Web美庵セレクション 全国美術館企画展情報 NEW!→国際展情報
河鍋暁斎 その手に描けぬものなし  「その手に描けぬものなし」。幅広い画業で知られる絵師・河鍋暁斎(かわなべ・きょうさい、1831~89)。これまで妖怪や擬人化されたかわいい動物、幽霊、師・歌川国芳の影響を受けた錦絵などの側面で取り上げられることが多かった暁斎だが、本展は彼のアカデミックな狩野派の絵師としての面、古画の学習に懸命に打ち込む面に焦点を当てている点で、従来展とは一線を画すもの。 暁斎は、7歳で浮世絵師・国芳のもとで絵を学び、その後、狩野派の絵師・前村洞和やその師の狩野洞伯陳信に入門。独立後は「狂斎」と号し、戯画などで人気を博すも40歳のときに作品が貴顕を嘲弄したとして投獄され、「暁斎」と改めた。 こうした筆禍事件や明治政府を茶化したような風刺画の数々により「反骨の人」として語られることの多い暁斎だが、その行動の根底にあるのは慣れ親しんだ江戸文化への思慕だったと考えられている。 江戸幕府の終焉とともに狩野派が衰退してもなお、暁斎は狩野派絵師としての自負を持ち続け、高い絵画技術と画題に対する深い理解は、日々の修練と古画の学習を画業の軸とした狩野派の精神に支えられた。たとえば晩年に日課として制作していた観音図や、先人らの作品を丹念に写した縮図などからは、作品と真摯に向かい合った暁斎の姿がうかがえる。 幕末・明治の動乱期に、独自の道を切り開いた暁斎の画業を、《枯木寒鴉図》や《花鳥図》などの代表作をはじめ、生涯にわたる作品で概観、検証する。また、暁斎の弟子だった英国人建築家のコンドルから、ゆかりの人物や場所に伝わった作品を中心に、暁斎をめぐる文化ネットワークの広がりを追う。 サントリー美術館渾身の、新たなる暁斎展。必見だ。 サントリー美術館 公式サイト http://suntory.jp/SMA/ 2019年2月6日[水]- 3月31日[日] 10時〜18時(金・土は20時まで) ※2/10[日]、3/20[水]は20時まで開館 ※いずれも入館は閉館の30分前まで 休館/火曜日 ※3/26[火]は18時まで開館 ※会期中、展示替えあり ※shop×cafeは会期中無休
河鍋暁斎《鳥獣戯画 猫又と狸》 一面 19世紀 河鍋暁斎記念美術館 【展示期間:3/6~3/31】 河鍋暁斎《花鳥図》 一幅 明治14年(1881) 東京国立博物館 Image: TNM Image Archives 【展示期間:2/6~2/18】 河鍋暁斎《枯木寒鴉図》 一幅 明治14年(1881) 榮太樓總本鋪 【展示期間:2/6~3/4】 河鍋暁斎《閻魔・奪衣婆図》 ニ幅 明治12~22年(1879~89) 林原美術館 【展示期間:3/6~3/31】
河鍋暁斎《九相図》 一面 明治3年(1870)以前 河鍋暁斎記念美術館 【全期間展示】(ただし場面替あり)
ルトウィヒ・ファルベーダ《鳥たち》 BIB2017グランプリ 作家蔵 ©Narges Mohammadi
ブラティスラヴァ 世界絵本原画展 BIBで出会う絵本のいま 2019年1月20日 [日]ー3月3日[日] 10時〜18時(金・土曜日は20時まで) ※入場受付は閉館の30分前まで 休館/2/4日[月] 同時開催/新収蔵作品展 千葉市美術館 公式サイト http://www.ccma-net.jp
荒井真紀《たんぽぽ》 BIB2017金のりんご賞 作家蔵
ナルゲス・モハンマディ《わたしは一頭のシカでした》 BIB2017金のりんご賞 作家蔵 ©Narges Mohammadi
ミロコマチコ《けもののにおいがしてきたぞ》 BIB2017金牌 作家蔵
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
 ブラティスラヴァ世界絵本原画展(略称BIB=Biennial of Illustrations Bratislava)は、スロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで2年ごとに開催される世界最大規模の絵本原画コンクール。 すでに出版されている本の原画が対象となるため、小さい出版社や印刷技術が発展していない出版社を支援する側面もあり、審査員にも国籍、立場の多様性が見られる。商業主義から一歩離れた、芸術性が高い作品、実験的でユニークな作品が集まることで知られている。 26回目を迎えた2017年秋のコンクールには世界各国の国内審査を経て49か国から373組による2,657 点の原画が集まり、グランプリはルトウィヒ・フォルベーダ(オランダ)が鳥たちが男女の彫刻を引き合わせる物語を詩的で精細に描いた《鳥たち》、日本からは荒井真紀がたんぽぽの成長を緻密な水彩画で描いた《たんぽぽ》で金のりんご賞を、ミロコマチコが山の生き物の姿を力強いタッチと色彩で描いた《けもののにおいがしてきたぞ》で金牌を受賞した。 この度の日本巡回展では「BIB で出会う絵本のいま」をテーマに受賞作品、日本からのノミネート作品、そして今注目の4か国として中国、イラン、イスラエル、韓国をとりあげ、絵本原画約200点と絵本および関連資料を紹介している。 表現、手法、そして作り手の多様化が進む絵本づくりの、まさに今を体現する日本からのノミネート作品については、取材メモや下絵などによって制作の過程を辿りながら、それぞれの魅力に迫る。 注目の関連イベントも、「荒井良二さんの絵本ができるまで」(2/23[土]14時〜)、講演会「いま気になる絵本の国 イラン」(2/17[日]14時〜)ほか、もりだくさん。この絶好の機会に、世界的な珠玉の絵本の奥深い世界に触れてみよう。
小原古邨《紫陽花に蜂》 (渡邊木版美術画舗蔵) 前期  小原古邨 2019年2月1日[金]ー 3月24日[日] ※前後期で全点展示替え (前期 2/1[金]-24[日] 後期 3/1[金]-24[日]) 10時30分〜17時30分(入館は17時まで) 休館/2月4、12、18、25~28、3月4、11、18日
太田記念美術館 美術館公式サイト http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/
小原古邨《踊る狐》 (個人蔵) 前期
 小原古邨(1877~1945)が、いま、脚光を浴びている。本展は、東京都で初めて開催される、小原古邨の全貌を紹介した展覧会。 一瞬の姿をとらえた鳥や愛らしい動物、儚くも可憐な花といった身近な自然の題材を木版画で表現した明治末〜昭和の絵師である。海外では多くのコレクターがおり、展覧会の開催やレゾネも出版されているものの、日本では忘れ去られた存在だった。 しかし、昨年9月に開催された茅ヶ崎市美術館「小原古邨展―花と鳥のエデン―」がEテレのテレビ番組「日曜美術館」で特集が放送され、にわかに注目が集まるようになった。太田記念美術館では4〜5年前から計画された展覧会で、茅ヶ崎市美展の同展とは別内容となる。 古邨の作品は、一見したところ、江戸時代の浮世絵と 同じ木版画には見えない。しかし、伝統的な浮世絵版画の技術を踏まえつつ、明治から昭和の時代の好みに合わせ、あたかも水彩画のような、淡く美しい色合いを実現させている。動物好きはもちろんのこと、誰からも愛される作品ばかりと言えるだろう。 明治末から大正にかけて、松木平吉の元から刊行された“古邨”落款の木版画や、昭和前半に、渡邊庄三郎の元から刊行された“祥邨”落款の新版画を展示。さらに、制作工程が分かる、肉筆の下絵や試し摺りも合わせて紹介される点も嬉しい。展示点数は、前期と後期を合計して約150点。 国内ではあまり知られていなかった古邨の新たな魅力を堪能でき、日本では始まったばかりの古邨研究の最先端を確認する上で、絶好の機会となるだろう。
小原古邨《猫と提灯》 (渡邊木版美術画舗蔵) 後期 小原古邨《雪中群鷺》 (渡邊木版美術画舗蔵) 後期
2019年2月9日 [土]ー4月7日[日] 9時30分〜17時30分(入室は閉室の30分前まで) ※金曜日、3/23[土]、3/30日[土]、4/6[土]は9時30分~20時 休室/月曜日、2月12日[火] ※ただし、2/11[月・祝]、4/1[月]は開室 東京都美術館 企画展示室
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
特設WEBサイト https://kisou2019.jp 問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
 「若冲ブーム」、「江戸絵画ブーム」、ひいては「日本美術ブーム」。かつて江戸時代絵画史の傍流とされてきた画家たちが、現代人の心を射貫く革新性によって、熱狂的とも言える人気を集めている。そしてそのルーツは、美術史家・辻惟雄氏(1932-)が今から約半世紀前の1970年に著した『奇想の系譜』にたどり着く。 本展はその著作に基づいた、江戸時代の「奇想の絵画」の決定版。『奇想の系譜』で取り上げられたのは、それまで書籍や展覧会でまとまって紹介されたことがなかった、自由で斬新な発想の絵画の数々だった。 本展では、同書で紹介された、岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳に、白隠慧鶴、鈴木其一を加えた8人の作品を厳選したラインナップになっている。 出品作は、若冲の《梔子(くちなし)雄鶏図》《鶏図押絵貼屏風》や芦雪《猿猴弄柿(えんこうろうし)図》など新発見や初公開作をはじめとし、重要文化財も多数含む。さらに、アメリカのキャサリン&トーマス・エドソンコレクションから初の里帰りを果たす、其一の《百鳥百獣図》も見どころ。 『奇想の系譜』をすでに知る人も、またこの展覧会ではじめて魅力的な作品に出会うことになる人も、満足できる内容を目指したという“江戸絵画ミラクルワールド”。奇想天外な発想にみちた作品の数々を紹介し、現代の目を通した新たな「奇想の系譜」を発信する本展において、江戸絵画の斬新な魅力を堪能する。この稀有な機会に、都美に足を運ぼう!! 長沢芦雪《猿猴弄柿図》 絹本着色 一幅 104.0×37.7cm 個人蔵 鈴木其一《百鳥百獣図》 絹本着色 双幅 各138.0×70.7cm 天保14年(1843) 米国・キャサリン&トーマス・エドソンコレクション 伊藤若冲《梔子雄鶏図》 絹本着色 一幅 85.8×43.1cm 個人蔵 曽我蕭白《雪山童子図》 紙本着色 一幅 169.8×124.8cm 明和元年(1764)頃 三重・継松寺 奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド
公式サイト http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
『婦人グラフ』第3巻第5号表紙 大正15(1926)年 千代田区教育委員会蔵
杉浦非水 《銀座三越四月十日開店》 1930年 東京国立近代美術館蔵 杉浦非水 《カルピス》 1926年 東京国立近代美術館蔵
イメージコレクター・杉浦非水展 前期:2019年2月9日[土]- 4月7日[日] 後期:2019年4月10日[水]- 5月26日[日] 10時〜17時 ※金曜・土曜は10-20時 ※入場は閉館の30分前まで 休館/月曜(2/11、3/25、4/1、4/29、5/6は開館)、 2/12[火]、4/9[火](※本展のみ)、5/7[火] 東京国立近代美術館 本館2階ギャラリー4 展覧会公式サイト http://www.momat.go.jp  日本のグラフィックデザインの創成期に重要な役割を果たした図案家・杉浦非水(すぎうら・ひすい)。その“イメージコレクター”としての側面に迫る展覧会。 杉浦非水(1876〜1965)は、東京美術学校(現・東京藝術大学)の日本画選科に入学。黒田清輝がフランスから持ち帰ったアール・ヌーヴォーの資料に衝撃を受け、その後、図案家としての道を歩むこととなる。 東京国立近代美術館は、非水の遺族から1997年に一括寄贈されたポスター、絵はがき、原画など700点以上にのぼる作品を所蔵している。本展では、非水の代表作である三越のためのポスターをはじめ、数多く手がけた雑誌の表紙デザインや装丁の仕事、身近な動植物を描いたスケッチなどを展示し、19年ぶりに本館の非水コレクションを一堂に紹介する。 さらに今回は、非水旧蔵資料を初公開。非水の手元で大切に保管されてきた海外の雑誌やスクラップブックからは、デザイナーのイメージ収集から創作にいたるプロセスを垣間見ることができるだろう。また、本展のために初めてデジタル化された非水自身が撮影した16ミリフィルムに映る昭和初期の風景、藤田嗣治夫妻とのピクニックの様子や上野動物園のシロクマなどは、非水の興味の対象や交友関係を知るうえで貴重なだけでなく、非水の創作における「記録すること」の意味を伝えている。 非水が何に関心を持ち、何を集めていたのか、図案の創作にいたるまでのプロセスと“イメージの収集家”という側面に焦点をあて、非水の多彩な活動を改めて検証する。
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールでご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお当選は発送をもって代えさせていただきます。
杉浦非水 《三越呉服店春の新柄陳列会》 1914年 東京国立近代美術館蔵 杉浦非水 《ヤマサ醤油》 1920年代 東京国立近代美術館蔵
長谷川三郎《無題》 1954年、紙本墨、138.8×70.0cm、 学校法人甲南学園 長谷川三郎記念ギャラリー蔵
長谷川三郎《自然》 1953年、紙本墨、拓刷、二曲屏風一隻、各135.0×66.5cm、 京都国立近代美術館蔵 (展示期間:1月12日~2月13日) イサム・ノグチと長谷川三郎 ― 変わるものと変わらざるもの 2019年1月12日[土]- 3月24日[日] 10時〜18時 ※入館は17時30分まで ※3/2[土]は20時30分まで(入館は20時まで) 休館/木曜日(3/21[木・祝]は開館)、3/22[金] 横浜美術館 展覧会公式サイト https://yokohama.art.museum/special/2018/NoguchiHasegawa/
 運命の出会い……そんな形容がぴったりの、2人の芸術家、イサム・ノグチと長谷川三郎の交友に脚光を当て、両者がともに歩んだ1950年代を回顧する展覧会。 日米の血を受け継ぎ、洋の東西を越えた世界的視野から芸術を再び人々の生活の中に根付かせようとした彫刻家イサム・ノグチ(1904-1988)。画家として戦前日本の抽象美術をリードする一方、理論家として西洋近代美術の潮流と古い日本の芸術文化に通じ、両者の共通項を抽象芸術に見出した長谷川三郎(1906-1957)。 1950年5月、19年ぶりに日本の土を踏んだノグチと、かねてよりノグチの作品に注目していた長谷川は、芸術家としての互いの関心事とビジョンが驚くほどよく似ていることを知り強く共鳴する。 ふたりは固い友情で結ばれ、長谷川はノグチにとって建築、庭園、書、絵画、考古遺物、茶道、禅、俳句など、有形無形の日本の古い文化遺産への無二の案内役となり、ノグチが日本の美の本質を理解する上で重要な役割を果たした。片やノグチは対話を通して長谷川の制作意欲を奮い立たせ、長谷川が墨や拓本、木版を用いてそれまでにない創作の地平を切り開くきっかけを与えた。 その象徴的な作品は、ノグチ来日の際、京都の桂離宮へ旅行したことをきっかけに制作された《桂》。長谷川は自宅の台所にあったかまぼこ板に丸や矩形を彫り、ポスターカラーを塗って紙に捺してできた白黒の版画を、屏風に配置した。伝統的な文化遺産を表面的に模倣するのではなく、抽象化し吸収、その本質にのっとり新しい作品へと昇華させた。 本展は、イサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)と横浜美術館による共同企画展。この後、ノグチ美術館(ニューヨーク)とアジア美術館(サンフランシスコ)に巡回する。 2人が何を見、何を考え、何を目指したのかを、ノグチ作品約50点、長谷川作品約70点を通して明らかにする。
イサム・ノグチ《顔皿》 1952年、陶、30.8×27.3×2.9cm、 イサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)蔵 ©The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum, New York/ARS-JASPAR Photo: Kevin Noble
イサム・ノグチ《書》 1957年、鋳鉄、木、縄、金属、178.8×43.5×40.6cm、 イサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)蔵 ©The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum, New York/ARS-JASPAR Photo: Kevin Noble
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 北斎、前人未到の世界へ。 葛飾北斎《弘法大師修法図》 紙本1幅 弘化年間(1844-47) 西新井大師總持寺 通期展示
 世界で最も知られる日本の芸術家のひとり・葛飾北斎(1760~1849)。近年、その評価は国内外での相次ぐ展覧会の開催や、おびただしい数の出版物によって、一段と国際的な高まりをみせている。また調査研究の面でも多くの論文の発表、新出作品の紹介など、他のどの絵師にもまして大きく進展してきた。この状況をふまえ、北斎の没後170年にあたるこの2019年に開催されるのが「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」だ。 江戸時代後期、浮世絵師として登場してから90歳で没するまでの約70年におよぶ画業の中で、北斎は度重なる画号の改名や画風の変化などつねにUPDATEを続け、新たな絵画に挑み続けた。 本展では、代表作「冨嶽三十六景」や『北斎漫画』はもちろん、北斎のデビュー作から90歳の絶筆までを網羅。近年の研究成果によって発見・再発見された作品、日本初公開となる貴重品も含め約480件(会期中展示替えあり)が一堂に揃う。 見どころのひとつとなる、アメリカ・シンシナティ美術館所蔵の肉筆画「向日葵図」は、北斎88歳の作品。その凛とした佇まいからは、衰えを感じさせない画人の熱量を感じ取ることができる。 また、本展の監修者である永田生慈氏(1951~2018)のコレクションも特別に展示。不断の調査研究と新たな作品の発掘によって北斎像のUPDATEに生涯を捧げた氏の遺志により、本展後は島根県のみでの公開となるため、今回が永田コレクションを東京で見る最後の機会となる。 会場は、北斎の絵師人生を作風の変遷と画号によって6期に分けて構成。勝川派の絵師として活動した春朗期(20〜35歳頃)に始まり、自由な発想と表現による肉筆画に専念した画狂老人卍期(75〜90歳頃)までその壮大な画業を通覧する。 北斎芸術の魅力をあらためて認識し、新たな北斎像を見る者たちに印象づけていくであろう展覧会。見逃せない機会となる。 森アーツセンターギャラリー 展覧会公式サイト https://hokusai2019.jp/ 2019年1月17日[木]- 3月24日[日] ※会期中、展示替えがあります 10時〜20時(最終入館 19:30) ※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30) 休館/1/29[火]、2/19[火]、2/20[水]、3/5[火]
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の美術展、作家について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に本展招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
葛飾北斎《富士越龍図》 絹本1幅 嘉永2年(1849)正月 北斎館 展示期間 2月21日[木]~3月24日[日] 葛飾北斎《向日葵図》 紙本1幅 弘化4年(1847) シンシナティ美術館 Cincinnati Art Museum, The Thoms Collection-Given by Mrs. Murat H. Davidson in Honor of her Grandfather, Joseph C. Thoms, 1982.15 通期展示
《祭姪文稿(部分)》顔真卿 筆 唐時代・乾元元年(758) 台北 國立故宮博物院蔵 《黄絹本蘭亭序(部分)》褚遂良 筆 唐時代・7世紀 台北 國立故宮博物院寄託
 1000年の時を超え、書の最高峰が初来日する。唐時代、「顔法」と称される特異な筆法によって、後世にきわめて大きな影響を与えた政治家・書家の顔真卿(がんしんけい、709–785)。 中国の歴史上、東晋時代(317–420)と唐時代(618–907)は書法が最高潮に到達した時代。書聖・王羲之(おうぎし、303–361)が活躍した東晋時代に続いて、唐時代には虞世南(ぐせいなん)、欧陽詢(おうようじゅん)、褚遂良(ちょすいりょう)ら初唐の三大家が楷書の典型を完成させる。そして顔真卿は三大家の伝統を継承しながら、彼らとは異なる美意識のもとにつちかわれた書によって、後世にきわめて大きな影響を与えた。 本展は顔真卿の人物や書の本質に迫るとともに、後世や日本に与えた影響にも目を向け、唐時代の書が果たした役割を検証するもの。 注目ポイントはまず、「楷書」の美しさ。篆書、隷書を経て楷書へと進化を遂げた楷書。本展では、人々が長く写本を取り続け、手本にしてきた虞世南の《孔子廟堂碑(こうしびょうどうひ)》(628-630)、唐時代の優雅な気分を盛り込んだ、褚遂良の《雁塔聖教序(がんとうしょうぎょうしょ)》(653)など唐時代の貴重な名筆楷書を見ることができる。また、後漢時代から東晋時代までの名士の逸話を編纂した国宝《世説新書巻第六》(7世紀)の裏側に書かれた楷書に着目するなど、ユニークな試みも行われる。 次の見どころは、初来日となる顔真卿《祭姪文稿(さいてつぶんこう)》(758)。安史の乱によって従兄とその未子を亡くした顔真卿が、亡骸を前に書いた弔文の草稿と伝えられる。冒頭は平静だが、次第に気分の高まりや激情が見られる筆致となり、書き間違え、行そのものが曲がっている部分なども現れるという、劇性を宿している。台北の国立故宮博物院に所蔵され、所蔵先でも2012年に展示されて以来公開されていない。海外で公開されるのも、ワシントンのナショナルギャラリーでの1997年の展示以来、今回が2度目という希少さ。 さらに注目なのは、「王羲之神話の崩壊」というテーマ。日本でも過去数度展覧会が行われ、「書聖」として名高い王羲之だが、じつはその真跡は存在しない。青銅器や石碑の文字をもとにした文字の習得法がさかんになった19世紀、王羲之神話は崩壊、野趣あふれる書風が主流となった。本展ではその代表格のひとつである趙之謙(ちょうしけん)《行書五言聯(ぎょうしょごごんれん)》(1858)も登場する。 こうして、唐時代とそれ以降の書のあゆみを多角 的に見ることのできる本展。希少な顔真卿の肉筆(墨跡)が見られるという点においても、書に関わる人のみならず、見逃せない貴重な機会と言えるだろう。 東京国立博物館 平成館
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に無料招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
展覧会公式サイト https://ganshinkei.jp/ 2019年1月16日[水]-2月24日[日] 9時30分〜17時(金曜・土曜は21:00まで 入館は閉館の30分前まで) 休館/月曜日(ただし2/11[月・祝]は開館、翌2/12[火]休館) 顔真卿 王羲之を超えた名筆 国宝《金剛般若経開題残巻(部分)》空海 筆 平安時代・9 世紀 京都国立博物館蔵 《自叙帖(部分)》懐素 筆 唐時代・大暦 12 年(777) 台北 國立故宮博物院蔵 《九成宮醴泉銘》欧陽詢 筆 唐時代・貞観 6 年(632) 台東区立書道博物館蔵
そのほかのおすすめ企画展
会期 展覧会名 内容 会場
2019.4.27-6.30 札幌美術展 砂澤ビッキ―風― ビッキが晩年取り組んだ「風」のテーマを中心に展開 札幌芸術の森美術館(北海道)
2018.10.27-3.3 コレクション展 2018-4 棟方、成田亨、馬場のぼる、澤田教一ら青森ゆかりの作家 青森県立美術館(青森)
2018.10.27-3.24 毛利悠子 ただし抵抗はあるものとする 渦・回転・螺旋運動に音響を使った大規模な新作彫刻 十和田市現代美術館(秋田)
2019.1.12-3.21 歌川広重 二つの東海道五拾三次 保永堂版と丸清版、大正時代と現在の写真をあわせて展示 秋田県立美術館(秋田)
2019.4.27-6.30 岩合光昭の世界ネコ歩き2 NHK BSプレミアム「岩合光昭の世界ネコ歩き」の写真展 秋田県立近代美術館(秋田)
2019.1.12-2.18 生命の息吹 大野廣子の世界 米、モンゴル、オーストラリアなどの旅から感じた世界観 本間美術館(山形)
2019.2.21-3.24 第53回 山形県写真展 県内から選りすぐりの写真が集結する。 山形美術館(山形)
2019.1.3-2.17 ますむらひろし展 猫キャラと独特のファンタジーが北斎と賢治とコラボ 岩手県立美術館(岩手)
2019.1.27-3.25 求道の画家 岸田劉生と椿貞雄 劉生の麗子像、椿の大作120号を含む約170点を展示 宮城県美術館(宮城)
2018.12.4-3.10 仙台藩五代藩主・伊達吉村 藩中興の名君・伊達吉村の資料や彼が描いた絵画を展示 仙台市博物館(宮城)
2019.2.9-3.10 GalleryF2019 コレクション再発見 福陽美術会100年を記念し、勝田蕉琴、荻生天泉らを展示 福島県立美術館(福島)
2018.10.22-4.19 冬季休館 2019年4月20日[土]開館予定 諸橋近代美術館(福島)
2019.1.4-2.17 国画創作協会の全貌展 麦僊、竹喬、華岳、晩花、紫峰、波光、神草、三良ら 新潟県立万代島美術館(新潟)
2018.7.2- 休館中
新潟県立近代美術館(新潟)
2019.3.9-5.19 わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン展 富山県美術館(富山)
2019.1.11-2.17 老当益壮の画人たち 明治から現代まで、90歳を超えてなお活躍した画家に焦点 富山県水墨美術館(富山)
2018.12.8-2.24 ジブリの大展覧会 ナウシカからマーニーまで30年間の歩みを振り返る 富山市ガラス美術館(富山)
2019.2.15-3.21 天神画像と文房具 前田家にとって特別な存在である道真の画像と文房具 石川県立美術館(石川)
2018.9.8-3.3 チウ・ジージエ 書くことに生きる 世界の有り様を俯瞰し、人と物事の関係を記述する 金沢21世紀美術館(石川)
2019.2.16-4.22 ちいさきもの 田中本家の小型ひな展 小ささ(ひいな)をテーマにした小型のひな人形や雛道具 豪商の館 田中本家博物館(長野)
2019.1.12-3.24 水彩画の魅力 当館蔵からターナーやコックス、河野次郎ら約150点 栃木県立美術館(栃木)
2019.3.2-5.6 アートセンターをひらく 第I期 「創作と対話」をテーマに展覧会に代わる3つの要素で構成 水戸芸術館(茨城)
2019.2.2-3.24 闇に刻む光 アジアの木版画運動 1930年代に魯迅に始まった木版画運動の広がりを見る アーツ前橋(群馬)
20191.22-3.31 エキゾティック・モダン アール・デコ時代のモダン装飾の源エキゾティックに着目 群馬県立館林美術館(群馬)
2019.3.23-6.16 ジョゼフ・コーネル 木箱で知られる作家のコラージュ&モンタージュ展 DIC川村記念美術館(千葉)
2019.1.20-3.3 ブラティスラヴァ世界絵本原画展 世界最大規模の絵本原画コンクールの絵本原画約200点 千葉市美術館(千葉)
2019.9- ハワイ:日本人移民の150年と…
国立歴史民俗博物館(千葉)
2018.11.23-5.12 人・ひと・人 ー人って面白いー 写実画家が描いた老若男女の作品を一堂に会する ホキ美術館(千葉)
2019.2.2-3.24 もうひとつの建築史 20世紀以降の国外、国内のアンビルトの建築に焦点 埼玉県立近代美術館(埼玉)
2019.1-2 休館中
さいたま市立うらわ美術館(埼玉)
2018.12.1-3.24 相原求一朗の軌跡 ―大地への挑戦― 北海道の自然を描き続けた画家の生誕100年 歿後20年展 川越市立美術館(埼玉)
2019.2.16-4.24 アルヴァ・アアルト もうひとつの自然 「マイレア邸」など、フィンランドを代表する建築家 東京ステーションギャラリー(東京)
2019.4.6-5.6 藝大コレクション展 2019 池大雅 《富士十二景図》連作の最後発見の1幅が見どころ 東京藝術大学大学美術館(東京)
2019.2.19-5.19 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ 「ピュリスム(純粋主義)」運動の10年間を振り返る 国立西洋美術館(東京)
2019.1.16-2.24 顔真卿 王羲之を超えた名筆 顔法と称される特異な筆法を創出した人物・書の本質に迫る 東京国立博物館平成館(東京)
2019.2.9-4.7 奇想の系譜展 辻惟雄『奇想の系譜』に基づく江戸「奇想の絵画」決定版 東京都美術館(東京)
2019.2.9-5.26 イメージコレクター・杉浦非水展 海外の雑誌やスクラップ、16mmフィルムなどを初公開 東京国立近代美術館(東京)
2019.1.2-3.3 春を寿ぐ ―徳川将軍家のみやび― 篤姫や和宮所持の雛道具、江戸中後期の銀細工や豆人形 江戸東京博物館(東京)
2019.2.5-4.7 北斎アニマルズ 北斎とその門人の描いた動物や創造の生き物などを紹介 すみだ北斎美術館(東京)
2018.10.17-2.11 フィリップスコレクション展 アングル、ドラクロワ、マネ、ドガ、モネ、ピカソら75点 三菱一号館美術館(東京)
2018.1.12-3.24 染付―世界に花咲く青のうつわ 染付が愛用された各国・時代・コミュニティを巡る 出光美術館(東京)
2019.1.12-3.24 子どものための建築と空間展 作り手と使い手の両方に着目し選んだ作品資料を展示 汐留ミュージアム(東京)
2019.2.9-4.7 三井家のおひなさま 恒例のひな人形展に加え、平田郷陽の市松人形を特別展示 三井記念美術館(東京)
2019.1.18-4.1 イケムラレイコ 土と星 少女や夢幻の像、幻想的なハイブリッドな生きものなど 国立新美術館(東京)
2019.2.2-3.31 生誕130周年記念 奥村土牛 《鳴門》《浄心》《醍醐》など院展の出品作を中心に約60点 山種美術館(東京)
2019.1.10-2.17 酒呑童子絵巻 画風・制作年代の異なる「酒呑童子絵巻」3種初の全貌紹介 根津美術館(東京)
2019.1.26-4.7 岡上淑子 フォトコラージュ 瀧口修造に見出され、フォトコラージュを駆使した作家展 東京都庭園美術館(東京)
2019.2.9-4.14 クマのプーさん展 V&A所蔵の原画や資料で辿る「クマのプーさん」誕生秘話 Bunkamuraザ・ミュージアム(東京)
2019.2.1-3.24 小原古邨 今、注目の古邨を、満を持して太田記念で開催 太田記念美術館(東京)
2019.1.29-3.24 岩﨑家のお雛さまと御所人形 桐村喜世美氏に蒐集の京人形司・五世大木平蔵の雛人形 静嘉堂美術館(東京)
2019.2.24-4.21 ラリック・エレガンス ユニマットコレクションによる宝飾とガラスのモダニティ 練馬区立美術館(東京)
2019.2.9-4.14 田沼武能写真展 東京わが残像 東京を「子ども」「下町」「街の変貌」の3つの視点で紹介 世田谷美術館(東京)
2019.2.16-3.24 コレクションの<現在>+鈴木省三 80年代以降の現代美術、青木野枝らに加え鈴木省三を展示 目黒区美術館(東京)
2018.12.8-2.17 タータン 伝統と革新のデザイン ケルト発祥のタータンにまつわる美術作品や資料を堪能 三鷹市美術ギャラリー(東京)
2018.12.8-3.24 堀内正和展 おもしろ楽しい心と形 身体の一部や幾何学図形など、身近な形をヒントに制作 県立近代美術館 葉山(神奈川)
2019.1.12-3.24 イサム・ノグチと長谷川三郎 ふたりの芸術家の交友を焦点に1950年代の日本美再発見 横浜美術館(神奈川)
2018.9.30-3.30 美のスターたち 光琳・若冲・北斎・汝窯など名品が勢ぞろいする 岡田美術館(神奈川)
ロダン館やって□ 本館休館中につき、ロダン館のみ開館中 静岡県立美術館(静岡)
2018.7.17-5.31 休館中
豊田市美術館(愛知)
2019.2.9-4.7 尾張徳川家の雛まつり 尾張徳川家の姫君のためにあつらえられた雛人形や雛道具 徳川美術館(愛知)
2019.2.9-5.6 クリスチャン・ボルタンスキー 現代のフランスを代表する作家の広大なる芸術世界 国立国際美術館(大阪)
2019.2.12-3.31 休館中 休館中 大阪市立東洋陶磁美術館(大阪)
休館中 休館中 藤田美術館(大阪)
2019.1.8-3.3 むかしの暮らしふしぎな道具の世界 主に昭和以前の生活道具から、生活の移り変わりを紹介 堺市博物館(大阪)
2019.2.8-3.14 特別陳列 お水取り 法会で用いられた法具や、歴史と伝統を伝える絵画など 奈良国立博物館(奈良)
2019.3.21-5.19 大徳寺龍光院 国宝曜変天目と破草鞋 黒田長政が父官兵衛の菩提を弔うため建立した同院のお宝 MIHO MUSEUM(滋賀)
2019.1.30-3.10 初公開! 天皇の即位図 新発見の後西天皇譲位、霊元天皇即位の儀式の屏風絵 京都国立博物館(京都)
2019.1.12-2.24 世紀末ウィーンのグラフィック リヒャルト・ルクシュ石膏彫像とアドルフ・ロース家具一式 京都国立近代美術館(京都)
2019.2.23-4.14 北野天満宮 信仰と名宝 神宝、ゆかりの美術工芸品、歴史資料を一堂に 京都文化博物館(京都)
2019.2.下旬- 石本藤雄展 マリメッコ→アラビア。石本藤雄の原点と新たな作品世界 細見美術館(京都)
2019.2.10-28 「桜井英之」展 伝統を継承しつつ新風を吹き込む世界に名高い"英之" 京都清宗根付館(京都)
2019.1.12-3.17 昭和・平成のヒーロー&ピーポー 特別な存在(ヒーロー)と無名の人々(民衆)に注目 兵庫県立美術館(兵庫)
2018.3.1-5.31 日本画家のつながり 大観をめぐる画家たちの作品を人物相関図と合わせて紹介 足立美術館(島根)
2018.12.8-2.24 松江泰治 地名事典 地平線のない構図、平面性、影が生じない順光を貫く写真 広島市現代美術館(広島)
2018.11.26-3.31 休館 設備改修工事のため休館 山口県立萩美術館・浦上記念館(山口)
2019.1.29-3.24 京都・醍醐寺 - 真言密教の宇宙 - 国宝32件、重文49件を含む、計104件を一挙公開! 九州国立博物館(福岡)
2019.1.17-3.26 時代のモンタージュ アジア映像の展開 自らが生きる時代を複数の視点で捉えたアジア作家 福岡アジア美術館(福岡)
2018.11.28-2.11 吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵 ヴェネツィア・ビエンナーレ発表、青蓮院披露の茶室を設置 佐賀県立美術館(佐賀)
2019.2.9-3.24 青木野枝 ふりそそぐものたち 長崎市に関わりを持つ鉄の彫刻家の石鹸や石膏、色ガラス 長崎県美術館(長崎)
2019.3.8-5.6 古代アンデス文明展 謎多き技術や生活様式を仮面やミイラなど約200点で見る 大分県立美術館(大分)
2018.11.28-2.11 PROJECT H いろんなじじょう 九州各県で活躍するデザイナーたちによる新たな表現 熊本市現代美術館(熊本)