Web美庵セレクション 全国美術館企画展情報 NEW!→国際展情報
石井林響《木華開耶姫》 明治39年 千葉県立美術館蔵 生誕135年 石井林響展 −千葉に出づる風雲児−
石井林響《童女の姿となりて》 明治39年 東京都現代美術館蔵
2018年11月23日 [金・祝]ー2019年1月14日[月・祝] 10時〜18時(金・土曜日は20時まで) ※入場受付は閉館の30分前まで 休館/12/3日[月]、12/29[土]~1/3[木] 同時開催/林響の周辺 千葉市美術館 公式サイト http://www.ccma-net.jp
 その才筆を「西に関雪(橋本関雪)、東に林響あり」と称され、明治末から大正期にかけて画壇を賑わせた日本画家・石井林響(本名 毅三郎、1884-1930)。 現千葉市土気(とけ)で生まれ、16歳で上京後に下村観山の推薦で橋本雅邦に入門するや、「天風」の名で早くも頭角を現した。当時流行していた歴史画を綿密で物語性豊かに描き称賛を浴びた。そこから、横山大観や今村紫紅から影響を受けた風景画や田園風俗画へと画風を大きく展開させながら、画壇への刺激や示唆を与え続けた熱血漢だった。 「どこの展覧会でも光っていた」と言われる活躍をし、帝展の委員となるなど地位も築くものの、「林響」と号を変えた大正の半ばからは次第に「野に帰る心地」となり、徐々に画壇から距離を置き、大正15年、郷里に近い千葉の大網宮谷に画房「白閑亭」を築いて移住。南画や文人画に没頭し、新たな画境へ進み始めた矢先、忽然と、45歳の若さで急逝した。しかしその才気と気概は、画人たちや房総の人々にも大きな存在感を遺している。 本展では、新たな資料や他作家の作品を含む約140点を通じて、その知られざる画業に迫る28年ぶりの回顧展。古画を愛し、同時代の画家たちの中でも随一の目利きで知られた林響の蒐集品(中国・清時代の画家・石濤(せきとう)の《黄山八勝画冊》、現泉屋博古館蔵、重要文化財)も展示。「野人林響」が追い求めた理想の世界を探り、今の時代にこそ見直してみたい、その魅力をあらためて広く紹介する。
石井林響《野趣二題 枝間の歌・池中の舞》 東京国立近代美術館蔵
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
石井林響《総南の旅から 仁右衛門島・隧道口・砂丘の夕》 大正10年 山種美術館蔵(展示期間:11月23日〜12月20日)
神々のやどる器 中国青銅器の文様 泉屋博古館分館 公式サイト https://www.sen-oku.or.jp/tokyo/ 2018年11月17日[土]- 12月24日[月・祝] 10時〜17時 ※入館は16:30まで 休館/月曜日(12/24[月]は開館) 《虎卣(こゆう)》 商時代後期 泉屋博古館蔵 《戈卣(かゆう)》 商時代後期 泉屋博古館蔵
《犠首方尊(ぎしゅほうそん)》 商時代後期 泉屋博古館蔵
 日本はまだ縄文時代中期の3,500年以上前。すでに中国では、のちに中華文明を代表する存在となる中国青銅器が誕生していた。殷周青銅器は世界史上にもまれに見る複雑な造形へと発達を遂げ、後の時代の中国のみならず、日本の伝統的な金属工芸品にも多大な影響を与えている。 主に祭器として使用された青銅器の文様は、饕餮(とうてつ)のような獣面や、のちの鳳凰につながる鳥、龍の原型など、実在の動物のパーツを組み合わせた想像上の神の姿をしていることが特徴。 一方、合理主義の始皇帝の時代からは、個人の幸福実現のためのアイテムとして銅鏡が盛んにつくられはじめる。そこには様々な神、仙人、獣が描かれ、そこに映し出された世界には、古代の人々の思想を活き活きと読み取ることができる。 本展では、中国青銅器の「文様」に焦点を当て、106件を紹介。古代中国の工人たちの卓越した技と、それによって表された古代の精神世界を探求する。文様は全て、後から彫ったものではなく、文様が施された型から鋳造して生成されたもの。現代では再現できないわずか2〜3mmの薄さの鋳造技術は見どころとなる。 青銅器は日本では文人趣味の嗜好品として位置づけられる時代もあったが、別子銅山を礎に発展した住友家では、家業ゆかりの文化財として、中国青銅器を積極的に蒐集。その質の高さは、戦前から欧米でも高い評価を得ている。本展で息を呑むコレクションを一堂にすることは、古代中国のデザイン感覚に驚き、堪能する貴重な体験となることだろう。
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後の美術展、作家について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に本展招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
【重要文化財】 《画文帯同向式神獣鏡(がもんたいどうこうしきしんじゅうきょう)》 三国時代(3世紀) 泉屋博古館
《貼銀鍍金舞鳳狻猊八稜鏡(ちょうぎんときんぶほうさんげいはちりょうきょう)》 盛唐時代(8世紀)
 泉屋博古館
Bunkamura 30周年記念 イワン・クラムスコイ《忘れえぬ女(ひと)》 1883年 油彩・キャンヴァス © The State Tretyakov Gallery
国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア 2018年11月23日[金・祝]ー2019年1月27日[日] 10時〜18時(金・土は〜21時まで、入館は各閉館の30分前まで) 休館/11/27[火]、12/18[火]、2019年1/1[火・祝] Bunkamura ザ・ミュージアム
展覧会公式サイト http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/18_russia/  すべての男の目を釘付けにするクラムスコイの名作《忘れえぬ女(ひと)》が、約10年ぶりの来日!! 本展はロシア美術の殿堂・国立トレチャコフ美術館が所蔵する豊富なコレクションより、19世紀後半から20世紀初頭のロシアを代表する作家の作品72点を、自然や人物像に宿るロシア的なロマンに思いを馳せて紹介するもの。 この時代のロシア文化は、チャイコフスキー、ムソルグスキーなどの作曲家や、トルストイやドストエフスキーに代表される文豪によって日本でもなじみ深いが、美術においても19世紀後半、制約の多い官製アカデミズムに反旗を翻し、ありのままの現実を正面から見据えて描くことをめざす「移動派」グループが、クラムスコイら若手画家によって組織され、多くの才能を輩出した。白樺や樫の木の深い森、雪に覆われた大平原、長い冬が終わり樹木や草花が芽吹く春などにロマンを見出し、自然を題材とした絵画を多く描いた。シーシキンの《正午、モスクワ郊外》に描かれた地平線まで続く道はロシアならではの雄大さを、バクシェーエフの《樹氷》は真っ白な樹氷が青空に冴え、透き通った大気を感じさせる。 一方、モスクワ郊外アブラムツェヴォのマーモントフ邸に集まったクズネツォフ、レヴィタン、コローヴィンらの画家たちは、懐古的なロマンティシズムに溢れた作品を多く残したが、彼らと移動派にはともに祖国に対する愛という共通点が見出せる。 ロシア帝国が崩壊し、やがてロシア革命を迎える激動の時代。その複雑な社会、同時代を生き抜いた人々も作品に登場する。《忘れえぬ女(ひと)》と同じクラムスコイによる、麗人をテーマにした神秘的な作品《月明かりの夜》も見どころ。《ワーリャ・ホダセーヴィチの肖像》に登場する幼い少女の姿は、子どもの世界にも奥深い内面的があることを証明している。 30周年を迎える渋谷Bunkamuraで、深い精神世界を湛える濃密なロシア的ロマンに浸ってみてはいかが?
イワン・シーシキン《正午、モスクワ郊外》 1869年 油彩・キャンヴァス © The State Tretyakov Gallery ワシーリー・コマロフ《ワーリャ・ホダセーヴィチの肖像》 1900 年 油彩・キャンヴァス © The State Tretyakov Gallery ワシーリー・バクシェーエフ《樹氷》 1900年 油彩・キャンヴァス © The State Tretyakov Gallery
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
エドヴァルド・ムンク《自画像》 1882年 油彩、紙(厚紙に貼付) 26.5×19.5cm ムンク展 ―共鳴する魂の叫び
エドヴァルド・ムンク《叫び》 1910年? テンペラ・油彩、厚紙 83.5×66cm
2018年10月27日 [土]ー2019年1月20日[日] 9時30分〜17時30分(入室は閉室の30分前まで) ※金曜日、11/1[木]、11/3[土・祝]は9時30分~20時 休室/月曜日、12/25[火]、12/31[月]、1/1[火・祝]、1/15[火] ※ただし、11/26[月]、12/10[月]、12/24[月・休]、
1/14[月・祝]は開室 東京都美術館 企画展示室
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
展覧会公式サイト https://munch2018.jp 問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
 あの「叫び」が、都美にやって来る!! ノルウェーを代表する画家、エドヴァルド・ムンク(1863 -1944)の代表作を一堂に公開、その人生を通覧する大回顧展が開催される。 中でも「叫び」は、ムンクの代名詞的な存在にして、世界で最もよく知られる名画。手で両耳を塞ぎ、口を大きく開いて道に立ち尽くす中央の人物と、オスロ・フィヨルドの上に広がる鮮烈な夕暮れ。これは、友人たちと夕暮れを歩く中、フィヨルドを眺めたムンクが「自然をつらぬく叫び」を聞いたことを発端に描かれたもの。人間が内面に抱える不安や孤独などの感情が、周囲の自然と共鳴しているかのようだ。「叫び」は、版画を除くと世界に4点が現存しているが、そのうちの1点、本展に出品されるオスロ市立ムンク美術館所蔵のテンペラ・油彩画の《叫び》は、今回が初来日となる。 ほかにも見どころは満載。幼くして肉親を失ったムンクが、第二次世界大戦のさなかに亡くなるまでどのような人生を歩んだのかを、主題ごとに追う。数々の自画像から、姉の死を題材にした《病める子Ⅰ》、漁村オースゴールストランが舞台の《夏の夜、人魚》、愛の曖昧さや複雑さを描いた《森の吸血鬼》など多彩な作品が集う。これらを通し、ムンクのミステリアスな人物像に迫っていく。 画家の故郷、オスロ市立ムンク美術館が誇る世界最大のコレクションを中心に、約60点の油彩画に版画などを加えた約100点により構成される。 巡回なしのこの展覧会。ぜひ上野に足を運びたい。 エドヴァルド・ムンク《病める子Ⅰ》 1896年 リトグラフ 43.2×57.1cm エドヴァルド・ムンク《夏の夜、人魚》 1893年 油彩、カンヴァス 93.5×118cm 作品はすべてオスロ市立ムンク美術館所蔵 All Photographs ©Munchmuseet
ピエール・ボナール《猫と女性 あるいは 餌をねだる猫》 1912 年頃 油彩、カンヴァス 78×77.5cm オルセー美術館 © RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF
ピエール・ボナール《フランス=シャンパーニュ》 1891 年 多色刷りリトグラフ 78×50cm 川崎市市民ミュージアム
オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展 2018年9月26日[水]- 12月17日[月] 10時〜18時 ※金・土曜日は20時まで ※入場は閉館の30分前まで 休館/火曜日 国立新美術館 企画展示室1E 本展情報サイト http://bonnard2018.exhn.jp
 19世紀末のフランスでナビ派の一員として出発、浮世絵の影響が顕著な装飾的画面により「日本かぶれのナビ」の異名を取ったピエール・ボナール(1867~1947)。東京では37年ぶりとなる本格的な大回顧展が、国立新美術館で幕を開けた。 ボナールは20世紀に入ると、目にした光景の印象をいかに絵画化するかという「視神経の冒険」に身を投じ、鮮烈な色彩の絵画を多数生み出す。 本展は、パリのオルセー美術館の特別協力を得て、油彩72点、素描17点、版画・挿絵本17点、写真30点、ポスター、屏風まで130点超の作品で概観する。平坦な色面構成や掛け軸風の縦型作品といった日本美術からの影響をたどる第1章「日本かぶれのナビ」に始まり、芸術家としてのキャリアをスタートさせるきっかけとなったポスター《フランス=シャンパーニュ》などを紹介する第2章「ナビ派時代のグラフィック・アート」、「浴室の裸婦」を紹介する第4章「近代の水の精たち」、どこか謎めいたボナールの室内画を「親密さ」をテーマに概観する第5章「室内と静物『芸術作品ー時間の静止』」など、テーマごと7つの章で構成されている。 本国フランスでは近年、ナビ派の画家たちへの評価が高まり、2015年にオルセー美術館で開催されたボナール展では51万人が魅了され、2014年のゴッホ展に次ぐ、歴代企画展入場者数の第2位を記録した。本展の監修者であるオルセー美術館学芸員のイザベル・カーンは「今回の展覧会の醍醐味は、オルセーの重要作品と、日本の美術館が所有する作品との呼応。日本とフランスの文化は交わり、ハイブリッドな形となって作品が生み出されてきた。それはとくにボナールの生きた時代において顕著でした」と、見どころを語る。 さまざまなジャンルを通じて、謎多き画家ボナールの魅力に迫る、記念碑的な展覧会。見逃せない機会となる。
《ル・グラン=ランスの庭で煙草を吸うピエール・ボナール》 1906 年頃 モダン・プリント 6.5×9cm オルセー美術館 © RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF
ピエール・ボナール《花咲くアーモンドの木》 1946-47 年 油彩、カンヴァス 55×37.5 cm オルセー美術館(ポンピドゥー・センター、国立近代美術館寄託) © RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / image RMN-GP / distributed by AMF
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に無料観覧券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
《祭姪文稿(部分)》顔真卿 筆 唐時代・乾元元年(758) 台北 國立故宮博物院蔵 《黄絹本蘭亭序(部分)》褚遂良 筆 唐時代・7世紀 台北 國立故宮博物院寄託
 1000年の時を超え、書の最高峰が初来日する。唐時代、「顔法」と称される特異な筆法によって、後世にきわめて大きな影響を与えた政治家・書家の顔真卿(がんしんけい、709–785)。 中国の歴史上、東晋時代(317–420)と唐時代(618–907)は書法が最高潮に到達した時代。書聖・王羲之(おうぎし、303–361)が活躍した東晋時代に続いて、唐時代には虞世南(ぐせいなん)、欧陽詢(おうようじゅん)、褚遂良(ちょすいりょう)ら初唐の三大家が楷書の典型を完成させる。そして顔真卿は三大家の伝統を継承しながら、彼らとは異なる美意識のもとにつちかわれた書によって、後世にきわめて大きな影響を与えた。 本展は顔真卿の人物や書の本質に迫るとともに、後世や日本に与えた影響にも目を向け、唐時代の書が果たした役割を検証するもの。 注目ポイントはまず、「楷書」の美しさ。篆書、隷書を経て楷書へと進化を遂げた楷書。本展では、人々が長く写本を取り続け、手本にしてきた虞世南の《孔子廟堂碑(こうしびょうどうひ)》(628-630)、唐時代の優雅な気分を盛り込んだ、褚遂良の《雁塔聖教序(がんとうしょうぎょうしょ)》(653)など唐時代の貴重な名筆楷書を見ることができる。また、後漢時代から東晋時代までの名士の逸話を編纂した国宝《世説新書巻第六》(7世紀)の裏側に書かれた楷書に着目するなど、ユニークな試みも行われる。 次の見どころは、初来日となる顔真卿《祭姪文稿(さいてつぶんこう)》(758)。安史の乱によって従兄とその未子を亡くした顔真卿が、亡骸を前に書いた弔文の草稿と伝えられる。冒頭は平静だが、次第に気分の高まりや激情が見られる筆致となり、書き間違え、行そのものが曲がっている部分なども現れるという、劇性を宿している。台北の国立故宮博物院に所蔵され、所蔵先でも2012年に展示されて以来公開されていない。海外で公開されるのも、ワシントンのナショナルギャラリーでの1997年の展示以来、今回が2度目という希少さ。 さらに注目なのは、「王羲之神話の崩壊」というテーマ。日本でも過去数度展覧会が行われ、「書聖」として名高い王羲之だが、じつはその真跡は存在しない。青銅器や石碑の文字をもとにした文字の習得法がさかんになった19世紀、王羲之神話は崩壊、野趣あふれる書風が主流となった。本展ではその代表格のひとつである趙之謙(ちょうしけん)《行書五言聯(ぎょうしょごごんれん)》(1858)も登場する。 こうして、唐時代とそれ以降の書のあゆみを多角 的に見ることのできる本展。希少な顔真卿の肉筆(墨跡)が見られるという点においても、書に関わる人のみならず、見逃せない貴重な機会と言えるだろう。 東京国立博物館 平成館
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に無料招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
展覧会公式サイト https://ganshinkei.jp/ 2019年1月16日[水]-2月24日[日] 9時30分〜17時(金曜・土曜は21:00まで 入館は閉館の30分前まで) 休館/月曜日(ただし2/11[月・祝]は開館、翌2/12[火]休館) 顔真卿 王羲之を超えた名筆 国宝《金剛般若経開題残巻(部分)》空海 筆 平安時代・9 世紀 京都国立博物館蔵 《自叙帖(部分)》懐素 筆 唐時代・大暦 12 年(777) 台北 國立故宮博物院蔵 《九成宮醴泉銘》欧陽詢 筆 唐時代・貞観 6 年(632) 台東区立書道博物館蔵
そのほかのおすすめ企画展
会期 展覧会名 内容 会場
2019.4.27-6.30 札幌美術展 砂澤ビッキ―風― ビッキが晩年取り組んだ「風」のテーマを中心に展開 札幌芸術の森美術館(北海道)
2018.10.27-3.3 コレクション展 2018-4 棟方、成田亨、馬場のぼる、澤田教一ら青森ゆかりの作家 青森県立美術館(青森)
2018.10.27-3.24 毛利悠子 ただし抵抗はあるものとする 渦・回転・螺旋運動に音響を使った大規模な新作彫刻 十和田市現代美術館(秋田)
2018.11.10-1.7 光 resonance 音 ガラス作家小牟禮尊人と本郷仁の2人展 秋田県立美術館(秋田)
2018.12.1-2.11 横山津恵展 院展に出品を続け秋田の日本画壇を牽引した画家の回顧展 秋田県立近代美術館(秋田)
2019.1.12-2.18 生命の息吹 大野廣子の世界 米、モンゴル、オーストラリアなどの旅から感じた世界観 本間美術館(山形)
2018.12.6-1.27 長谷川コレクション展 山形銀行会長長谷川吉郎家収集の蕪村《奥の細道図屏風》他 山形美術館(山形)
2018.11.14-12.20 “うつわ”ドラマチック展 世界の陶芸家たちが極めた“うつわ”の美 岩手県立美術館(岩手)
2018.10.3-12.24 平成30年度第III期コレクション展示 日本の近現代美術、海外の美術、佐藤忠良記念館の3部構成 宮城県美術館(宮城)
2018.12.4-22 幸せ願う・めでた掛け 第8期は「幸せ願う・めでた掛け」と題し伊達綱宗らを展示 福島美術館(宮城)
2019.2.9-3.10 GalleryF2019 コレクション再発見 福陽美術会100年を記念し、勝田蕉琴、荻生天泉らを展示 福島県立美術館(福島)
2018.10.22-4.19 冬季休館 2019年4月20日[土]開館予定 諸橋近代美術館(福島)
2019.1.4-2.17 国画創作協会の全貌展 麦僊、竹喬、華岳、晩花、紫峰、波光、神草、三良ら 新潟県立万代島美術館(新潟)
2018.7.2- 休館中
新潟県立近代美術館(新潟)
2018.10.20-12.25 三沢厚彦 ANIMALS IN TOYAMA 近年ユニコーンや麒麟など空想動物にも挑戦する木彫家 富山県美術館(富山)
2018.11.16-12.24 驚異の超絶技巧! 近年注目の集まる明治工芸と現代アートの超絶技巧対決 富山県水墨美術館(富山)
2018.12.8-2.24 ジブリの大展覧会 ナウシカからマーニーまで30年間の歩みを振り返る 富山市ガラス美術館(富山)
2018.11.23-12.24 絵画と調度 前田家の貴重な調度、探幽の大作《達磨渡江図》に注目 石川県立美術館(石川)
2018.9.8-3.3 チウ・ジージエ 書くことに生きる 世界の有り様を俯瞰し、人と物事の関係を記述する 金沢21世紀美術館(石川)
2018.12〜 シンビズム展 長野県ゆかりの作家
豪商の館 田中本家博物館(長野)
2018.11.2-12.24 工芸の教科書 工芸の現在と未来を見据えた有様を探る 栃木県立美術館(栃木)
2018.10.27-1.25 霧の抵抗 中谷芙二子 芸術と科学の融合を見つめてきた柔らかで明快な抵抗 水戸芸術館(茨城)
2018.10.5-1.4 岡本太郎と『今日の芸術』 「絵はすべての人の創るもの」とした岡本太郎の本から アーツ前橋(群馬)
2018.9.15-12.24 時代に生き、時代を超える 板橋区立美術館所蔵の麻生三郎、芥川紗織ら約130点 群馬県立館林美術館(群馬)
2018.10.6-1.14 言語と美術─平出隆と美術家たち 詩人や小説『猫の客』で知られる平出隆と美術家との対話 DIC川村記念美術館(千葉)
2018.11.23-1.14 生誕135年 石井林響展 「どこの展覧会でも光っていた」野人と称された画業 千葉市美術館(千葉)
2018.11.27-1.27 冬の華・サザンカ 人との関わりを遺伝資源と⽂化的資産の両⾯から着⽬ 国立歴史民俗博物館(千葉)
2018.11.23-5.12 人・ひと・人 ー人って面白いー 写実画家が描いた老若男女の作品を一堂に会する ホキ美術館(千葉)
2018.11.14-1.20 辰野登恵子 オン・ペーパーズ まとまった展観の機会が限られていた紙の仕事を中心に 埼玉県立近代美術館(埼玉)
2018.11.17-1.14 美術への挑戦 1960's-80's 60-80年代出版物に取り組んだアーティストの動きを紹介 さいたま市立うらわ美術館(埼玉)
2018.12.1-3.24 相原求一朗の軌跡 ―大地への挑戦― 北海道の自然を描き続けた画家の生誕100年 歿後20年展 川越市立美術館(埼玉)
2018.11.23-1.20 吉村芳生 超絶技巧を超えて 単純に対象を熟視して描かれない制作のヒミツとは? 東京ステーションギャラリー(東京)
2018.12.11-20 大学院美術研究科 博士審査展 博士学位取得を目指す学生の最終関門の審査を一般公開 東京藝術大学大学美術館(東京)
2018.10.16-1.20 ルーベンス展―バロックの誕生 イタリアバロックとのかかわりに焦点を当てて紹介 国立西洋美術館(東京)
2019.1.16-2.24 顔真卿 王羲之を超えた名筆 顔法と称される特異な筆法を創出した人物・書の本質に迫る 東京国立博物館平成館(東京)
2018.10.27-1.20 ムンク展―共鳴する魂の叫び ムンク美術館所蔵テンペラ・油彩画の《叫び》は初来日 東京都美術館(東京)
2018.10.10-12.24 アジアにめざめたら アジア各地から現代アート黎明期1960〜90年代に焦点 東京国立近代美術館(東京)
2019.1.2-3.3 春を寿ぐ ―徳川将軍家のみやび― 篤姫や和宮所持の雛道具、江戸中後期の銀細工や豆人形 江戸東京博物館(東京)
2018.11.20-1.20 大江戸グルメと北斎 北斎の時代に大きな進歩をとげた和食文化にスポット すみだ北斎美術館(東京)
2018.10.17-2.11 フィリップスコレクション展 アングル、ドラクロワ、マネ、ドガ、モネ、ピカソら75点 三菱一号館美術館(東京)
2018.1.12-3.24 染付―世界に花咲く青のうつわ 染付が愛用された各国・時代・コミュニティを巡る 出光美術館(東京)
2019.1.12-3.24 子どものための建築と空間展 作り手と使い手の両方に着目し選んだ作品資料を展示 汐留ミュージアム(東京)
2018.12.13-1.31 国宝 雪松図と動物アート 「国宝 雪松図屏風」に館蔵の動物絵画や茶道具や工芸品 三井記念美術館(東京)
2018.9.26-12.17 ピエール・ボナール展 オルセー美術館の豊富なコレクションを中心に魅力に迫る 国立新美術館(東京)
2018.11.17-1.20 皇室ゆかりの美術 山﨑種二が依頼した、皇居宮殿を飾った日本画の作家たち 山種美術館(東京)
2019.1.10-2.17 酒呑童子絵巻 画風・制作年代の異なる「酒呑童子絵巻」3種初の全貌紹介 根津美術館(東京)
201810.6-1.14 アール・デコと異境への眼差し 美術家たちが遠い地のどのような造形に注目したかを探る 東京都庭園美術館(東京)
2018.11.23-1.27 ロマンティック・ロシア トレチャコフ美術館蔵19C後半〜20C初頭の激動期ロシア Bunkamuraザ・ミュージアム(東京)
2018.11.2-12.20 花魁ファッション 江戸文化のなかで独特の存在感を示す花魁の光と影を紹介 太田記念美術館(東京)
2019.1.29-3.24 岩﨑家のお雛さまと御所人形 桐村喜世美氏に蒐集の京人形司・五世大木平蔵の雛人形 静嘉堂美術館(東京)
2018.12.1-2.11 人間国宝・桂 盛仁 江戸彫金の技 江戸時代初期から続く彫金の一派、柳川派の超絶技巧 練馬区立美術館(東京)
2018.11.17-1.27 ブルーノ・ムナーリ イタリア未来派に始まる活動を約300点の作品で振り返る 世田谷美術館(東京)
2019.1.19-2.3 めぐろの子どもたち展 子どもたちの素直な目を通して発見された驚きや制作意欲 目黒区美術館(東京)
2018.12.8-2.17 タータン 伝統と革新のデザイン ケルト発祥のタータンにまつわる美術作品や資料を堪能 三鷹市美術ギャラリー(東京)
2018.12.8-3.24 堀内正和展 おもしろ楽しい心と形 身体の一部や幾何学図形など、身近な形をヒントに制作 県立近代美術館 葉山(神奈川)
2019.1.12-3.24 イサム・ノグチと長谷川三郎 ふたりの芸術家の交友を焦点に1950年代の日本美再発見 横浜美術館(神奈川)
2018.9.30-3.30 美のスターたち 光琳・若冲・北斎・汝窯など名品が勢ぞろいする 岡田美術館(神奈川)
ロダン館やって□ 本館休館中につき、ロダン館のみ開館中 静岡県立美術館(静岡)
2018.7.17-5.31 休館中
豊田市美術館(愛知)
2019.1.4-2.3 書は語る―30センチのエスプリ― 公家や文化人が懐紙や短冊に染筆した書で人物像を探訪 徳川美術館(愛知)
2018.11.3-1.20 ニュー・ウェイブ現代美術の80年代 65名の作家による約100点の作品で魅惑の80年代を回顧 国立国際美術館(大阪)
2018.12.8-2.11 ペルシアの陶器-色と文様 大胆な花や鳥、図案化された文字、きらめくラスター彩 大阪市立東洋陶磁美術館(大阪)
休館中 休館中 藤田美術館(大阪)
2018.11.20-1.20 剪紙-暮らしを飾る切り紙細工-  中国黄土高原に伝わる剪紙の「窓花」と日本の正月飾り 堺市博物館(大阪)
2018.12.11-1.20 おん祭と春日信仰の美術 883年目の春日大社摂社若宮社の祭礼の歴史と祭礼の様子 奈良国立博物館(奈良)
2019.3.21-5.19 大徳寺龍光院 国宝曜変天目と破草鞋 黒田長政が父官兵衛の菩提を弔うため建立した同院のお宝 MIHO MUSEUM(滋賀)
2018.12.18-2.3 美麗を極める中国陶磁 近年まとまって寄贈された中国陶磁コレクションを紹介 京都国立博物館(京都)
2019.1.12-2.24 世紀末ウィーンのグラフィック リヒャルト・ルクシュ石膏彫像とアドルフ・ロース家具一式 京都国立近代美術館(京都)
2019.1.19-23 Kyoto Art for Tomorrow 2019 京都を中心に活動する新進の若手作家を紹介 京都文化博物館(京都)
2019.2.下旬- 石本藤雄展 マリメッコ→アラビア。石本藤雄の原点と新たな作品世界 細見美術館(京都)
2018.12.1-29 「藤田寶山」展 江戸根付復興の祖である寶山の精緻な作品 京都清宗根付館(京都)
2018.1.27-12.24 サヴィニャック ポスターと合わせて原画や関連作品も展示 兵庫県立美術館(兵庫)
2018.3.1-5.31 日本画家のつながり 大観をめぐる画家たちの作品を人物相関図と合わせて紹介 足立美術館(島根)
2018.12.8-2.24 松江泰治 地名事典 地平線のない構図、平面性、影が生じない順光を貫く写真 広島市現代美術館(広島)
2018.11.26-3.31 休館 設備改修工事のため休館 山口県立萩美術館・浦上記念館(山口)
2019.1.29-3.24 京都・醍醐寺 - 真言密教の宇宙 - 国宝32件、重文49件を含む、計104件を一挙公開! 九州国立博物館(福岡)
2018.11.23-1.20 アジアの木版画運動1930s-2010s 1930年代に魯迅が推進した木版画は中国各地で展開した 福岡アジア美術館(福岡)
2018.11.28-2.11 吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵 ヴェネツィア・ビエンナーレ発表、青蓮院披露の茶室を設置 佐賀県立美術館(佐賀)
2018.11.23-1.27 杉本博司と天正少年使節が見た… 天正少年使節関連の近作群を関連史料や同時代美術と展観 長崎県美術館(長崎)
2018.12.4-25 コレクション展Ⅳ「それぞれの物語」 展示作品の多くにポイント解説をつけ、楽しむきっかけに 大分県立美術館(大分)
2018.11.28-2.11 PROJECT H いろんなじじょう 九州各県で活躍するデザイナーたちによる新たな表現 熊本市現代美術館(熊本)