Web美庵セレクション 全国美術館企画展情報 NEW!→ART NEWS →国際展情報
EXHIBITION IN MUSEUM
《メメント・モリ(頭蓋骨と自画像)》 1926年、個人蔵 Photo: J&M Zweerts
メスキータ 2019年6月29日[土]- 8月18日[日] ※会期中、展示替えあり 10時〜18時 ※金曜日は20:00まで開館 ※入館は閉館の30分前まで 休館/月曜日(7/15、8/12は開館)、7/16[火] 東京ステーションギャラリー 公式サイト http://www.ejrcf.or.jp/gallery/  知られざる画家・メスキータの日本初回顧展。 1868年、ポルトガル系ユダヤ人の家庭に生まれ、オランダ・ハールレムやアムステルダムで、画家、版画家として、また、装飾美術の分野でデザイナーとしても活躍した。一方で、美術学校の教師として多くの学生を指導、中でもM.C.エッシャーはメスキータから大きな影響を受けており、その初期作品はメスキータの作品との類似点が見られる。 メスキータ作品の最大の魅力は、木版画の力強い表現にある。異国の動植物をモチーフとした、鋭い切れ味の線描による大胆な構成、明暗の強烈なコントラストを生かした装飾的な画面は、見る者に強い印象を与える。また、単純化された構図と明快な表現、装飾性と平面性が溶け合った画面には、しばしば日本の浮世絵版画の影響が指摘されている。一転して、ほとんど無意識の状態で浮かんでくる映像を作為なく描いたと言われるドローイングは、表現主義との親近性を感じさせるとともに、シュルレアリスムにおけるオートマティスム(自動筆記)の先駆けとも言える。 ユダヤ人だったメスキータは、1944年に強制収容所に送られ、そこで家族もろとも殺された。アトリエに残された作品は、エッシャーや友人たちが持ち帰って命懸けで保管し、戦後すぐに展覧会を開催。メスキータの名前が忘却されずに残ったのは、エッシャーらの尽力によるところが少なくない。近年のヨーロッパでは、カタログ・レゾネ(全作品目録)が発行され、相次いで展覧会が開かれるなど、メスキータの作品の包括的な紹介と評価の気運が高まっている。 本展は、昨2018年のメスキータの生誕150年に続く没後75年の節目に、版画約180点と油彩や水彩など約60点をあわせた総数約240点を展示。謎に満ちた画業の全貌を明らかにする。
招待券プレゼント 読者アンケート「期待する今後予定の展覧会3件とその理由」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
《ユリ》 1916-17年、個人蔵 Photo: Martin Wissen Photography, Borken, Germany
《ファンタジー》 1914年、個人蔵 Photo: J&M Zweerts
《シマウマ》 1918年、個人蔵 Photo: Martin Wissen Photography, Borken, Germany
 2015年の第56回ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館での、空間を埋め尽くす赤い糸、そこに結ばれた無数の鍵、2艘の舟で構成された《掌の鍵》の鮮烈な記憶が脳裏に焼き付いている人も多いであろう、塩田千春の過去最大規模の個展が森美術館で開催される。 ベルリンを拠点にグローバルな活躍をする彼女は、記憶、不安、夢、沈黙など、かたちの無いものを表現したパフォーマンスやインスタレーションで知られている。しばしば個人的な体験を出発点にしながらも、その作品はアイデンティティ、境界、存在といった普遍的な概念を問うことで世界の幅広い人々を惹きつけてきた。 本展副題の「魂がふるえる」には、言葉にならない感情によって震えている心の動きを、他者にも伝えたいという作家の思いが込められている。糸を空間に張り巡らせたダイナミックなインスタレーションはいまや彼女の代名詞ともいえるが、本展では、移動や船を連想させる船やトランク、沈黙を示唆する焼けたピアノなどが組み合わされた《不確かな旅》《静けさの中で》など大型作品点を中心に、立体作品、パフォーマンス映像、写真、ドローイング、2011年初演のオペラ『松風』(2018、新国立劇場ほか)をはじめとする舞台美術の関連資料などを加え、25年にわたる活動を網羅的に体験できる初めての機会となる。「不在のなかの存在」を一貫して追究してきた塩田の集大成となる本展を通して、生きることの意味や人生の旅路、魂の機微を実感することができるだろう。 森美術館 公式サイト www.mori.art.museum 2019年6月20日[木]- 10月27日[日] 10時〜22時(最終入館21時30分)
※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30) ※ただし10⽉22⽇[⽕]は22:00まで(最終⼊館 21:30) 休館/会期中無休 塩田千春《不確かな旅》 2016年 鉄枠、赤毛糸 展示風景:「不確かな旅」 ブレイン|サザン(ベルリン)2016年 撮影:Christian Glaeser 塩田千春《どこへ向かって》 2017年 白毛糸、ワイヤー、ロープ 展示風景:「どこへ向かって」ル・ボン・マルシェ(パリ)2017年 撮影:Gabriel de la Chapelle 塩田千春 オペラ公演「松風」のステージデザイン ベルリン国立歌劇場2011年 撮影:Bernd Uhlig 撮影:Sunhi Mang 塩田千春展:魂がふるえる
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今年予定の展覧会3件」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
重要美術品《周茂叔愛蓮図》伝小栗宗湛筆 1幅 日本・室町時代 15世紀 根津美術館蔵
《寒山拾得図》雪村周継筆 2幅 日本・室町時代 16世紀 栃木県立博物館蔵
《蔬菜図》啓孫筆 1幅 日本・室町時代 16世紀 根津美術館蔵
《源氏物語朝顔図》(部分)土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵 はじめての古美術鑑賞 ー絵画のテーマー 2019年5月25日[土]- 7月7日[日] 10時〜17時 ※入館は16時30分まで 休館/月曜日 根津美術館 公式サイト http://www.nezu-muse.or.jp  日本の古美術は、西洋美術と比べて敷居が高い、地味で分かりにくい、と思われている方も多いのではないだろうか。そんな声に応えて、根津美術館は2016年に「はじめての古美術鑑賞 ― 絵画の技法と表現 ―」を開催。大好評を得た。 今回はそのシリーズの4回目として、近世以前の日本絵画の「テーマ」にスポットを当てる。 日本における画題の変遷をたどりながら、水墨作例を中心に、様々な絵画主題を紹介。 “蓮×舟上人物”から「愛蓮説」を著し蓮を終生愛したことで知られる中国・北宋の大儒学者周茂叔を、“雪玉遊び×平安貴族”から源氏物語を、“巻物×笑顔”から寒山を、“茄子×根菜”から子孫繁栄を読み解いていく楽しさ…!! なかには一目見ただけでは分かり難いものもあるが、この展覧会でその意味を知ることができれば、より深い作品理解へと繋がることだろう。 同時開催展「茶席の書画ー根津青山の茶会」(展示室5)では本館コレクションの礎を築いた初代・根津嘉一郎(青山)の茶会で用いられた書や絵を展示。また「雨中の茶の湯」(展示室6)では梅雨時の風情を楽しむ、雨や水にちなんだ茶道具約20件の取り合わせを堪能できる。 梅雨時を風流に、そして知的に楽しむこと。根津美術館で体験してみよう。
グスタフ・クリムト《エミーリエ・フレーゲの肖像》 1902年 油彩/カンヴァス 178×80 cm ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz
オットー・ヴァーグナー《カール・ルエーガー市長の椅子》 1904年 ローズウッド、真珠母貝の象嵌、アルミニウム、革 高さ:99 cm、幅:63 cm ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz
ヨーゼフ・ホフマン《ブローチ》 製作:ウィーン工房 1908-10年 銀、金箔、瑪瑙、アメジスト、 赤鉄鉱、碧玉、トルコ石、ムーンストーン、珊瑚 4.9×4.9 cm International Friends of Wien Museum, A.P. Collection ©Asenbaum Photo Archive
エゴン・シーレ《自画像》 1911年 油彩/板 27.5×34 cm ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz 日本・オーストリア外交樹立150周年記念 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 2019年4月24日[水]ー 8月5日[月] 10時〜18時 ※金・土曜日は4・5・6月は20時、7・8月は21時まで ※4/28[日]〜5/2[木]と5/5[日]は20時まで ※5/25[土]は「六本木アートナイト2019」開催に伴い22時まで ※入場は閉館の30分前まで 休館/火曜日 ※ただし4月30日は開館 国立新美術館 企画展示室1E 本展情報サイト https://artexhibition.jp/wienmodern2019/  19世紀末から20世紀初頭、ウィーンでは、絵画や建築、デザインなど、それぞれの領域を超えた新しい芸術を求めて、独自の装飾的で煌びやかな文化が開花した。今日では「世紀末芸術」と呼ばれるこの時代に、画家のグスタフ・クリムト(1862-1918)やエゴン・シーレ(1890-1918)、建築家オットー・ヴァーグナー(1841-1918)やアドルフ・ロース(1870-1933)など各界を代表する芸術家たちが登場。その影響は美術の分野のみならず、音楽や精神医学などにもおよび、ウィーンの文化は黄金時代を迎える。 本展は、ウィーンの世紀末文化を「近代化(モダニズム)への過程」という視点から紐解く新しい試み。18世紀の女帝マリア・テレジアの時代の啓蒙思想がビーダーマイアー時代に発展し、ウィーンのモダニズム文化の萌芽となって19世紀末の豪華絢爛な芸術運動へとつながっていった軌跡をたどる展示構成は、ウィーンの豊穣な文化を知る展覧会の決定版と言える。 中でも見どころは、クリムト47点、シーレ22点、ココシュカ17点という、ウィーン世紀末の巨匠たちの傑作の集結。クリムトが最愛の女性を描いた《エミーリエ・フレーゲの肖像》をはじめとする油彩画に加え、素描、ポスターなどのグラフィックを通して、モダニズムの黄金時代を築いた作家たちの作品世界に深く迫る。 貴重なウィーン世紀末のコレクションを所有するウィーン・ミュージアムと個人所蔵を合わせ、東京展は約400点。ウィーン分離派やモダニズム建築のデザイン画、模型、ウィーン工房が手がけたインテリア、さらにモーツァルト、シューベルト、シェーンベルクらウィーンが生んだ音楽家や、ハプスブルク家にまつわる品々も展示されるまたとない機会。国立新美術館で堪能しよう。
招待券プレゼント 読者アンケート「今後展覧会をしてほしい作家について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に無料観覧券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
グスタフ・クリムト《ユディトⅠ》 1901年 油彩、カンヴァス 84×42cm ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館 © Belvedere, Vienna, Photo: Johannes Stoll
グスタフ・クリムト 《オイゲニア・プリマフェージの肖像》 1913/1914年 油彩、カンヴァス 140×85cm 豊田市美術館
グスタフ・クリムト《ヌーダ・ヴェリタス(裸の真実)》 1899年 油彩、カンヴァス 244×56.5cm オーストリア演劇博物館 © KHM-Museumsverband, Theatermuseum Vienna
クリムト展 ウィーンと日本 1900 2019年4月23日[火]ー 7月10日[水] 9時30分〜17時30分 金曜日は9時30分~20時 ※入室は閉室の30分前まで 休室/5/7[火]、5/20[月]、5/27[月] 6/3[月]、6/17[月]、7/1[月] 東京都美術館 企画展示室 特設WEBサイト https://klimt2019.jp  過去最大級のクリムト展がやってくる。 19世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムト(1862-1918)。華やかな装飾性と世紀末的な官能性をあわせもつその作品は、いまなお圧倒的な人気を誇っている。 2018年の没後100年を記念する本展覧会では、初期の自然主義的な作品から、分離派結成後の「黄金様式」の時代の代表作、甘美な女性像や数多く手がけた風景画まで、日本では過去最多となる油彩画25点以上の紹介となる。 《ユディトⅠ》(1901)や《ヌーダ・ヴェリタス(裸の真実)》(1899)らの代表作に加え、ローマ国立近代美術館所蔵の《女の三世代》(1905)が日本初公開となることも大きな話題。縦横約170cmの本作は、壁画などを別にすればクリムト最大の絵画のひとつ。クリムトが深い関心を寄せた生命の円環をテーマに、人間の一生を幼年期、青年期、老年期の3段階に分けて寓意的に表現する。 ウィーンの分離派会館を飾る全長34mにも及ぶ壁画《ベートーヴェン・フリーズ》の精巧な複製による再現展示のほか、同時代のウィーンで活動した画家たちの作品や、クリムトが影響を受けた日本の美術品などもあわせ、ウィーン世紀末美術の精華をたっぷりと堪能できる。 なお、スペシャルサポーターには稲垣吾郎が就任。初挑戦の音声ガイドも御期待あれ。
グスタフ・クリムト《ベートーヴェン・フリーズ》(部分) 1984年(原寸大複製/オリジナルは1901-1902年) 216×3438㎝ ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館 © Belvedere, Vienna
招待券プレゼント 読者アンケート「見逃せない今年予定の展覧会とその理由」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントします。当選は発送をもって代えさせていただきます。
グスタフ・クリムト《雨後(鶏のいるザンクトアガータの庭)》 1898年 油彩、カンヴァス 80×40㎝ ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館 © Belvedere, Vienna, Photo: Johannes Stoll
そのほかのおすすめ企画展
会期 展覧会名 内容 会場
2019.4.27-6.30 札幌美術展 砂澤ビッキ―風― ビッキが晩年取り組んだ「風」のテーマを中心に展開 札幌芸術の森美術館(北海道)
2017.4.25-21.2.28 シャガール「アレコ」全4作品 フィラデルフィア美術館から第3幕借用で全4作品が揃う 青森県立美術館(青森)
2018.4.13-9.1 ウソから出た、まこと 北澤潤、Nadegata Instant Party、藤浩志による新作 十和田市現代美術館(秋田)
2019.4.5.25-7.15 デッサンの温度 藤田嗣治と秋田の 藤田の線描と向き合った秋田の画家、彫刻家のデッサン 秋田県立美術館(秋田)
2019.4.27-6.30 岩合光昭の世界ネコ歩き2 NHK BSプレミアム「岩合光昭の世界ネコ歩き」の写真展 秋田県立近代美術館(秋田)
2019.5.30-7.9 茶の湯の世界 茶人たちの美意識と客人を楽しませるもてなしの器 本間美術館(山形)
2019.7.19-8.25 2019.6.8-7.15 ロマンティック・ロシア 広重 ― 雨、雪、夜 風景版画… 国立トレチャコフ美術館より感動の名画72点が一堂に 主要な風景版画160点を展示、鑑賞ポイントを個々に紹介 山形美術館(山形) 岩手県立美術館(岩手)
2019.7.13-9.1 平福百穂展 百穂の多方面にわたる活躍を過去最大の規模で一望 宮城県美術館(宮城)
2019.7.12-9.1 戦国の伊達氏―稙宗から政宗へ 政治・外交・合戦・信仰・文化等から全国区になった理由 仙台市博物館(宮城)
2019.7.6-9.1 やなぎみわ展 神話機械 日本神話をモチーフに福島市内の果樹園の桃を撮影 福島県立美術館(福島)
2019.7.13-11.24 四次元を探しに ダリから現代へ 初のコレクションと現代美術とのコラボレーションに挑む 諸橋近代美術館(福島)
2019.5.25-6.30 コレナニ!?びじゅつ 当館で収集を行ってきた1945年以降の現代アートを中心に 新潟県立万代島美術館(新潟)
2019.5.26-7.1 白寿 江口草玄のすべて 250点超の書や資料等から一世紀にわたる生涯を辿る 新潟県立近代美術館(新潟)
2019.6.1-7.28 チェコ・デザイン 100年の旅 ミュシャほか19世紀末〜現代のチェコデザインを紹介 富山県美術館(富山)
2019.5.23-7.7 美を謳う 中島千波の世界 伝統に安住せず独創的な美の世界を謳い続ける画業 富山県水墨美術館(富山)
2019.4.27-9.23 マルタ・クロフスカ 不思議ないきものをテーマにした日本初個展 富山市ガラス美術館(富山)
2019.6.14-7.22 絵画優品選 前田育徳会尊經閣文庫分館の14-20世紀日・中・伊・仏絵画 石川県立美術館(石川)
2019.4.27-8.25 大岩オスカール 光をめざす旅 近作中心60点あまりに27mの壁面にドローイング 金沢21世紀美術館(石川)
2019.4.27-7.8 田中本家プレミアム 2つの企画展 星野和彦「日本の昔と巴里の今」「明治~昭和の紙製ゲーム」 豪商の館 田中本家博物館(長野)
2019.6.29-8.25 絵を見るとき、あなたは何を… どうやって絵は生まれ、私たちはそこに何を発見するのか 栃木県立美術館(栃木)
2019.7.13-10.6 大竹伸朗 ビル景 1978-2019 人気作家大竹伸朗の40年以上にわたり取り組んできた結晶 水戸芸術館(茨城)
2019.7.19-9.16 山本高之とアーツ前橋のビヨンド… 新作《ビヨンド2020道徳と芸術》はSF映画のような世界観 アーツ前橋(群馬)
2019.7.13-9.16 みつめる 見ること、感じることへの神秘を深め続ける7人の画家 群馬県立館林美術館(群馬)
2019.6.22-9.13 コレクション展示 コレクションの中から100点ほどを展示 DIC川村記念美術館(千葉)
2019.7.2-8.25 没後60年 北大路魯山人 料亭・八勝館所蔵作品と世田谷美術館の塩田コレクション 千葉市美術館(千葉)
2019.10.29-12.26 ハワイ:日本人移民の150年と… 移民、戦争、楽園、王国と先住民。複数の視座から辿る 国立歴史民俗博物館(千葉)
2019.5.17-9.1 スペインの現代写実絵画 バルセロナ・ヨーロッパ近代美術館(MEAM)コレクション ホキ美術館(千葉)
2019.7.6-9.1 計良宏文の越境するヘアメイク パリコレなど国内外で活躍する計良がアートと協働 埼玉県立近代美術館(埼玉)
2019.7.13-8.28 ブラティスラヴァ世界絵本原画展 金のりんご賞(第2席)荒井真紀《たんぽぽ》ら49か国 さいたま市立うらわ美術館(埼玉)
2019.6.29-8.18 メスキータ エッシャーらの尽力で守られた知られざる画家の全貌 東京ステーションギャラリー(東京)
2019.8.3-9.29 円山応挙から近代京都画壇へ 円山・四条派の全貌を追い京都画壇の様相を明らかにする 東京藝術大学大学美術館(東京)
2019.6.11-9.23 松方コレクション展 ゴッホ《アルルの寝室》やモネ《睡蓮、柳の反映》ら160点 国立西洋美術館(東京)
2019.6.18-9.23 奈良大和四寺のみほとけ 岡寺、室生寺、長谷寺、安倍文殊院の魅力的な仏像 東京国立博物館本館(東京)
2019.7.9-9.16 三国志 漢から三国の時代の文物を最新の成果によって読み解く 東京国立博物館平成館(東京)
2019.7.13-10.14 恐竜博 2019 1969年以降50年の恐竜学の歩みと現在、近未来を展望 国立科学博物館(東京)
2019.4.23-7.10 クリムト展 ウィーンと日本 1900 没後100年を記念し、過去最多25点以上の油彩画を展示 東京都美術館(東京)
2019.7.2-10.6 高畑勲展 「アルプスの少女ハイジ」から遺作「かぐや姫の物語」まで 東京国立近代美術館(東京)
2019.7.2-10.6 江戸の街道をゆく~将軍と姫君…~ 将軍の上洛と日光社参、姫君たちの江戸下向に関わる資料 江戸東京博物館(東京)
2019.6.25-8.25 フリーア美術館の北斎展 同館所蔵肉筆画13点の高精細複製画に約130点の関連作品 すみだ北斎美術館(東京)
2019.7.6-10.6 マリアノ・フォルチュニ 絹地ドレスらを軸に日本の染め型紙を含むデザイン資料等 三菱一号館美術館(東京)
2019.6.22-8.25 唐三彩 ―シルクロードの至宝 唐の副葬品、シルクロードを象徴する唐三彩を中心に 出光美術館(東京)
2019.7.6-9.23 マイセン動物園展 アール・ヌーヴォー期の作品を中心に構成 パナソニック汐留美術館(東京)
2019.7.6-9.1 日本の素朴絵 「うまい・へた」の物差しでははかれない不思議な味わい 三井記念美術館(東京)
2019.4.24-8.5 ウィーン・モダン クリムト、シーレらの作品で世紀末への過程をたどる 国立新美術館(東京)
2019.6.26-8.18 遊びの流儀 遊楽図の系譜 双六やカルタ、舞踊やファッション等、楽しみごとの変遷 サントリー美術館(東京)
2019.6.20-10.27 塩田千春展:魂がふるえる 記憶、不安、夢、沈黙らを表現したインスタレーションなど 森美術館(東京)
2019.7.5-9.8 進撃の巨人展 原作の世界を体感できるコンテンツや原画展示など 森アーツセンターギャラリー(東京)
2019.7.20-10.20 あそびのじかん 6組の作家による、こどももおとなも楽しめる作品を紹介 東京都現代美術館(東京)
2019.6.8-8.4 生誕125年記念 速水御舟 40年の生涯に遺した700余点のうち120点を所蔵する山種 山種美術館(東京)
2019.5.14-7.15 宮本隆司 いまだ見えざるところ 初期からアジアの辺境や都市、徳之島でのピンホール作品 東京都写真美術館(東京)
2019.5.25-7.7 はじめての古美術鑑賞 絵画のテーマ 地味でわかりづらいといわれる日本絵画のテーマを知る 根津美術館(東京)
2019.4.20-7.7 キスリング展 丁寧な筆致による洗練されたレアリスムの絵画約60点 東京都庭園美術館(東京)
2019.4.27-6.30 印象派への旅 海運王の夢 英国でしか見れなかった海運王バレル・コレクション80点 Bunkamuraザ・ミュージアム(東京)
2019.6.1-6.26 江戸の凸凹 ―高低差を歩く 浮世絵に描かれた江戸の凸凹-地形の高低差に焦点 太田記念美術館(東京)
2019.6.22-8.4 書物に見る海外交流の歴史 日本史と文化の基層を成す海外との交流の姿を書物で辿る 静嘉堂美術館(東京)
2019.7.6-9.1 高橋秀+藤田桜――素敵なふたり 現代美術作家・高橋と、布貼り絵・藤田の表紙絵や絵本 世田谷美術館(東京)
2019.7.13-9.8 太田喜二郎と藤井厚二 日本の光を追い求めた画家と建築家の幅広い人間関係 目黒区美術館(東京)
2019.7.14-9.16 没後50年 坂本繁二郎展 主題は平凡でありながら、精魂を傾け仕上げられた画面 練馬区立美術館(東京)
2019.4.20-6.30 シャルル=フランソワ・ドービニー展 19世紀フランスを代表する風景画家の国内初の本格展 損保ジャパン日本興亜美術館(東京)
2019.7.10-9.23 ジュリアン・オピー 現代美術を語る上で欠かせないイギリスのアーティスト Tokyo Opera City Art Gallery(東京)
2019.6.29-9.8 日日是アート NYの1部屋で暮らす依田洋一朗・寿久・順子の作品展 三鷹市美術ギャラリー(東京)
2019.7.13-9.8 柚木沙弥郎の「鳥獣戯画」 染色家の「民藝」との出会いを機にした染色の道 県立近代美術館 葉山(神奈川)
2019.7.13-9.1 原三溪の美術 伝説の大コレクション 「コレクター」「茶人」「アーティスト」「パトロン」に焦点 横浜美術館(神奈川)
2018.4.6-9.29 金屏風展 狩野派・長谷川派・琳派 桃山〜昭和初期の画家の花鳥・名所・物語・山水ら約30点 岡田美術館(神奈川)
ロダン館やって□ 本館休館中につき、ロダン館のみ開館中 静岡県立美術館(静岡)
2019.6.1-6.30 世界を開くのは誰だ? 身近ながら気づかないことの拡張、作家と鑑賞者の交流 豊田市美術館(愛知)
2019.6.8-7.21 裂の美 尾張徳川家の裂地コレクションを紐解き様々な裂地を紹介 徳川美術館(愛知)
2019.5.25-8.4 抽象世界 近年欧米で復活する抽象芸術の80年〜今日まで 国立国際美術館(大阪)
2019.4.6-6.30 文房四宝-清閑なる時を求めて 中国明〜清時代の日本有数の文房具コレクション約150点 大阪市立東洋陶磁美術館(大阪)
-2022.4 休館中 休館中 藤田美術館(大阪)
2019.7.6-9.23 百舌鳥古墳群ー巨大墓の時代ー 各地の古墳群との比較から、百舌鳥古墳群の特質を考える 堺市博物館(大阪)
2019.7.13-9.8 法徳寺の仏像 知られざる仏の紹介とX線CTスキャンら最新の調査成果 奈良国立博物館(奈良)
2019.6.8-7.15 謎の蒔絵師 永田友治 光琳の後継者を名乗り京都で活躍した琳派の蒔絵師の実像 MIHO MUSEUM(滋賀)
2019.10.12-11.24 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美 100年目の再会!散り散りになった秘宝が最大規模で集結 京都国立博物館(京都)
2019.6.14-7.28 チューリップの宮殿 トプカプの美 20世紀初頭まで数百年間栄華を極めたオスマン帝国の美 京都国立近代美術館(京都)
2019.7.2-8.17 横山華山展
曾我蕭白や弟子の作品もあわせた約120点で全貌に迫る 京都文化博物館(京都)
2019.6.25-8.18 世界を変える美しい本 インド・タラブックスの本づくりを伝える原画や映像 細見美術館(京都)
2019.6.1-30 「栗田 元正」展 新古典主義を掲げる作家の美意識を豊かな感性で昇華 京都清宗根付館(京都)
2019.6.1-7.21 印象派からその先へ 吉野石膏の19-20世紀フランス近代絵画を中心に展観 兵庫県立美術館(兵庫)
2018.6.1-8.30 うるわしき女性美の世界 美人画 松園の没後70年を記念し、清方、深水らの美人画を一堂に 足立美術館(島根)
2019.6.8-9.4 山口啓介 後ろむきに前に歩く 多くの過去や記憶を背負いなお歩きつづけるための術 広島市現代美術館(広島)
2019.4.20-6.30 フィンランド陶芸 黎明期から隆盛期1950〜60年代までを名作で辿る 山口県立萩美術館・浦上記念館(山口)
2019.7.13-9.1 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 - 室町将軍が切り口の新視点で、国宝14件、重要文化財71件 九州国立博物館(福岡)
2019.6.27-9.24 三館連携企画 「対決!アジアの肉体派」 ラグビーワールドカップを記念しさまざまな肉体派が激突 福岡アジア美術館(福岡)
2019.4.12-7.15 最上大業物 忠吉と肥前刀 初代から九代までの歴代の忠吉とその一門の作品を展示 佐賀県立美術館(佐賀)
2019.6.29-9.1 名探偵コナン 科学捜査展 入場者が探偵手帳を手に科学捜査の手法で事件の謎を解く 長崎県美術館(長崎)
2019.5.18-6.30 竹工芸名品展 メトロポリタン美術館所蔵のアビー・コレクション 大分県立美術館(大分)
2019.6.30-9.8 デザインあ展 in KUMAMOTO 当たり前に存在しているモノを「デザイン」の視点から 熊本市現代美術館(熊本)