日本でも過去数度展覧会が行われ、「書聖」として名高い王羲之だが、じつはその真跡は存在しない。青銅器や石碑の文字をもとにした文字の習得法がさかんになった19世紀、王羲之神話は崩壊、野趣あふれる書風が主流となった。本展ではその代表格のひとつである趙之謙(ちょうしけん)《行書五言聯(ぎょうしょごごんれん)》(1858)も登場する。 こうして、唐時代とそれ以降の書のあゆみを多角 的に見ることのできる本展。希少な顔真卿の肉筆(墨跡)が見られるという点においても、書に関わる人のみならず、見逃せない貴重な機会と言えるだろう。 東京国立博物館 平成館
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に無料招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
展覧会公式サイト https://ganshinkei.jp/ 2019年1月16日[水]-2月24日[日] 9時30分〜17時(金曜・土曜は21:00まで 入館は閉館の30分前まで) 休館/月曜日(ただし2/11[月・祝]は開館、翌2/12[火]休館) 顔真卿 王羲之を超えた名筆 国宝《金剛般若経開題残巻(部分)》空海 筆 平安時代・9 世紀 京都国立博物館蔵 《自叙帖(部分)》懐素 筆 唐時代・大暦 12 年(777) 台北 國立故宮博物院蔵 《九成宮醴泉銘》欧陽詢 筆 唐時代・貞観 6 年(632) 台東区立書道博物館蔵
狩野芳崖《仁王捉鬼図》 明治19(1886)年 東京国立近代美術館蔵
(後期展示) 重要文化財 狩野芳崖《不動明王》 明治20(1887)年 東京藝術大学蔵
(後期展示) 重要文化財 狩野芳崖《悲母観音》 明治21(1888)年 東京藝術大学蔵
(後期展示)
特別展 狩野芳崖と四天王 ―近代日本画、もうひとつの水脈― 2018年9月15日[土]- 10月28日[日] 前期: 9月15日[土]-10月8日[月・祝] 後期:10月10日[水]-10月28日[日] 10時〜17時 ※入館は16:30まで 休館/月曜日(9/17、9/24、10/8は開館、 9/18[火]、9/25[火]、10/9[火]は休館)
泉屋博古館分館 公式サイト https://www.sen-oku.or.jp/tokyo/
橋本雅邦《月夜山水》 明治22(1889)年 東京藝術大学蔵
(後期展示)
 近代日本画の父・狩野芳崖。その芳崖には4人の高弟、岡倉秋水(おかくらしゅうすい、1867~1950)、岡不崩(おかふほう、1869~1940)、高屋肖哲(たかやしょうてつ、1866~1945)、本多天城(ほんだてんじょう、1867~1946)がいた。 芳崖の晩年に師事した彼らは、芳崖の絶筆《悲母観音》の制作を間近で目撃している。 その後入学した東京美術学校では「芳崖四天王」と称され、 次代の画壇を担う画家として嘱望されていた。だが東京美術学校開校前に芳崖が没すると、岡倉覚三(天心)に牽引された横山大観、菱田春草など、のちに日本美術院で活躍する気鋭の画家たちで画壇が占められ、彼らは中央画壇から遠ざかり、忘れ去られた存在となっていった。
 本展では、その「芳崖四天王」にスポットを当て、知られざる画業を紹介する。彼らは実は、近代日本画の本筋とは異なる「もうひとつの水脈」を形成し、狩野派のその後を伝えた重要な存在だった。 彼らの足跡を新出作品や初紹介資料などを通じて多角的に辿るとともに、橋本雅邦をはじめとする近代日本画の基礎を築いた画家たちの代表作、さらには近代日本画の未来を切り開いていった横山大観、下村観山、菱田春草、西郷孤月、木村武山らの作品もあわせて堪能する。
招待券プレゼント 読者アンケート「今後採り上げてほしい美術、作家について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に本展招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
歌川広重《雪月花の内 月の夕部》 太田記念美術館蔵 (前期)
特別展 没後160年記念 歌川広重 2018年9月1日[土] - 10月28日[日] ※前後期で全点展示替え(前期 9/1-24 後期 9/29-10/28) 10時30分〜17時30分(入館は17時まで) 休館/9/3、9/10、9/18、9/25-28、10/1、10/9、10/15、 10/22
太田記念美術館 美術館公式サイト http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/
歌川広重《鯛 鯉 鰹》 太田記念美術館蔵 (後期)
 没後160年を記念し、《東海道五拾三次之内》や《名所江戸百景》などの風景画で日本のみならず海外でも高い人気と評価を得ている浮世絵師、歌川広重(1797〜1858)の展覧会が開かれている。 本展の見どころは、代表的風景画の名品はもちろんだが、太田記念美術館のコレクションの中でも最も点数が多い広重コレクションの中から選りすぐられた美人画や花鳥画、戯画など、広重の画業の幅広さを俯瞰できる点。とりわけ広重が風景を描く前の武者絵などの初期作品は、普段目にする機会も少なく希少。また“天童広重”と称される、天童藩の依頼で描かれた、鮮やかな浮世絵版画とは明らかに違う淡い色調の肉筆風景画も展示されている。これら珍しい作品も含め、展示総数200点以上(前後期で全点展示替え)で、広重の全貌を紹介する。本展を観た後、もしかしたら広重のイメージが変わるかもしれない。 この秋、国内の広重美術館4館と連携した本展。全国に広がる広重人気を、ご体感あれ。
広重美術館(山形県天童市鎌田本町1-2-1) 「広重が描く日本の風景」 2018/8/31-10/29 那珂川町馬頭広重美術館(栃木県那須郡那珂川町馬頭116-9) 「大広重展−肉筆浮世絵と錦絵の世界−」2018/7/14-9/24 静岡市東海道広重美術館(静岡市清水区清水区由比297-1) 「めいしょ広重」 2018/8/14-11/25 中山道広重美術館(岐阜県恵那市大井町176-1) 「木曽海道六拾九次之内」 2018/8/30〜9/30 「原安三郎コレクション公開 北斎と広重展」 2018/10/4-12/2 *本展会期中、本館ご入場時に上記の4館いずれかの広重展チケット半券の提示で、入館料を100円割引。また本館のチケット半券を他の施設へ提示で入館料割引。1枚につき1名、割引の併用はできません。
歌川広重《東都名所 高輪之明月》 太田記念美術館蔵 (前期)
歌川広重《冨士三十六景 駿河薩タ之海上》 太田記念美術館蔵 (後期)
そのほかのおすすめ企画展
会期 展覧会名 内容 会場
2018.10.6-11.25 札幌美術展 五十嵐威暢の世界 デザイナーから彫刻家としての現在までの仕事約150点 札幌芸術の森美術館(北海道)
2018.7.14-10.21 コレクション展 2018-3 棟方、成田亨、馬場のぼる、澤田教一ら青森ゆかりの作家 青森県立美術館(青森)
2018.9.22-11.4 千住博展 高野山金剛峯寺襖絵完成記念、《龍神Ⅰ・Ⅱ》も設置 秋田県立美術館(秋田)
2018.9.15-11.25 鴻池朋子 ハンターギャザラー 狩猟採集民という人間中心の原型を解体転換する試み 秋田県立近代美術館(秋田)
2018.9.8-11.4 ブルーノ・ムナーリ イタリアを代表する作家の絵画、彫刻、絵本、造型教育まで 岩手県立美術館(岩手)
2018.10.3-12.24 平成30年度第III期コレクション展示 日本の近現代美術、海外の美術、佐藤忠良記念館の3部構成 宮城県美術館(宮城)
2018.10.2-10.20 福島禎蔵が愛し遺したコレクション 第6期「文房四宝~書・墨・硯の魅力」 福島美術館(宮城)
2018.10.27-12.16 生誕130年 佐藤玄々(朝山)展 西洋の影響を受けつつ近代彫刻へ再構成され道程をたどる 福島県立美術館(福島)
2018.7.8.10.21 パメーラ・ジューン・クルック展 K.クリムゾンのジャケット採用される画家の31点を一堂に 諸橋近代美術館(福島)
2018.10.6-12.16 みんなのレオ・レオーニ展 『スイミー』『フレデリック』など「じぶんとは何か」を模索 新潟県立万代島美術館(新潟)
2018.7.2- 休館中
新潟県立近代美術館(新潟)
2018.10.20-12.25 三沢厚彦 ANIMALS IN TOYAMA 近年ユニコーンや麒麟など空想動物にも挑戦する木彫家 富山県美術館(富山)
2018.9.14-11.4 花鳥風月 こころに響く美の世界 光ミュージアム所蔵の近世〜現代の日本画の名作を中心に 富山県水墨美術館(富山)
2018.9.15-11.25 富山ガラス大賞展2018 過去4回にわたって開催されてきたガラス芸術の国際公募展 富山市ガラス美術館(富山)
2018.11.8-11.19 加賀藩の美術工芸Ⅱ 《入道右大臣集》、《神宮神宝図巻》、《後藤家装剣小道具》 石川県立美術館(石川)
2018.7.7-10.21 起点としての80年代 インスタレーション、参加型や社会との関係の起点に注目 金沢21世紀美術館(石川)
2018.11.2-12.24 工芸の教科書 工芸の現在と未来を見据えた有様を探る 栃木県立美術館(栃木)
2018.10.27-1.25 霧の抵抗 中谷芙二子 芸術と科学の融合を見つめてきた柔らかで明快な抵抗 水戸芸術館(茨城)
2018.10.5-11.4 岡本太郎と『今日の芸術』 「絵はすべての人の創るもの」とした岡本太郎の本から アーツ前橋(群馬)
2018.9.15-12.24 時代に生き、時代を超える 板橋区立美術館所蔵の麻生三郎、芥川紗織ら約130点 群馬県立館林美術館(群馬)
2018.10.6-1.14 言語と美術─平出隆と美術家たち 詩人や小説『猫の客』で知られる平出隆と美術家との対話 DIC川村記念美術館(千葉)
2018.9.19-11.1 1968年 激動の時代の芸術 近年注目を集める近代的な価値の転換点となった年に焦点 千葉市美術館(千葉)
2018.10.16-12.9 日本の中世文書 機能と形と国際比較 日本の中世文書の全体像を学べる総数約260点の最大規模 国立歴史民俗博物館(千葉)
2018.5.24-11.18 SPARKーあの時君は若かったー インスパイアされたり写実へ進むきっかけになった作品 ホキ美術館(千葉)
2018.9.22-11.11 横山華山 蕭白に傾倒、岸駒に入門、呉春に私淑したオレ流絵師 東京ステーションギャラリー
2018.10.2-11.11 藝大コレクション展2018 是真作の明治宮殿千種之間天井画下図の修復完成お披露目 東京藝術大学大学美術館(東京)
2018.10.16-1.20 ルーベンス展―バロックの誕生 イタリアバロックとのかかわりに焦点を当てて紹介 国立西洋美術館(東京)
2018.10.2-12.9 マルセル・デュシャンと日本美術 フィラデルフィア美術館との交流企画特別展 東京国立博物館平成館(東京)
2018.10.27-1.20 ムンク展―共鳴する魂の叫び ムンク美術館所蔵テンペラ・油彩画の《叫び》は初来日 東京都美術館(東京)
2018.6.19-9.27 アジアにめざめたら 現代アート黎明期1960〜90年代に焦点を当てる 東京国立近代美術館(東京)
2018.8.7-10.8 東京150年 東京の始まりと150年の変化を写真や映像、地図から展観 江戸東京博物館(東京)
2018.9.11-10.14 北斎の橋 すみだの橋 北斎の橋で本来の意義インフラを越えた文化的側面を紹介 すみだ北斎美術館(東京)
2018.10.17-2.11 フィリップスコレクション展 アングル、ドラクロワ、マネ、ドガ、モネ、ピカソら75点 三菱一号館美術館(東京)
2018.9.15-10.28 仙厓礼讃 ほとんどを還暦過ぎの隠棲で生んだ「無法」の書画を通覧 出光美術館(東京)
2018.9.29-10.29 ジョルジュ・ルオー ルオーの画業の軸である聖なる芸術に焦点をあてる 汐留ミュージアム(東京)
2018.9.15-11.25 「仏像の姿」~微笑む・飾る・踊る~ 仏師の感性や仏像の顔・装飾・動きとポーズを切り口に 三井記念美術館(東京)
2018.9.26-12.17 ピエール・ボナール展 オルセー美術館の豊富なコレクションを中心に魅力に迫る 国立新美術館(東京)
2018.9.15-11.11 日本画の挑戦者たち 日本美術院創立120年記念した大観、春草、古径、御舟ら 山種美術館(東京)
2018.9.1-10.8 禅僧の交流 墨蹟と水墨画を楽しむ 禅僧の交流の中で生まれた墨蹟と水墨画の名品を紹介 根津美術館(東京)
201810.6-11.4 アール・デコと異境への眼差し 美術家たちが遠い地のどのような造形に注目したかを探る 東京都庭園美術館(東京)
2018.11.23-1.27 ロマンティック・ロシア トレチャコフ美術館蔵19C後半〜20C初頭の激動期ロシア Bunkamuraザ・ミュージアム(東京)
2018.9.1-10.28 没後160年記念 歌川広重 没後160年を記念して広重の画業の全貌を紹介する 太田記念美術館(東京)
2018.9.24-12.9 幕末の北方探検家 松浦武四郎展 「北海道の名付け親」の6度の蝦夷探査した地図や著書 静嘉堂美術館(東京)
2018.10.7-11.25 笠井誠一展 -形の世界- 楽器や日用品などの静物画で知られる画家の魅力に迫る 練馬区立美術館(東京)
2018.9.8-11.4 民家の画家 向井潤吉 人物交流記 向井のエッセイを手がかりに交流した人々の作品も紹介 世田谷美術館(東京)
2018.11.3-12.6 村上友晴展― ひかり、降りそそぐ 独自の世界を貫くその姿勢から生まれた静謐な絵画 目黒区美術館(東京)
2018.8.4 - 10.14 横山操展 ~アトリエより~ 三鷹市大沢のアトリエに遺された未陳未公開作品ほか 三鷹市美術ギャラリー(東京)
2018.9.15-11.25 アルヴァ・アアルト もうひとつの自然 20世紀フィンランドの建築家の世界とデザイン感覚 県立近代美術館 葉山(神奈川)
2018.10.13-12.16 駒井哲郎―煌めく紙上の宇宙 作品を縦糸、芸術家たちとの交流や影響関係を横糸に 横浜美術館(神奈川)
2018.9.30-3.30 美のスターたち 光琳・若冲・北斎・汝窯など名品が勢ぞろいする 岡田美術館(神奈川)
ロダン館やって□ 本館休館中につき、ロダン館のみ開館中 静岡県立美術館(静岡)
2018.7.21-10.14 プーシキン美術館展 珠玉のフランス絵画コレクションで知られる同館の作品 国立国際美術館(大阪)
2018.9.1-11.25 高麗青磁-ヒスイのきらめき 蔵品と国内の代表作約250件で高麗青磁の新たな魅力 大阪市立東洋陶磁美術館(大阪)
休館中 休館中 藤田美術館(大阪)
2018.10.6-11.4 土佐光吉 戦国を生き黄金時代の堺で活躍したやまと絵師に迫る 堺市博物館(大阪)
2018.10.27-11.12 第70回 正倉院展 聖武天皇ゆかりの平螺鈿背八角鏡らと麻の宝物を出品 奈良国立博物館(奈良)
2018.12.18-2.3 美麗を極める中国陶磁 近年まとまって寄贈された中国陶磁コレクションを紹介 京都国立博物館(京都)
2018.8.4-10.8 バウハウスへの応答 造形の手仕事の訓練と習得を日印でどう受容し展開したか 京都国立近代美術館(京都)
2018.10.2-25 華ひらく皇室文化 帝室技芸員の作品から明治宮廷文化の美と技を見せる 京都文化博物館(京都)
2018.9.1-10.8 京都の御大礼 平安以来の宮廷文化の精粋を町や人々との関わりから探る 細見美術館(京都)
2018.9.1-30 「立原寬玉」展 職人と自ら名乗り、躍動する筋肉を創出 京都清宗根付館(京都)
2018.6.13-10.24 プラド美術館展 ベラスケスと絵画の ベラスケスの作品7点ほか17世紀絵画の傑作61点を紹介 兵庫県立美術館(兵庫)
2018.8.31-11.30 横山大観 VS日本画の巨匠たち 川合玉堂、川端龍子らと同じ主題の作品を2点ひと組で展示 足立美術館(島根)
2018.9.8-11.25 丸木位里・俊 ―《原爆の図》をよむ 《原爆の図》の試みや思想を2人の画業の連続性で考察 広島市現代美術館(広島)
2018.10.2-10.28 浮世絵に見る幕末明治⑤小林清親 清親と弟子の井上安治の光線画による明治の東京風景 山口県立萩美術館・浦上記念館(山口)
2018.9.12-10.21 北斎と鍋島、そして 古美術商「不言堂」創設者坂本五郎寄贈の重文2重美4件含 九州国立博物館(福岡)
2018.9.20-12.15 横尾忠則とアジア’89 約1000冊の絵本と原画で子どもの感性の大切さを伝える 福岡アジア美術館(福岡)
2018.9.30-11.18 三人展-Forward Stroke 現代日本を代表する佐賀出身の池田学、葉山有樹、八谷和彦 佐賀県立美術館(佐賀)
2018.10.6-11.11 明和電機ナンセンスマシーン展 結成当初より開発してきた数々の製品を展示 長崎県美術館(長崎)
2018.9.28-10.21 日本モダンの精華 京都国立近代美術館所蔵の近現代日本美術の名品を紹介 大分県立美術館(大分)
2018.9.22-11.25 魔都の鼓動 上海現代アートシーン… 活発な文化芸術活動が行われている上海のキー作家13組 熊本市現代美術館(熊本)