Web美庵セレクション 全国美術館企画展情報 NEW!→ART NEWS NEW!→→国際展情報
EXHIBITION IN MUSEUM
アルフォンス・ミュシャ ポスター《煙草巻紙 ジョブ》 1898年 三浦コレクション、川崎市市民ミュージアム蔵
エミール・オルリク《築地第一ホテルの前の人力車》 1900/1901年 パトリック・シモン・コレクション、プラハ
中澤弘光《絵葉書「美人と感覚」表情六態 二、嗅(女学生)》 1905年 三重県立美術館蔵
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今年予定の展覧会3件」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
エミール・オルリク《ポトロフスキー手袋店》 1897年 宇都宮美術館蔵 ミュシャと日本、 日本とオルリク 2019年9月7日 [土]ー10月20日[日] 10時〜18時(金・土曜日は20時まで) ※入場受付は閉館の30分前まで 休館/9/30[火]、10/7[火] 同時開催/新収蔵作品展 「蕭白と鉄斎、一村と魁夷−収集をめぐるいとなみ」 千葉市美術館 公式サイト http://www.ccma-net.jp
 アルフォンス・ミュシャ(Alfons Mucha 1860–1939)とエミール・オルリク(Emil Orlik 1870 –1932)というチェコ出身のふたりのアーティストに光をあて、ジャポニスム(日本趣味)の時代に出発した彼らの作品と、彼らから影響を受けた日本の作家たち、さらにはオルリクに木版画を学んだドイツ語圏の作家たちを取りあげ、グラフィックを舞台に展開した東西の影響関係を観察しようとする展覧会。 ミュシャは、ジャポニスムに湧くパリで、女優サラ・ベルナールを描いた《ジスモンダ》に始まる一連のポスターで名を馳せた。その評判はすぐに日本に伝わり、ミュシャの女性像やデザインは、日本画家の藤島武二や中沢弘光らに絶大な影響を与えた。 一方のオルリクは、ベルリンやウィーンでジャポニスムの潮流に触れて日本への憧れを募らせ、1900年に来日。浮世絵版画の彫りや摺りを学び、帰国してからは多くの後進を育てた。 本展では、ミュシャとオルリクに加え、背景としてのチェコのジャポニスムを紹介するほか、ウィーン分離派の周辺作家やヴォイチェフ・プライシグ、タヴィーク=フランティシェク・シモン、ヴァルター・クレム、カール・ティーマンらの作品、さらにミュシャに大きな影響を受けた日本の雑誌『明星』や『方寸』周辺の作品などを展示し、グラフィックならではの、即時的で双方向な東西の芸術交流のさまを検証する。 チェコと日本の近代版画との関係性に注目した視点が光る展示で、なかなか日本では紹介されなかったチェコ周辺の画家たちとの出会いもまた嬉しく貴重な機会。会期中大幅な展示替えがあり、圧巻の点数が堪能できる。ぜひとも足を運ばれたい。
2019年9月14日 [土]ー12月1日[日] 10時〜17時 ※入館は16時30分まで 休館/月曜日、9/17[火]、9/24[火]、10/15[火]、11/5[火] ただし、9/16[月・祝]、9/23[月・祝]、10/14[月・祝]、 11/4[月・振休]は開館 三井記念美術館
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
公式サイト http://www.mitsui-museum.jp/index.html
 朝鮮半島から伝わり、一世を風靡した高麗茶碗。その名碗の数々を一堂にする待望の展覧会。 茶の湯の茶碗は、産地によって唐物茶碗、高麗茶碗、和物茶碗などと呼び分けられている。唐物茶碗は中国、高麗茶碗は朝鮮半島、和物茶碗は日本で焼かれた茶碗。 日本に中国から喫茶法が伝わって以来、喫茶の茶碗は長く唐物に頼っていたが、室町時代末期、日本独特な侘びの茶風が広がるとともに新しく見いだされたのが高麗茶碗である。高麗茶碗という名称が記録に初見されるのは、天文6年(1537)のことだが、わずか50年後、侘茶が大成された天正年間(1573~1591)には唐物茶碗に替わって高麗茶碗が大いに流行。和物茶碗とともに茶の湯の茶碗の主流となった。 高麗茶碗と呼ばれてはいるが、この種の茶碗が焼かれたのは高麗時代ではなく、朝鮮時代。今日に伝わる高麗茶碗の数は和物茶碗におとらない。そうした高麗茶碗を三種類に大別すると、時代を追って次のようになる。 ①朝鮮半島各地の窯で日常品として焼かれた器が茶の湯のために見立てられた茶碗。多くは16世紀に焼かれた茶碗類。 ②16世紀末から17世紀初めごろ、日本向けに焼かれたと思われる茶の湯の茶碗。 ③17世紀から18世紀中頃まで、対馬藩の贈答品として釜山の倭館内で焼かれたもの。「御本」の名称で親しまれている。 高麗茶碗は時代によって、あるいは焼かれた経緯によって作行きは多様だが、一貫して和物茶碗とは異なる特質をそなえている。素朴さと大らかさだ。 《大井戸茶碗 上林井戸》 16世紀 三井記念美術館蔵 《彫三島茶碗》 16〜17世紀 三井記念美術館蔵 重要文化財《粉引茶碗 三好粉引》 16世紀 三井記念美術館蔵 《御所丸茶碗》 16〜17世紀 三井記念美術館蔵 特別展 茶の湯の名碗「高麗茶碗」
 本展では高麗茶碗の全体像とそれぞれの魅力を紹介する。三井家ゆかりの品々のほか、個人蔵の貴重な茶碗も加えて高麗茶碗の魅力に迫る。
生誕250年記念 歌川豊国 —写楽を超えた男 2019年9月3日[火]ー 29日[日] ※9月16日より一部の作品を入れ替えます。 10時30分〜17時30分(入館は17時まで) 休館/9/9[月]、9/17[火]、9/24[火] 太田記念美術館 美術館公式サイト http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/  2019年の今年は、初代歌川豊国(1769〜1825年)の生誕250年にあたる。 豊国は、歌川派の開祖豊春に入門、寛政時代(1789~1801年)に東洲斎写楽(とうしゅうさい しゃらく)や勝川春英(かつかわ しゅんえい)らと役者絵の分野で競い合った浮世絵師。その透明感のある爽やかな画風は、「あまりに真を描かんとて」と当時評された写楽を退け、役者絵の世界を席巻した。 また美人画においても、人気絵師である喜多川歌麿に挑み、歌麿描く艷やかな女性とは異なる、健康的で柔らかな雰囲気の女性を描いて人気となった。そして読本や合巻(ごうかん)といった版本挿絵の世界では、葛飾北斎とも人気の上で互角に渡り合い、精力的に作品を生み出している。 こうしてさまざまなジャンルの第一線で作品を描き続けた豊国のもとには、才能あふれる若い絵師たちが集まり、幕末に歌川派が浮世絵の最大流派となる礎となった。豊国は近年人気の高い国芳、国貞の師としても知られ、浮世絵史上でも重要な意味を持つ絵師とだが、これまでその画業全体を紹介する展覧会はほとんど行われてこなかった。 本展では、役者絵から、美人画、版本挿絵、戯画まで、豊国の作品を幅広く紹介する。その魅力に迫る貴重な機会となるだろう。 歌川豊国「三代目市川高麗蔵の佐々木巌流」 太田記念美術館蔵 歌川豊国「猫の介科(みぶり)」 個人蔵 歌川豊国「夜舟の宗十郎」 太田記念美術館蔵 歌川豊国『絵本時世粧』 太田記念美術館蔵 式亭三馬作/歌川豊国・国貞画『阿古義物語』巻之三 個人蔵
秋の歌川派フェスタ −豊国から国芳、芳年へ 太田記念美術館では、続く2019年10月に「歌川国芳 −父の画業と娘たち」、11、12月に「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち −悳俊彦コレクション」という展覧会を開催予定。10月には豊国の重要な弟子である歌川国芳、また11、12月には、国芳の弟子である芳年や、その門人たちの作品が多数登場する。9月の「歌川豊国」から、歌川派の中の、特に国芳系の流れが体感できるような構成となっている。ぜひ3つの展覧会を続けて楽しもう。なお、3か月の展示をすべて鑑賞した人には、記念品のプレゼントが予定されている。
協力:独立行政法人 日本芸術文化振興会(国立劇場)
重要文化財「松に孔雀図」(全16面のうち4面) 円山応挙 寛政7年(1795)、兵庫・大乗寺蔵、東京展のみ・通期展示
重要文化財「写生図巻」乙巻(部分) 円山応挙 明和7年~安永元年(1770~72)、株式会社 千總蔵、東京展:前期展示、京都展:前期展示
2019年8月3日[土]ー 9月29日[日] 10時〜17時 ※入館は閉館の30分前まで 休館/月曜日(祝日又は振替休日の場合は開館、翌日休館) ※前期(〜9/1[日])と後期(9/3[火]〜)で大展示替えあり ※ただし大乗寺襖絵は通期展示 東京藝術大学大学美術館 展覧会公式サイト https://okyokindai2019.exhibit.jp  18世紀、様々な流派が百花繚乱のごとく咲き乱れる京都に彗星のごとく現れ、“写生画”で一世を風靡し円山派を確立した円山応挙。一方、与謝蕪村に学び応挙にも師事した呉春によって四条派が興り、この二派は円山・四条派としてその後の京都画壇の主流となり、近代にいたるまで京都画壇に大きな影響を及ぼすこととなる。その応挙と円山・四条派の系譜をたどる展覧会が、東京(東京藝術大学大学美術館)と京都(京都国立近代美術館)で開催される。 本展では、応挙、呉春を起点として、長沢芦雪、渡辺南岳、岸駒、岸竹堂、幸野楳嶺、塩川文麟、森徹山、菊池芳文、竹内栖鳳、山元春挙、上村松園ら近世から近代へと引き継がれた画家たちの系譜を、一挙にたどる。また、自然、人物、動物といったテーマを設定することで、表現の特徴を丁寧に追う。 東京では約10年ぶりとなる応挙最晩年の最高傑作大乗寺襖絵の展示や、応挙が新生面を拓いた美人画、他にも東京展、京都展、併せて重要文化財12件、合計約120件の名品が一挙紹介されるのも、大きなみどころ。 日本美術史のなかで重要な位置を占める円山 ・四条派の系譜が、いかに近代日本画へと継承されたのか。これまでにない最大規模でその全貌に迫る、圧巻の展覧会。
「山中採薬図」 呉春 公益財団法人阪急文化財団 逸翁美術館蔵 東京展:前期展示、京都展:後期展示
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
「楚蓮香之図」 上村松園 大正13年頃(c.1924)、京都国立近代美術館蔵 東京展:後期展示、京都展:後期展示 円山応挙から近代京都画壇へ
【東京展】 東京藝術大学大学美術館 前期:8月3日[土]~9月1日[日] 後期:9月3日[火]~9月29日[日] 【京都展】 京都国立近代美術館 前期:11月2日[土]~11月24日[日] 後期:11月26日[火]~12月15日[日]
公式サイト http://www.ejrcf.or.jp/gallery/ 2018年5月19日[土]- 7月1日[日] 10時〜18時 ※金曜日は20:00まで開館 ※入館は閉館の30分前まで 休館/月曜日(ただし6月25日をのぞく) 《大椿》 大正3-5(1914-16)年 千代田区教育委員会蔵
高畑勲展 ─日本のアニメーションに遺したもの 2019年7月2日[火]- 10月6日[日] 10時〜17時 ※金曜・土曜は10-21時 ※入場は閉館の30分前まで 休館/月曜(7/15、8/12、9/16、9/23は開館)、 7/16[火]、8/13[火]、9/17[火]、9/24[火] 東京国立近代美術館 1F 企画展ギャラリー 企画展特設サイト https://takahata-ten.jp  2018年4月に世を去った今も、多大な功績が語られ続けるアニメーション監督・高畑勲。その活動を総覧する展覧会が開催される。 1935年に三重県に生まれ、59年に東京大学仏文科を卒業。東映動画(現・東映アニメーション)に入社すると、初の長編演出(監督)となった『太陽の王子 ホルスの大冒険』(1968年)で、悪魔と闘う人々の団結という困難な主題に挑戦。その後は次々にアニメーションにおける新しい表現を開拓していく。 その後、東映動画を去った70年代には、『アルプスの少女ハイジ』(1974年)、『赤毛のアン』(1979年)などのTV名作シリーズで、日常生活を丹念に描き出す手法を通して、冒険ファンタジーとは異なる豊かな人間ドラマの形を完成させる。 80年代に入ると作品の舞台を日本に移し、『じゃりン子チエ』(1981年)、『セロ弾きのゴーシュ』(1982年)、85年にはスタジオジブリの設立に参画し、『火垂るの墓』(1988)、『おもひでぽろぽろ』(1991)など、日本の風土や庶民生活のリアリティを表現するとともに、日本人の戦中・戦後の歴史を再考するようなスケールの大きな作品を制作。 遺作となった『かぐや姫の物語』(2013年)では、デジタル技術を駆使して手描きの線を活かした水彩画風の描法に挑み、従来のセル様式とは一線を画した表現上の革新を達成した。 このように常に今日的なテーマを模索し、それにふさわしい新しい表現方法を徹底して追求した革新者・高畑の創造の軌跡は、戦後の日本のアニメーションの礎を築くとともに、他の制作者にも大きな影響を与えた。 本展では、絵を描かない高畑の「演出」というポイントに注目し、未発表の制作ノートや絵コンテなど多数の未公開資料も紹介つつ、他のクリエーターたちとの交流や共同制作の過程を明らかにし、その多面的な作品世界の秘密に迫る。
「平成狸合戦ぽんぽこ」イメージボード イメージボード:制作準備段階で描かれる作品イメージ を共有、検討するための絵 ©1994 畑事務所・Studio Ghibli・NH
「アルプスの少女ハイジ」 オープニング原画(作画監督修正) (部分) ©ZUIYO 「アルプスの少女ハイジ」 公式ホームページ http://www.heidi.ne.jp/
「アルプスの少女ハイジ」セル付き背景画 ©ZUIYO 「アルプスの少女ハイジ」 公式ホームページ http://www.heidi.ne.jp/
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールでご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお当選は発送をもって代えさせていただきます。
「アルプスの少女ハイジ」絵コンテ(部分) 絵コンテ:アニメーショ全体の設計図 ©ZUIYO 「アルプスの少女ハイジ」 公式ホームページ http://www.heidi.ne.jp/
 2015年の第56回ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館での、空間を埋め尽くす赤い糸、そこに結ばれた無数の鍵、2艘の舟で構成された《掌の鍵》の鮮烈な記憶が脳裏に焼き付いている人も多いであろう、塩田千春の過去最大規模の個展が森美術館で開催される。 ベルリンを拠点にグローバルな活躍をする彼女は、記憶、不安、夢、沈黙など、かたちの無いものを表現したパフォーマンスやインスタレーションで知られている。しばしば個人的な体験を出発点にしながらも、その作品はアイデンティティ、境界、存在といった普遍的な概念を問うことで世界の幅広い人々を惹きつけてきた。 本展副題の「魂がふるえる」には、言葉にならない感情によって震えている心の動きを、他者にも伝えたいという作家の思いが込められている。糸を空間に張り巡らせたダイナミックなインスタレーションはいまや彼女の代名詞ともいえるが、本展では、移動や船を連想させる船やトランク、沈黙を示唆する焼けたピアノなどが組み合わされた《不確かな旅》《静けさの中で》など大型作品点を中心に、立体作品、パフォーマンス映像、写真、ドローイング、2011年初演のオペラ『松風』(2018、新国立劇場ほか)をはじめとする舞台美術の関連資料などを加え、25年にわたる活動を網羅的に体験できる初めての機会となる。「不在のなかの存在」を一貫して追究してきた塩田の集大成となる本展を通して、生きることの意味や人生の旅路、魂の機微を実感することができるだろう。 森美術館 公式サイト www.mori.art.museum 2019年6月20日[木]- 10月27日[日] 10時〜22時(最終入館21時30分)
※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30) ※ただし10⽉22⽇[⽕]は22:00まで(最終⼊館 21:30) 休館/会期中無休 塩田千春《不確かな旅》 2016年 鉄枠、赤毛糸 展示風景:「不確かな旅」 ブレイン|サザン(ベルリン)2016年 撮影:Christian Glaeser 塩田千春《どこへ向かって》 2017年 白毛糸、ワイヤー、ロープ 展示風景:「どこへ向かって」ル・ボン・マルシェ(パリ)2017年 撮影:Gabriel de la Chapelle 塩田千春 オペラ公演「松風」のステージデザイン ベルリン国立歌劇場2011年 撮影:Bernd Uhlig 撮影:Sunhi Mang 塩田千春展:魂がふるえる
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今年予定の展覧会3件」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
おすすめ企画展一覧
会期 展覧会名 内容 会場
2019.9.14-11.4 奇蹟の芸術都市 バルセロナ展 ガウディからピカソ、ミロ、ダリまで約150点を展示 札幌芸術の森美術館(北海道)
2017.4.25-21.2.28 シャガール「アレコ」全4作品 フィラデルフィア美術館から第3幕借用で全4作品が揃う 青森県立美術館(青森)
2019.9.14-1.13 生きものと私が出会うとき 国内外で注目を集めるAKI INOMATAの日本の美術館初個展 十和田市現代美術館(秋田)
2019.7.21-9.23 藤城清治 こびとと生きる喜び展 代表作から近作、秋田をテーマにした作品も紹介 秋田県立美術館(秋田)
2019.9.14-11.10 若冲と京(みやこ)の美術 京都細見美術館から京をキーワードに若冲ほか多数展示 秋田県立近代美術館(秋田)
2019.8.21-12.20 中国と日本の陶磁器展 青磁や白磁、伊万里や九谷など、中国と日本の陶磁器を展観 本間美術館(山形)
2019.12.5-1.26 北斎づくし 漫画から富士まで 寄託コレクションより『冨嶽三十六景』『富嶽百景』など 山形美術館(山形)
2019.9.14-11.10 紅子と省三 ―絵かき夫婦の70年― 岩手の近代美術に大きな役割を果たした夫妻70年の画業 岩手県立美術館(岩手)
2019.9.13-11.4 ストラスブール美術館展 モネ、ゴーギャン、ピカソ……印象派からモダンアートまで 宮城県美術館(宮城)
2019.10.11-12.1 やっぱり絵図がすき! 仙台市博物館所蔵の絵図コレクションを一堂に公開 仙台市博物館(宮城)
2019.9.14-11.10 生誕120年・没後100年 関根正二展 新たに発見された作品や資料を含む、過去最大の回顧展 福島県立美術館(福島)
2019.7.13-11.24 四次元を探しに ダリから現代へ 初のコレクションと現代美術とのコラボレーションに挑む 諸橋近代美術館(福島)
2019.7.13-9.23 MOE 40th 人気絵本のひみつ展 島田ゆか 酒井駒子 ヒグチユウコ ヨシタケシンスケら 新潟県立万代島美術館(新潟)
2019.10.12-11.24 PIXARのひみつ展 PIXARアニメーションを支える科学について学ぶ 新潟県立近代美術館(新潟)
2019.8.10-10.20 「日本の美 美術×デザイン」 琳派、浮世絵版画から現代絵画、ポスターまで多様さを紹介 富山県美術館(富山)
2019.9.13-11.4 小倉遊亀と院展の画家たち展 小倉遊亀芸術の精華と、彼女に影響を与えた作家たち 富山県水墨美術館(富山)
2019.4.27-9.23 マルタ・クロフスカ 不思議ないきものをテーマにした日本初個展 富山市ガラス美術館(富山)
2019.8.31-10.7 美術館創設60年のあゆみ 選りすぐった収蔵品を通して館の個性を示す 石川県立美術館(石川)
2019.9.14-12.19 現在地:未来の地図を描くために[1] コレクション作品を見直し現在地がどこかを考える 金沢21世紀美術館(石川)
2019.9.13-12.9 田中本家のおしゃれ展 それぞれの時代を生きた田中本家の人々のファッション 豪商の館 田中本家博物館(長野)
2019.11.2-12.22 菊川京三の仕事 『國華』に綴られた日本美術史 栃木県立美術館(栃木)
2019.7.13-10.6 大竹伸朗 ビル景 1978-2019 人気作家大竹伸朗の40年以上にわたり取り組んできた結晶 水戸芸術館(茨城)
2019.10.12-1.13 表現の生態系 「表現の森」プロジェクトによる31組の作家とプロジェクト アーツ前橋(群馬)
2019.10.5-12.8 ピカソ展 《ゲルニカ[タピスリ]》の誕生秘話や織り師の働き 群馬県立館林美術館(群馬)
2019.9.14-12.8 描く、そして現れる 25人の画家たちがカンヴァスから踏み出して試みた実験 DIC川村記念美術館(千葉)
2019.9.7-10.20 ミュシャと日本、日本とオルリク チェコ出身の2人からグラフィックの東西の影響関係を観察 千葉市美術館(千葉)
2019.10.29-12.26 ハワイ:日本人移民の150年と… 移民、戦争、楽園、王国と先住民。複数の視座から辿る 国立歴史民俗博物館(千葉)
2019.9.5-11.17 ハンガリーの写実画家サンドルフィ展 MEAMコラボレーション第二弾、日本初公開 ホキ美術館(千葉)
2019.9.14-11.4 DECODE/出来事と記録 1960年代末から70年代にかけての美術状況を検証 埼玉県立近代美術館(埼玉)
2019.9.15-22 はみ出す力 展 図工・美術の授業展 2019 さいたま市立うらわ美術館(埼玉)
2019.8.31-10.20 没後90年記念 岸田劉生展 日本近代史上孤高の存在ともいわれる岸田を堪能 東京ステーションギャラリー(東京)
2019.8.3-9.29 円山応挙から近代京都画壇へ 円山・四条派の全貌を追い京都画壇の様相を明らかにする 東京藝術大学大学美術館(東京)
2019.6.11-9.23 松方コレクション展 ゴッホ《アルルの寝室》やモネ《睡蓮、柳の反映》ら160点 国立西洋美術館(東京)
2019.6.18-9.23 奈良大和四寺のみほとけ 岡寺、室生寺、長谷寺、安倍文殊院の魅力的な仏像 東京国立博物館本館(東京)
2019.10.14-11.24 正倉院の世界 正倉院宝物と法隆寺献納宝物が一堂に会する稀有な機会 東京国立博物館平成館(東京)
2019.7.13-10.14 恐竜博 2019 1969年以降50年の恐竜学の歩みと現在、近未来を展望 国立科学博物館(東京)
2019.7.20-10.9 伊庭靖子展 まなざしのあわい 画家の眼とモティーフのあわいにある世界の核に迫る 東京都美術館(東京)
2019.7.2-10.6 高畑勲展 「アルプスの少女ハイジ」から遺作「かぐや姫の物語」まで 東京国立近代美術館(東京)
2019.7.2-10.6 江戸の街道をゆく~将軍と姫君…~ 将軍の上洛と日光社参、姫君たちの江戸下向に関わる資料 江戸東京博物館(東京)
2019.9.10-11.4 茂木本家美術館の北斎名品展 本館の元をなすコレクションから初の北斎関連作一挙公開 すみだ北斎美術館(東京)
2019.7.6-10.6 マリアノ・フォルチュニ 絹地ドレスらを軸に日本の染め型紙を含むデザイン資料等 三菱一号館美術館(東京)
2019.8.31-9.29 奥の細道330年 芭蕉 芭蕉の自筆作品と芭蕉や俳諧にまつわる美術を紹介 出光美術館(東京)
2019.7.6-9.23 マイセン動物園展 アール・ヌーヴォー期の作品を中心に構成 パナソニック汐留美術館(東京)
2019.9.14-12.1 茶の湯の名碗「高麗茶碗」 朝鮮で生まれ日本で賞翫された全体像と魅力を紹介 三井記念美術館(東京)
2019.8.28-11.11 話しているのは誰? 小林エリカら作家6名で現代美術に潜む文学を探る 国立新美術館(東京)
2019.9.4-11.10 黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 個性的で生き生きとした美濃焼の造形の魅力 サントリー美術館(東京)
2019.6.20-10.27 塩田千春展:魂がふるえる 記憶、不安、夢、沈黙らを表現したインスタレーションなど 森美術館(東京)
2019.9.21-11.17 バスキア展 日本の歴史や文化がバスキアに与えた知られざる影響 森アーツセンターギャラリー(東京)
2019.7.20-10.20 あそびのじかん 6組の作家による、こどももおとなも楽しめる作品を紹介 東京都現代美術館(東京)
2019.8.10-23 山種美術館日本画アワード 大賞・安原成美《雨後のほほ》ほか、受賞5点、計44点公開 山種美術館(東京)
2019.7.23-9.23 嶋田 忠 野生の瞬間 40年の活動と、ニューギニアの貴重な野生動物を多数紹介 東京都写真美術館(東京)
2019.9.7-11.4 美しきいのち いのちの輝きを描きとどめようとする花鳥表現の展開 根津美術館(東京)
20197.20-9.23 1933年の室内装飾 資料や素材から読み解く、朝香宮邸の建築の魅力 東京都庭園美術館(東京)
2019.7.13-9.29 みんなのミュシャ 時代を超え愛されるグラフィック作品と影響を受けた250点 Bunkamuraザ・ミュージアム(東京)
2019.9.3-9.29 生誕250年記念 歌川豊国 写楽を超え、歌麿に挑み、北斎と競った男の魅力に迫る 太田記念美術館(東京)
2019.8.31-10.14 入門 墨の美術 所蔵名品約30点から「古写経」「古筆」「水墨画」に注目 静嘉堂美術館(東京)
2019.9.14-11.10 チェコ・デザイン 100年の旅 独立前夜から100年のデザイン約250点の時代を追う 世田谷美術館(東京)
2019.10.12-12.1 齋藤芽生とフローラの神殿 過去と現代のはざまを独自の視点で捉える画家 目黒区美術館(東京)
2019.9.29-11.24 エドワード・ゴーリーの優雅な秘密 アメリカの絵本作家の世界巡回の原画展を日本で初公開 練馬区立美術館(東京)
2019.7.13-9.29 みんなのレオ・レオーニ展 『スイミー』『あおくんときいろちゃん』らの世界を紹介 損保ジャパン日本興亜美術館(東京)
2019.7.10-9.23 ジュリアン・オピー 現代美術を語る上で欠かせないイギリスのアーティスト Tokyo Opera City Art Gallery(東京)
2019.9.7-3.8 山本有三 翻訳ものの世界 雌伏期に手掛けた外国の翻訳から向日的作風の確立まで 三鷹市美術ギャラリー(東京)
2019.9.21-12.25 カイ・フランク 「フィンランド・デザインの良心」と呼ばれた作家の足跡 県立近代美術館 葉山(神奈川)
2019.9.21-11.3 ルノワールとパリに恋した12人の画家 横浜美術館開館30周年記念のオランジュリー美術館所蔵品 横浜美術館(神奈川)
2019.4.6-9.29 金屏風展 狩野派・長谷川派・琳派 桃山〜昭和初期の画家の花鳥・名所・物語・山水ら約30点 岡田美術館(神奈川)
2019.8.2-9.23 熊谷守一 いのちを見つめて 守一が愛した「花」「猫」「鳥」「虫」などを展示 静岡県立美術館(静岡)
20197.23-10.14 クリムト展 ウィーンと日本1900 日本初公開の「女の三世代」を含む名品約120点を展示 豊田市美術館(愛知)
2019.9.15-11.10 殿さまとやきもの 尾張徳川家伝来の大名道具から「陶磁」に絞り展示 徳川美術館(愛知)
2019.8.27-12.8 ウィーン・モダン クリムト、シーレらの作品で世紀末への過程をたどる 国立国際美術館(大阪)
2019.7.13-10.14 フィンランド陶芸 Arts&Craftsでアイリス工房に参加したフィンチらの活躍 大阪市立東洋陶磁美術館(大阪)
-2022.4 休館中 2022年4月にリニューアルオープンします 藤田美術館(大阪)
2019.7.6-9.23 百舌鳥古墳群ー巨大墓の時代ー 各地の古墳群との比較から、百舌鳥古墳群の特質を考える 堺市博物館(大阪)
2019.10.26-11.14 御即位記念 第71回 正倉院展 北倉14件、中倉8件、南倉17件、聖語蔵2件の41件 奈良国立博物館(奈良)
2019.9.14-12.15 The 備前 伝統的な茶陶や細工物から新進気鋭の作品まで MIHO MUSEUM(滋賀)
2019.10.12-11.24 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美 100年目の再会!散り散りになった秘宝が最大規模で集結 京都国立博物館(京都)
2019.8.9-10.14 ドレス・コード?着る人たちのゲーム ファッションでの装いの実践=ゲームについて見つめ直す 京都国立近代美術館(京都)
2019.8.25-9.29 百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展
ICOM京都大会を記念し東京富士美術館所蔵の名品を展観 京都文化博物館(京都)
2019.8.27-10.20 広重・北斎とめぐるNIPPON レスコヴィッチから特に「木曾街道六拾九次」に注目 細見美術館(京都)
2019.9.1-29 「落合 雅」展 写実表現に磨きをかけ、自然の美しさや心の風景を彫る 京都清宗根付館(京都)
2019.7.7-11.10 2019年度コレクション展II 「八田豊展」「けんび八景 新収蔵作品紹介」「村上華岳」 兵庫県立美術館(兵庫)
2019.8.31-11.30 明治・大正・昭和の日本画 春草、龍子、靫彦、古径、関雪、紫峰、玉堂ら 足立美術館(島根)
2019.9.18-12.8 もうひとつの建築史 建築家・美術家によるインポッシブル・アーキテクチャー 広島市現代美術館(広島)
2019.9.14-10.14 紅摺絵 寛保~延享期(1741~48)からの版木彩色に注目 山口県立萩美術館・浦上記念館(山口)
2019.9.10-11.4 文化財よ、永遠に 住友財団の助成で修理された九州・沖縄の文化財を紹介 九州国立博物館(福岡)
2019.6.27-9.24 三館連携企画 「対決!アジアの肉体派」 ラグビーワールドカップを記念しさまざまな肉体派が激突 福岡アジア美術館(福岡)
2019.6.21-11.14 岡田三郎助名品選 《裸婦》《少女読書》《清楚(少女)》 など館蔵美人画 佐賀県立美術館(佐賀)
2019.10.18-1.5 クリスチャン・ボルタンスキー 代名詞〈モニュメント〉シリーズから最新映像作品まで 長崎県美術館(長崎)
2019.9.14-11.10 名探偵コナン科学捜査展 科学で事件解決までのプロセスを楽しむ「体験型」展覧会 大分県立美術館(大分)
2019.9.21-11.24 きっかけは「彫刻」。 本館コレクションから彫刻・立体作品の特集展 熊本市現代美術館(熊本)