Web美庵セレクション 全国美術館企画展情報 NEW!→国際展情報
月岡芳年《新撰東錦絵 鬼神於松四郎三郎を害す図》 (後期)
特別展 江戸の悪 PARTⅡ 落合芳幾《英名二十八衆句 佐野治郎左エ門》 (前期)
2018年6月2日[土] - 7月29日[日] ※前後期で全点展示替え(前期 6/2-27 後期 6/30-7/29) 10時30分〜17時30分(入館は17時まで) 休館/月曜、6/28・29(展示替えのため)、7/17 太田記念美術館 美術館公式サイト http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/  2015年に評判を呼んだ同名の展覧会が、展示点数も約220点に倍増し、パワーアップして帰ってきた。芳年、写楽、国芳、北斎、国貞ら、さまざまな浮世絵師たちが描いた「悪い人」たちが、太田記念美術館に大集合する!! 石川五右衛門などの大盗賊、雁金五人男などの侠客、斧定九郎などの浪人、悪僧や悪の妖術使いなど、江戸時代にはまっとうな道からはずれたアウトローや悪人たちが人気となり、さまざまな脚色がほどこされて芝居や小説などに登場。 また、元禄赤穂事件で四十七士に倒された吉良上野介(『仮名手本忠臣蔵』では高師直)、平家の全盛を築いた平清盛など、悪のイメージで捉えられた権力者たちや、歌舞伎に登場する女盗賊や、盗みやゆすりを働く年増の女性役である「悪婆」、有名な男伊達(侠客)の設定を女性に置き換えた女伊達などの役柄も人気を呼んだ。 「恋と悪」のコーナーでは、歌舞伎で好まれた、現代の昼ドラも顔負けのどろどろとした恋愛模様を紹介。名作『東海道四谷怪談』では民谷伊右衛門とお岩を中心に、屈折した恋愛感情の中で数々の悪事が行われる。“清玄桜姫物”の芝居に登場する、死してなお桜姫に執着し続ける破戒僧・清玄は、元祖ストーカー。 「善と悪のはざま」では、曖昧な善悪の境界を考える。芝居『伊勢音頭恋寝刃』の福岡貢のように、善人がひどい侮辱を受け、とうとう我慢できずに多くの人を殺傷したり、『義経千本桜』のいがみの権太のように、小悪党が最後に善行をして死んでいくという物語もある。善と悪を行き来する筋立ては非常に魅力的であり、当時の人たちの心を掴んだ。 今回は「悪」をテーマにした展覧会を、都内各施設で一斉開催する「多分野連携展示」(お得な相互割引も実施)も画期的。 人は何故「悪」に惹きつけられるのか。その深くも濃密なテーマを、多角度から検証する壮大な機会が実現する。
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
歌川国貞(三代豊国)《東都贔屓競 二 清玄 桜姫》 (前期)
月岡芳年《東錦浮世稿談 神田伯勇 幡随院長兵衛》 (後期)
岡本神草《口紅》 大正7年(1918) 京都市立芸術大学芸術資料館蔵 岡本神草の時代展 2018年5月30日 [水]ー7月8日[日] 会期中、一部展示替えがあります(前期:5月30日~6月17日 後期:6月19日~7月8日) 10時〜18時(金・土曜日は20時まで) ※入場受付は閉館の30分前まで 休館/6/4[月]、6/18[月]、7/2[月]
千葉市美術館 公式サイト http://www.ccma-net.jp
岡本神草《拳を打てる三人の舞妓の習作》 大正9年(1920) 京都国立近代美術館蔵
 大正時代の京都で多感な青春時代を過ごし、38歳で散った岡本神草。 寡作の上に完成作が少ない彼の作品中で、《口紅》は、当時の京都画壇においても、また現代においても色褪せない神話的魅力を放ち続けている。 明治27(1894)年、神戸市に生まれた神草(本名・敏郎)は、大正4年に京都市立美術工芸学校絵画科を卒業後、京都市立絵画専門学校に進学。最初は当時広く流行していた新南画風の作品を描いていたが、大正5年頃から生涯のモティーフとなった舞妓を竹久夢二風に描くようになる。その世界は浮世絵の影響を受けてしだいに濃厚な官能性を帯びるようになり、大正7年の第1回国画創作協会展(国展)に入選した《口紅》によって一気に開花し、新興美人画作家として注目を集めた。 大正9年、第3回国展に出品した《拳を打てる三人の舞妓の習作》では官能性の先にある神秘的な存在感を追究し、将来を期待されるようになる。その後菊池契月に師事し、新たな展開を模索するなか、昭和8(1933)年に38歳の若さで急逝した。 今回は《口紅》、《拳を打てる三人の舞妓の習作》等のこれまでに知られている作品はもちろん、数少ない完成作を可能な限り集め、素描・下図・資料類114点の他に、甲斐庄楠音などともに競い合った仲間や師の契月などの作品も展示する。 本展覧会は昨秋京都国立近代美術館で開催され、大きな反響を呼んだ。東日本で唯一本展を開催する千葉市美術館は、巡回の最終会場となる。ある種、通好みの展覧会とも言えるが、内容は極めて濃密で、下絵や素描をも皮膚感覚で味わえる抜群の面白さ。着物割引もあり、関連イベントも充実。開催期間37日間の、このレアな機会を見逃すべからず!! 
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
甲斐庄楠音《横櫛》 大正5年(1916)頃 京都国立近代美術館蔵
堆黒屈輪文合子 1合 木胎漆塗 中国・元時代 14世紀 根津美術館蔵 永田牧子氏寄贈
重要文化財 春日山蒔絵硯箱 1合 木胎漆塗 日本・室町時代 15世紀 根津美術館蔵
楼閣人物文箱 1合 木胎螺鈿 朝鮮・高麗時代 12-13世紀 根津美術館蔵
存星果実宝文長方盒子 1合 木胎漆塗 中国・清時代 18世紀 根津美術館蔵
はじめての古美術鑑賞 漆の装飾と技法 2018年5月24日[木]- 7月8日[日] 10時〜17時 ※入館は16時30分まで 休館/月曜日 根津美術館 公式サイト http://www.nezu-muse.or.jp しっき
 日本を代表する工芸品として、世界に知られる漆器。 これはそんな漆器の日本や中国、朝鮮半島での歴史や装飾、技法などをわかりやすく解説する、漆を改めて学びたい人から漆ビギナーにも嬉しい展覧会。 塗料としての漆は古代よりすでに日本人の生活の道具に使われていたが、奈良時代に中国から美しい装飾を加えた漆器が紹介されると、我が国でも金彩を施した蒔絵の装飾が始まることになる。 日本では中世以来、中国や朝鮮半島の漆器を「唐物漆器」と称して特に大切にしてきた伝統がある。 《羅鈿楼閣人物文箱》の螺鈿、《堆黒屈輪文合子》の彫漆、《存星果実宝文長方盒子》の存星など、様々な技法で作られた漆器は日本にしか残っていないものもあり、非常に貴重。 根津美術館所蔵の名品に酔いしれつつ、鑑賞ポイントを学び、日本に伝わる漆器の伝統を身近に感じことができる絶好の機会となる。 まきえ からもの ら でん ちょうしつ ぞんせい
画文集『揺籃』表紙 明治36(1903)年 千代田区教育委員会蔵
『婦人グラフ』第3巻第5号表紙 大正15(1926)年 千代田区教育委員会蔵
千代田区×東京ステーションギャラリー 夢二繚乱 2018年5月19日[土]- 7月1日[日] 10時〜18時 ※金曜日は20:00まで開館 ※入館は閉館の30分前まで 休館/月曜日(ただし6月25日をのぞく) 東京ステーションギャラリー 公式サイト http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
 これまでとは一味違う、初公開を含め興味深い作品が盛り沢山の「夢二展」。 それもそのはず、夢二の作品をコレクションし画集を出版していた出版社の龍星閣から、千代田区に1200点!を超える膨大な夢二コレクションが寄贈されたことを記念して開催される展覧会なのだ。 本展は4章構成。第1章「夢二のはじまり」では夢二の若き日々を検証。夢二が早稲田実業学校に在学中に制作した肉筆の画文集『揺籃(ようらん)』が初公開される。第2章「可愛いもの、美しいもの」では、夢二の本領たる出版や印刷・版画などを中心にした画業を紹介。第3章「目で見る音楽」では、数多くの楽譜の表紙を描いた夢二の、様々なジャンルの要素を取り入れたデザインによる表現を紹介。第4章「出帆」では、夢二の自伝小説『出帆』に描かれた134点の挿絵全点を一堂に初公開、夢二の生涯をたどっていく。 過去最大級の500点を超える展示品によって、夢二の多彩で未知の活動を含めた全貌が紹介される本展は、夢二ファンにとってもビギナーにとっても空前絶後の体験となることだろう。
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
《港屋絵草紙店》 大正3(1914)年 千代田区教育委員会蔵
セノオ楽譜《雲雀》原画 大正13(1924)年 千代田区教育委員会蔵
《大椿》 大正3-5(1914-16)年 千代田区教育委員会蔵
『出帆』原画 昭和2(1927)年 千代田区教育委員会蔵
デイヴィッド・ホックニー《23, 4歳のふたりの男子》 C.P. カヴァフィスの14編の詩のための挿絵より 1966年 エッチング、アクアチント/紙34.5×22.3cm Tate: Purchased 1992 ⓒ David Hockney
オーギュスト・ロダン《接吻》(部分) 1901-4年 ペンテリコン大理石 182.2×121.9×153.0cm Purchased with assistance from the ArtFund and public contributions 1953 image© Tate, London 2017
ヌード NUDE ー英国テート・コレクションより 2018年3月24日[土]- 6月24日[日] 10時〜18時 ※入館は17時30分まで ※5月11日[金]、6月8日[金]は20時30分まで (入館は20時まで) 休館/木曜日(ただし5月7日[月]は開館) 横浜美術館 展覧会公式サイト https://artexhibition.jp/nude2018/
 ヌードは西洋の芸術家たちが絶えず向き合ってきた永遠のテーマ。美の象徴として、愛の表現として、また内面を映しだす表象として、ヌードはいつの時代においても永遠のテーマとしてあり続け、ときに批判や論争の対象にもなってきた。本展では、前例の少ないこの難しいテーマに意欲的に取り組み、英国テートの所蔵作品により、19世紀後半のヴィクトリア朝から現代までの絵画、彫刻、版画、写真など作品約134点が出品される。 フレデリック・レイトンが神話を題材として描いた理想化された裸体から、ボナールらの室内の親密なヌード、男女の愛を永遠にとどめたロダンの大理石彫刻《接吻》(日本初公開)やシュルレアリスムの裸体表現、人間の真実に肉迫するフランシス・ベーコン、さらにはバークレー・L・ヘンドリックスやシンディ・シャーマンなど、現代における身体の解釈をとおして、ヌードをめぐる表現がいかに時代とともに変化し、また芸術表現としてどのような意味をもちうるのか、それぞれの時代を代表する芸術家たちのヌードの歴史を辿る。 2016年のオーストラリアを皮切りに、ニュージーランド、韓国へと国際巡回した本展。待望の日本上陸となる。
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
ピエール・ボナール《浴室》 1925年 油彩/カンヴァス 86×120.6cm Tate: Presented by Lord Ivor SpencerChurchill through the Contemporary ArtSociety 1930 image ©Tate, London 2017
バークレー・L・ヘンドリックス《ファミリー・ジュールス:NNN(No Naked Niggahs[裸の黒人は存在しない])》 1974年 油彩/麻布 168.1×183.2cm Tate:Lent by the American Fund for theTate Gallery, courtesy of the NorthAmerican Acquisitions Committee 2011image © Tate, London 2017 ©Estate ofBarkley L. Hendricks. Courtesy of JackShainman Gallery, New York
そのほかのおすすめ企画展
会期 展覧会名 内容 会場
2018.6.23-7.16 陶・創造者たち―北の大地と共に― 北海道陶芸会(HPS)の創立50年の回顧展 札幌芸術の森美術館(北海道)
2018.5.18-7.8 絵画の絆「フランスと日本」展 ひろしま美術館の仏印象派、日本近代洋画・日本画を紹介 青森県立美術館(青森)
2018.4.7-7.8 夜と美術 夜の風景、夜の祭や人の暮らしなど、夜の造形を展示 秋田県立美術館(秋田)
2018.4.22 - 7.8 スズキコージ・ヤッホーホイホー展 奇才の天衣無縫なライブペインティングによる大型絵画 秋田県立近代美術館(秋田)
2018.4.14 - 6.17 フランス近代絵画と珠玉のラリック ユニマット創業者コレクション19-20C仏美術等約100点 岩手県立美術館(岩手)
2018.6.16-9.30 ディズニー・アート展 ミッキーマウス誕生〜『モアナと伝説の海』までの原画 宮城県美術館(宮城)
2018.6.12-6.30 福島禎蔵が愛し遺したコレクション 第3期 「花鳥風月~美術の中の自然」をテーマに展示 福島美術館(宮城)
2018.4.28-6.24 ポーラ美術館コレクション ルノワールの《レースの帽子の少女》ほか、モネ、ピカソ 福島県立美術館(福島)
2018.5.19-6.24 ターニングポイント! 美術家の人生の転機の作品とともに創作の推移をたどる 新潟県立万代島美術館(新潟)
2018.5.26-7.1 白寿 江口草玄のすべて 白寿を迎える書家の“ことばの姿”としての足跡をたどる 新潟県立近代美術館(新潟)
2018.6.9-7.29 高野山金剛峯寺襖絵完成記念 千住博展 襖絵と床の間から障壁画44面を国内外で初公開 富山県美術館(富山)
2018.5.25-7.8 名都美術館名品展 恋する日本画 林軍一コレクションから美人画と近代日本画壇の巨匠を 富山県水墨美術館(富山)
2018.4.28-9.3 扇田克也展 柔らかな光を湛えるガラス作品を生み出す作家の個展 富山市ガラス美術館(富山)
2018.5.24-6.17 前田家 武の装いⅠ 五代藩主・前田綱紀《笠形模楯無甲冑》などに注目 石川県立美術館(石川)
2018.4.28-8.19 アイ・チョー・クリスティン展 インドネシアで活躍する現代アーティストの霊性と寓意 金沢21世紀美術館(石川)
2018.4.22-7.2 まなざしの洋画史 茨城県近美と本館所蔵のリニューアルオープン洋画名品展 栃木県立美術館(栃木)
2018.5.25-7.8 水戸の風2018 水戸美術家連盟に所属する29作家の大作を紹介 水戸芸術館(茨城)
2018.7.6-9.3 昭和の肖像 写真でたどる「昭和」 横浜美術館の写真で前橋と横浜を結ぶ生糸の道を見せる アーツ前橋(群馬)
2018.4.28-6.24 アート遊覧紀行 200点を超える「人」「動物」「自然」の作品を紹介 群馬県立館林美術館(群馬)
2018.4.14-8.26 ブリジット・ライリー 幾何学パターンで錯視効果を生む抽象絵画で人気を博した DIC川村記念美術館(千葉)
2018.5.30-7.8 岡本神草の時代展 濃厚な官能性を帯びた美人画を甲斐庄楠音や契月らと展示 千葉市美術館(千葉)
2018.7.10-9.17 ニッポンおみやげ博物誌 日本国内のお土産品を博物学的な視点で展示 国立歴史民俗博物館(千葉)
2018.5.24-11.18 SPARKーあの時君は若かったー インスパイアされたり写実へ進むきっかけになった作品 ホキ美術館(千葉)
2018.5.19-7.1 夢路繚乱 千代田区に寄贈された龍星閣澤田伊四郎収集品を中心に 東京ステーションギャラリー
2018.5.26-7.16 NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」 風貌を最も伝える肖像画や篤姫所有の調度品など初公開 東京藝術大学大学美術館(東京)
2018.6.19-9.24 ミケランジェロと理想の身体 《ダヴィデ=アポロ》《若き洗礼者ヨハネ》を核に 国立西洋美術館(東京)
2018.7.3-9.2 縄文―1万年の美の鼓動 日本列島の多様な地域で育まれた優品を一堂に集める 東京国立博物館平成館(東京)
2018.4.14 - 7.8 プーシキン美術館展 初来日のモネ《草上の昼食》他フランス近代風景画を紹介 東京都美術館(東京)
2018.6.19-9.27 ゴードン・マッタ=クラーク展 アート、建築、ストリートカルチャー、食の先駆者初回顧 東京国立近代美術館(東京)
2018.6.2-7.22 発掘された日本列島2018 新発見考古速報と、「装飾古墳を発掘する」特集 江戸東京博物館(東京)
2018.6.26-8.26 ますむらひろしの北斎展 漫画「アタゴオル」シリーズが北斎とコラボ すみだ北斎美術館(東京)
2018.6.28-9.17 ショーメ 時空を超える宝飾芸術 約240年のショーメの伝統と歴史を見る日本初の展覧会 三菱一号館美術館(東京)
2018.6.16-7.22 人麿影供900年 歌仙と古筆 「歌仙絵」の筆頭柿本人麿像を重文を交え紹介 出光美術館(東京)
2018.4.28-6.24 ジョルジュ・ブラック展 「メタモルフォーシス」を日本で初めて本格的に紹介 汐留ミュージアム(東京)
2018.4.21-6.17 大名茶人・松平不昧 不昧愛蔵の名品、自筆の書画や好んで作らせた器など紹介 三井記念美術館(東京)
2018.5.30-9.3 ルーヴル美術館展 肖像をテーマに巨匠ヴェロネーゼの傑作《女性の肖像》など 国立新美術館(東京)
2018.5.12-7.8 琳派 俵屋宗達から田中一光へ 琳派はもちろん御舟や田中一光らの琳派インスパイアも 山種美術館(東京)
2018.5.24-7.8 漆の装飾と技法 日本・中国・朝鮮の漆器の歴史や装飾、技法を解説 根津美術館(東京)
2018.3.21 - 6.12 建物公開 旧朝香宮邸物語 建物に纏わる昔年の記憶を手繰り旧朝香邸の魅力に迫る 東京都庭園美術館(東京)
2018.4.28-6.25 くまのパディントン展 ペギー・フォートナムの挿絵でイギリスの生活文化を辿る Bunkamuraザ・ミュージアム(東京)
2018.6.2-7.29 江戸の悪PART II 盗賊・侠客・悪女・ストーカーから悪の妖術使いまで 太田記念美術館(東京)
2018.4.24-6.17 酒器の美に酔う 中国・朝鮮・日本の豊かな酒器と酒をめぐる美術を紹介 静嘉堂美術館(東京)
2018.4.26 - 6.17 戦後美術の現在形 池田龍雄展 90歳を目前に控えた今も歩み続ける思考する苦闘の足跡 練馬区立美術館(東京)
2018.4.14-6.17 人間・髙山辰雄展 宇宙視野で人間の神秘や生と死の矛盾を描いた日本画家 世田谷美術館(東京)
2018.7.14-9.6 フィンランド陶芸 日本にも影響を与えた既成概念にとらわれない豊かな表現 目黒区美術館(東京)
2018.8.4 - 10.14 横山操展 ~アトリエより~ 三鷹市大沢のアトリエに遺された未陳未公開作品ほか 三鷹市美術ギャラリー(東京)
2018.6.23-9.2 国立民族学博物館コレクション 貝の道 34万点をこえる資料から古来よりの貝細工約160点を紹介 県立近代美術館 葉山(神奈川)
2018.3.24-6.24 ヌード NUDE 英国テート所蔵のロダンの大理石彫刻《接吻》などを展示 横浜美術館(神奈川)
2018.4.6-9.24 田中一村の絵画 生誕110周年を記念し本館収蔵の一村の作品5点を初公開 岡田美術館(神奈川)
2018.3.1-6.30 ロダン館やって□ 彫刻のある公園を散歩するように気ままに歩ける彫刻館 静岡県立美術館(静岡)
2018.5.26-7.1 視覚芸術百態 館蔵品を19のテーマに分けて196の作品を紹介 国立国際美術館(大阪)
2018.4.7-7.16 セーヴル、創造の300年 フランス宮廷に育まれた300年に及ぶ活動を紹介 大阪市立東洋陶磁美術館(大阪)
休館中 休館中 藤田美術館(大阪)
2018.6.2-7.8 堺県とその時代 明治10年の天皇巡幸や慶応4年2月15日の堺事件など 堺市博物館(大阪)
2018.7.14-8.26 糸のみほとけ 綴織當麻曼荼羅の修理完成を記念し、国宝3点を一堂に 奈良国立博物館(奈良)
2018.7.21-9.2 謎とき美術!最初の一歩 京都の街でよく見かける、あの生き物や植物の謎解き 京都国立博物館(京都)
2018.6.8-7.22 生誕150年 横山大観展 総点数92点で制作の過程から彼の芸術の本質を改めて探る 京都国立近代美術館(京都)
2018.6.1-6.30 「宮崎輝生」展 芝山象嵌・蒔絵・螺鈿などの伝統技と、題材の美しさ 京都清宗根付館(京都)
2018.6.13-10.24 プラド美術館展 ベラスケスと絵画の ベラスケスの作品7点ほか17世紀絵画の傑作61点を紹介 兵庫県立美術館(兵庫)
2018.6.1-8.30 榊原紫峰と国展の仲間たち 国画100年を記念し、麦僊、紫峰、華岳、竹喬らを展示 足立美術館(島根)
2018.2.24-6.17 オノ・ヨーコ《マイ・マミー・イズ 来場者が母への思いを壁に書いたり紙に書いて貼る参加型 広島市現代美術館(広島)
2018.6.5-7.8 浮世絵に見る幕末明治②明治の内乱 明治新政府の東京奠都、旧士族反乱を平定する激動の時代 山口県立萩美術館・浦上記念館(山口)
2018.5.19-7.16 至上の印象派展 ビュールレ・コレ ルノワールの《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢》など 九州国立博物館(福岡)
2018.7.19-8.19 おいでよ!絵本ミュージアム2018 約1000冊の絵本と原画で子どもの感性の大切さを伝える 福岡アジア美術館(福岡)
2018.6.1-7.13 医とくすりへの志 維新に漢方から西洋医学へ移行に携わった先人の偉業 佐賀県立美術館(佐賀)
2018.6.3-7.8 戦没画学生慰霊美術館 無言館 祈りの絵 志半ばで戦争に命を奪われた画学生たちの絵画を一堂に 長崎県美術館(長崎)
2018.6.8-7.30 内なるものを見つめて 心に癒しをもたらす美術の魅力を紹介 大分県立美術館(大分)
2018.4.28-6.17 チェルフィッチュの〈映像演劇〉 演劇作家岡田利規が境界をテーマに作る〈映像演劇〉6本 熊本市現代美術館(熊本)