Web美庵セレクション 全国美術館企画展情報 NEW!→国際展情報
藤田嗣治 《カフェ》 1949年 油彩・カンヴァス ポンピドゥー・センター(フランス・パリ)蔵 Photo © Musée La Piscine (Roubaix), Dist. RMN-Grand Palais / Arnaud Loubry / distributed by AMF © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017 E2833 藤田嗣治 《争闘(猫)》 1940年 油彩・カンヴァス 東京国立近代美術館蔵 © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017 E2833
没後50年 藤田嗣治展 2018年7月31日 [火]ー10月8日[月・祝] 9時30分〜17時30分(入室は閉室の30分前まで) ※金曜日は9時30分〜20時、8月の金曜は9時30分〜21時まで 休室/月曜日、9月18日[火]、25日[火] ※ただし、8月13日[月]、9月17日[月・祝]、24日[月・休]、 10月1日[月]、8日[月・祝]は開室 東京都美術館 企画展示室 展覧会公式サイト http://foujita2018.jp
 没後50年を記念し、精選された作品100点以上という史上最大級の規模で、画家・藤田嗣治(レオナール・フジタ 1886-1968)の大回顧展が開催される。 明治半ばの日本で生まれ、エコール・ド・パリの寵児となり、80年を超える人生の約半分をフランスで暮らし、晩年にはフランス国籍を取得して欧州の土となった藤田。 本展は、「風景画」「肖像画」「裸婦」「宗教画」などのテーマを設けて、最新の研究成果等も盛り込みながら、藤田芸術をとらえ直そうとする試みとなる。 パリのポンピドゥー・センターや、ベルギー王立美術館、アメリカのシカゴ美術館など、欧米の主要な美術館から、初来日作品も含め約20点の代表作が集結。 また、数年前に修復を終えた大原美術館の《舞踏会の前》や東京国立近代美術館の《五人の裸婦》ら国内の代表作に加え、海外からも1920年代の最盛期に描かれた藤田の代名詞ともいえる「乳白色の下地」による裸婦像など、裸婦の代表作10点以上も展示され、まさに見どころ満載。 東京美術学校(現・東京藝術大学)で学び、昭和前期に日本に帰国した際には東京府美術館(現・東京都美術館)にて展示の機会を重ねた藤田にとって、上野は画家としての原点といえる。これは、藤田の回顧展が上野、東京都美術館で開催される初めての機会でもある。 この心熱くなる歴史的な展覧会を、見逃すなかれ。
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
藤田嗣治 《タピスリーの裸婦》 1923年 油彩・カンヴァス 京都国立近代美術館蔵 © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017 E2833
藤田嗣治 《自画像》 1929年 油彩・カンヴァス 東京国立近代美術館蔵 © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017 E2833
平塚運一《ロスアンゼルスの町はずれ》 昭和37年(1962) 千葉市美術館寄託 木版画の神様 平塚運一展 2018年7月14日 [土]ー9月9日[日] 10時〜18時(金・土曜日は20時まで) ※入場受付は閉館の30分前まで 休館/8/6[月]、9/3[月] 同時開催/旅−ちょっとそこまで、遠くまで 千葉市美術館 公式サイト http://www.ccma-net.jp
 生涯を版画三昧で過ごし、102歳まで生きた平塚運一の、関東では18年ぶりとなる大規模な回顧展が開催される。 明治28年(1895)、島根県松江市の宮大工の家に生まれた平塚は、木材と彫刀に囲まれた環境で幼いころから木版画に親しんだ。大正2年(1913)、松江市で開催された洋画講習会で講師の石井柏亭と出会ったことをきっかけに画家を志し、同4年に上京。柏亭から彫師伊上凡骨を紹介されて半年のあいだ内弟子となり、伝統的な彫版を身につけた。同じころに初期仏教版画を発見し、その素朴さや力強さに影響されながら自身のスタイルを築き、以後国画会と日本版画協会を主な舞台に活躍する。 その造形は、初期の温雅な多色摺から、昭和初年に始まる豪快な黒白の構成へと展開。 戦後の昭和37年(1962)には、67歳にしてアメリカに渡り、同地の風物を題材に新たな作風を開拓、さらに1970年代には裸婦を主題にみずみずしい一群を残している。 自画・自刻・自摺を旨とする創作版画家たちのなかでも、ひときわ高く自在な技術から「木版画の神様」と称された平塚は、またよき指導者としても知られ、技法書や版画講習会を通じて彫り、摺ることの喜びを伝えて棟方志功ら多くの後進を育てた。 本展は、102歳で稀有な版画人としての生涯を閉じるまで、実に80年に及んだ平塚の仕事を、寄託品に所蔵品をあわせた木版画約300点から回顧する。 古代と現代を、そして東洋と西洋を架橋したといわれる強靭かつ華麗な作品世界。制作することの喜び、幸福感に包まれるような展示空間を、心ゆくまで堪能してほしい。
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
平塚運一《鏡No.1 波斯更紗》 昭和45年(1970) 千葉市美術館寄託
平塚運一《机上小禽》 昭和3年(1928) 千葉市美術館寄託
平塚運一《奈良十景 東大寺転害門》 昭和35年(1960) 千葉市美術館寄託
平塚運一《東京震災風景 浅草》 大正12年(1923) 千葉市美術館蔵
クロード・モネ《睡蓮、水草の反映》 1914-17年 油彩、キャンヴァス 130.0×200.0cm ナーマッド・コレクション(モナコ) モネ それからの100年 2018年7月14日[土]- 9月24日[月・休] 10時〜18時 ※入館は閉館の30分前まで ※ただし9月14日[金]、15日[土]は 午後8時30分まで 休館/木曜日(ただし8月16日は開館) 横浜美術館 展覧会公式サイト http://monet2018yokohama.jp
 横浜美術館初となるモネ展は、これまでのモネ展とは一線を画する、モネと現代アートの共演が見どころ。 印象派を代表する画家クロード・モネが、画業の集大成となる《睡蓮》大装飾画の制作に着手してからほぼ100年。変幻する光や大気の一瞬をキャンヴァス上に写しとどめようとしたモネの絵画の特質・独創性は、現代の作家たちにも、さまざまなかたちで引き継がれている。 本展では、モネの初期から晩年までの日本初公開の知られざる作品を含む絵画25点と、後世代の26作家による絵画・版画・写真・映像66点を一堂に展覧し、両者の時代を超えた結びつきを浮き彫りにしていく。 ロスコ、ウォーホル、リキテンスタインら20世紀アメリカのアートに、サム・フランシスやリヒターらのアブストラクト、現在活躍中の福田美蘭、湯浅克俊、水野勝規らによる本展のための新作を含めて選び抜かれた現代アートに、モネの芸術との時代・地域・ジャンルを超えたつながりを見出していくことは、まさに心躍る試み。 作家たちは、そして我々は、なぜかくもモネの絵画に魅せられるのか――。それぞれの「好き」の理由を見つけに、横浜美術館に足を運ぼう!!
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
クロード・モネ《睡蓮》 1906年 油彩、キャンヴァス 81.0×92.0cm 吉野石膏株式会社(山形美術館に寄託)
丸山直文《puddle in the woods 5》 2010年 アクリル、綿布 227.3×181.8cm 作家蔵 ©Naofumi Maruyama, Courtesy of ShugoArts
《国宝 火焰型土器》 新潟・十日町市蔵(十日町市博物館保管) 写真:小川忠博 新潟県十日町市 笹山遺跡出土 縄文時代(中期)・前3000~前2000年 特別展 縄文―1万年の美の鼓動 2017年7月3日[火]-9月2日[日] ※国宝6件のうち2件の展示は7/31[火]〜 9時30分〜17時(ただし、金曜・土曜は21:00まで開館。 日曜および7/16[月・祝]は18:00まで開館) 休館/月曜日(ただし7/16[月・祝]、8/13[月]は開館)、7/17[火] 東京国立博物館 平成館 展覧会公式サイト http://jomon-kodo.jp
《重要文化財 遮光器土偶》 東京国立博物館蔵 青森県つがる市木造亀ヶ岡出土 縄文時代(晩期)・前1000~前400年
《重要文化財 ハート形土偶》 個人蔵 群馬県東吾妻町郷原出土 縄文時代(後期)・前2000~前1000年
 私たちの祖先は、どのような思いで土器や土偶をつくったのだろう……そんな思いを馳せずにはいられない「縄文」という時代。 本展は、約1万年ものあいだ続き、東西3000㎞を越える日本列島に広く展開した縄文時代のスケール感をそのままに、時期や地域を飛び超えて縄文の「美」を総覧し、その移り変わりや広がり、そして奥深さをかつてない規模で体感できる、まさに空前の展覧会となる。 縄文時代の遺跡は、これまでに9万件を超える数が確認されているが、数多ある縄文時代の出土品のなかでも国宝は、土偶5件、笹山遺跡出土品1件の合わせてもたったの6件。このうち4件が会期を通して展示されるほか、7月31日からは残りの2件も展示され、6件すべてが初めて勢ぞろいする。 山形県舟形町の西ノ前遺跡から出土した国宝《土偶 縄文の女神》は、高さおよそ45センチと土偶としては国内最大で、堂々たる正面観と先鋭的な印象を与える側面観との差異が際立ち、現代美術に匹敵する造形美とも言われる。 青森県八戸市の風張1遺跡から出土した国宝《土偶 合掌土偶》は、ひざを「く」の字に折り曲げて“祈 りの姿”をした高さおよそ20センチの土偶で、平成21年に国宝に指定されたもの。 これら国宝に加え、教科書でもおなじみの《遮光器土偶》や、温かみを感じさせる《木製編籠 縄文ポシェット》、縄文時代の人びとの身を飾った色鮮やかで優美な《土製耳飾》などの重要文化財をはじめ、縄文時代を代表する優品を一堂に集めて紹介。 縄文人たちが生き抜くために生み出した簡素ながらも力強い形、狩猟採集を行う森や海への感謝や命への敬いの中で作りだされた神秘の形に感動することだろう。
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に無料招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
《重要文化財 土製耳飾》 江戸東京たてもの園蔵
東京都調布市 下布田遺跡出土 縄文時代(晩期)・前1000~前400年
《深鉢形土器》 東京国立博物館蔵
長野県伊那市宮ノ前出土 縄文時代(中期)・
前3000~前2000年
《重要文化財 猪形土製品》 青森・弘前市立博物館蔵 写真:小川忠博
青森県弘前市 十腰内2遺跡出土 縄文時代(後期)・前2000~前1000年
ニト・エ・フィスに帰属 《ナポリ王妃カロリーヌ・ミュラのバンドー・ティアラ》 1810年頃 ゴールド、真珠、ニコロアゲート ミキモト © Droits réservés
ショーメ 《ティアラ「鮮紅色の情熱」》 2016年 「ナチュール ドゥ ショーメ」コレクション ホワイトゴールド、ピンクゴールド、レッドスピネル、ロードライトガーネット、グリーントルマリン、ダイヤモンド ショーメ・パリ © Chaumet ショーメ 《麦モティーフのネックレス「夏の贈り物」》 2016年 「ナチュール ドゥ ショーメ」コレクション ホワイトゴールド、ダイヤモンド ショーメ・コレクション、パリ ©Chaumet
ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 1780年パリに始まるエスプリ 2018年6月28日[木]- 9月17日[月・祝] 10時〜18時(金曜、第2水曜、9月10日〜13日は21時まで) ※入館は閉館の30分前まで 休館/月曜日(ただし7/16、9/10、っz9/17と、 トークフリーデーの7/30、8/27は開館) 三菱一号館美術館 展覧会公式サイト https://mimt.jp/chaumet/  パリのヴァンドーム広場に軒を連ねるジュエラーの中でも、もっとも長い歴史を誇るショーメ。 本展は、ルーヴル美術館名誉館長のアンリ・ロワレット氏と三菱一号館美術館館長の高橋明也氏の共同監修のもと、1780年から約240年におよび追求し続けるショーメの伝統と革新を、貴重な作品を通して紐解いていく、日本初の展覧会となる。 8つの章で構成される展示は、ナポレオン1世と皇妃ジョゼフィーヌ御用達のメゾンとしても知られるショーメを象徴する、高貴な人物に縁のあるジュエリーを集めた「統治者の選ぶもの」に始まり、ショーメの創造性と卓越性を物語る「ティアラの芸術」、愛を象徴するメッセージやモチーフを集めた「想いをあらわすジュエラー」、麦やハチドリなど創業当時から大切にしている自然主義をテーマにした「自然の歴史」などを経て、創業期のショーメが憧れた日本をテーマとした「ショーメと日本」で締めくくられる。 ロマン主義、ジャポニスム、アール・デコといった芸術潮流との対話の中で洗練されたジュエリーや工芸品、絵画、デザイン画など、初公開を含む約300点。思わず息をのむ夢のキラキラ世界。ぜひともご堪能あれ。
招待券プレゼント 読者アンケート「採り上げてほしい今後予定の展覧会について」を添えて、Web美庵編集部(LDQ03330@nifty.com)宛、メールにてご応募ください。抽選で5組10名様に招待券をプレゼントいたします。なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。
ショーメ 《タコのネックレス》 1970年 ゴールド、フロスト仕上げのロック ・クリスタル、ジャスパー、ダイヤモンド、 ルーべライト 両シチリア王国ブルボン家王女コレクション © Chaumet / Nils Herrmann ジョゼフ・ショーメ 《雷神、日本風ブローチ》 1900年頃 ゴールド、オパール、ニコロアゲート、ルビー、エメラルド、ダイヤモンド ショーメ・コレクション、パリ © Chaumet / Nils Herrmann ジョゼフ・ショーメ 《ハチドリのエグレット》 1880年頃 ゴールド、シルバー、ルビー、ダイヤモンド ショーメ・コレクション、パリ © Chaumet / Nils Herrmann
そのほかのおすすめ企画展
会期 展覧会名 内容 会場
2018.7.28-9.24 ブリューゲル展 画家一族150年 およそ150年に渡り優れた画家を輩出し続けた一族の系譜 札幌芸術の森美術館(北海道)
2018.7.20-9.2 めがねと旅する美術展 眼鏡の軌跡に加え、秘められたもの・見えないものを見る 青森県立美術館(青森)
2018.7.14-9.17 ピーターラビットの世界展 作者のポターとピーターラビットにまつわるエピソード 秋田県立美術館(秋田)
2018.7.15-9.18 ミューズ:まなざしの先の女性たち 国立西洋美術館蔵品からルネサンス〜近代の女性表象 秋田県立近代美術館(秋田)
2018.9.8-11.4 ブルーノ・ムナーリ イタリアを代表する作家の絵画、彫刻、絵本、造型教育まで 岩手県立美術館(岩手)
2018.6.16-9.30 ディズニー・アート展 ミッキーマウス誕生〜『モアナと伝説の海』までの原画 宮城県美術館(宮城)
2018.9.4-9.22 福島禎蔵が愛し遺したコレクション 第5期「遠忌300年 仙台藩4代藩主 伊達綱村と黄檗宗」 福島美術館(宮城)
2018.7.7-9.2 イラストレーター 安西水丸 幼少期から晩年に至る原画と資料700点 福島県立美術館(福島)
2018.7.8.10.21 パメーラ・ジューン・クルック展 K.クリムゾンのジャケット採用される画家の31点を一堂に 諸橋近代美術館(福島)
2018.7.7-9.24 近藤勝也展 スタジオジブリを支える動画家の原画など約500点を紹介 新潟県立万代島美術館(新潟)
2018.5.26-7.1 白寿 江口草玄のすべて 白寿を迎える書家の“ことばの姿”としての足跡をたどる 新潟県立近代美術館(新潟)
2018.8.11-10.8 世界ポスタートリエンナーレトヤマ 本館移転後初開催の世界対象の日本で唯一の国際公募展 富山県美術館(富山)
2018.7.13-8.26 生誕120年 児玉希望展 尾竹竹坡、川合玉堂に師事した幅広い作風の代表作約90点 富山県水墨美術館(富山)
2018.4.28-9.3 扇田克也展 柔らかな光を湛えるガラス作品を生み出す作家の個展 富山市ガラス美術館(富山)
2018.7.27-8.26 生誕220年 広重展 季節、天候、時間帯などの組み合わせを駆使する風景画 石川県立美術館(石川)
2018.4.28-8.19 アイ・チョー・クリスティン展 インドネシアで活躍する現代アーティストの霊性と寓意 金沢21世紀美術館(石川)
2018.6.30-8.26 ウェザーリポート ボイス「どんな天気でもそれはいい天気」の有効性を探る 栃木県立美術館(栃木)
2018.7.28-10.8 内藤 礼―明るい地上には… 「地上に存在することは、それ自体、祝福であるのか」 水戸芸術館(茨城)
2018.7.6-9.3 昭和の肖像 写真でたどる「昭和」 横浜美術館の写真で前橋と横浜を結ぶ生糸の道を見せる アーツ前橋(群馬)
2018.7.14-8.26 デンマーク・デザイン 美しく温かみがありシンプルな機能性を持つデザイン 群馬県立館林美術館(群馬)
2018.4.14-8.26 ブリジット・ライリー 幾何学パターンで錯視効果を生む抽象絵画で人気を博した DIC川村記念美術館(千葉)
2018.7.14-9.9 木版画の神様 平塚運一展 生涯、版画三昧!102歳まで生きた木版画の神様の回顧展 千葉市美術館(千葉)
2018.7.10-9.17 ニッポンおみやげ博物誌 日本国内のお土産品を博物学的な視点で展示 国立歴史民俗博物館(千葉)
2018.5.24-11.18 SPARKーあの時君は若かったー インスパイアされたり写実へ進むきっかけになった作品 ホキ美術館(千葉)
2018.7.14-9.9 生誕100年 いわさきちひろ展 新出資料交え約200点で童画家イメージの刷新を試みる 東京ステーションギャラリー
2018.7.28-8.15 1940's フジタ・トリビュート 小沢剛研究室との協働で上野(都美)に帰る藤田を迎える 東京藝術大学大学美術館(東京)
2018.6.19-9.24 ミケランジェロと理想の身体 《ダヴィデ=アポロ》《若き洗礼者ヨハネ》を核に 国立西洋美術館(東京)
2018.7.3-9.2 縄文―1万年の美の鼓動 日本列島の多様な地域で育まれた優品を一堂に集める 東京国立博物館平成館(東京)
2018.7.31-10.8 没後50年 藤田嗣治展 最新の研究成果等も盛り込みながら藤田芸術をとらえ直す 東京都美術館(東京)
2018.6.19-9.27 ゴードン・マッタ=クラーク展 アート、建築、ストリートカルチャー、食の先駆者初回顧 東京国立近代美術館(東京)
2018.8.7-10.8 東京150年 東京の始まりと150年の変化を写真や映像、地図から展観 江戸東京博物館(東京)
2018.6.26-8.26 ますむらひろしの北斎展 漫画「アタゴオル」シリーズが北斎とコラボ すみだ北斎美術館(東京)
2018.6.28-9.17 ショーメ 時空を超える宝飾芸術 約240年のショーメの伝統と歴史を見る日本初の展覧会 三菱一号館美術館(東京)
2018.7.28-9.9 「江戸名所図屏風」と都市の華やぎ 「歌仙絵」の筆頭柿本人麿像を重文を交え紹介 出光美術館(東京)
2018.7.7-9.16 没後50年 河井寬次郎展 本邦初公開の山口大学所蔵作品や松下幸之助ゆかりの作品 汐留ミュージアム(東京)
2018.6.30-9.2 金剛宗家の能面と能装束 秀吉愛蔵小面「雪・月・花」のうち「雪」と「花」が再会 三井記念美術館(東京)
2018.5.30-9.3 ルーヴル美術館展 肖像をテーマに巨匠ヴェロネーゼの傑作《女性の肖像》など 国立新美術館(東京)
2018.7.14-9.6 水を描く 江戸浮世絵〜近現代の日本画まで水を描いた作品を館蔵で 山種美術館(東京)
2018.9.1-10.8 禅僧の交流 墨蹟と水墨画を楽しむ 禅僧の交流の中で生まれた墨蹟と水墨画の名品を紹介 根津美術館(東京)
2018.6.30-9.17 ブラジル先住民の椅子 生活や伝統、独自の神話と色濃く結びついた椅子90点 東京都庭園美術館(東京)
2018.11.23-1.27 ロマンティック・ロシア トレチャコフ美術館蔵19C後半〜20C初頭の激動期ロシア Bunkamuraザ・ミュージアム(東京)
2018.8.3-26 落合芳幾 知られざる全貌を80点以上の作品で魅せる世界初の芳幾展 太田記念美術館(東京)
2018.7.16-9.2 明治150年記念 明治からの贈り物 壮麗な日本画から細密な工芸まで、明治の美の世界 静嘉堂美術館(東京)
2018.8.5-9.24 芳年ー激動の時代を生きた鬼才 西井正氣コレクション263点で、芳年の画業の全貌を紹介 練馬区立美術館(東京)
2018.6.30-8.26 没後40年 濱田庄司展 堀尾幹雄寄贈の東洋陶磁美術館所蔵200余点の生活器 世田谷美術館(東京)
2018.7.14-9.6 フィンランド陶芸 日本にも影響を与えた既成概念にとらわれない豊かな表現 目黒区美術館(東京)
2018.8.4 - 10.14 横山操展 ~アトリエより~ 三鷹市大沢のアトリエに遺された未陳未公開作品ほか 三鷹市美術ギャラリー(東京)
2018.6.23-9.2 国立民族学博物館コレクション 貝の道 34万点をこえる資料から古来よりの貝細工約160点を紹介 県立近代美術館 葉山(神奈川)
2018.7.14-9.24 モネ それからの100年 モネ絵画25点と26作家の作品・写真・映像65点を一堂に 横浜美術館(神奈川)
2018.4.6-9.24 田中一村の絵画 生誕110周年を記念し本館収蔵の一村の作品5点を初公開 岡田美術館(神奈川)
ロダン館やって□ 本館休館中につき、ロダン館のみ開館中 静岡県立美術館(静岡)
2018.7.21-10.14 プーシキン美術館展 珠玉のフランス絵画コレクションで知られる同館の作品 国立国際美術館(大阪)
2018.7.28-8.19 高田コレクション 古代イランの… 土器と青銅器約30点で古代イランの個性豊かな造形を紹介 大阪市立東洋陶磁美術館(大阪)
休館中 休館中 藤田美術館(大阪)
2018.7.14-9.24 堺に窯がやってきた! 窯跡陶邑窯跡群(すえむらかまあとぐん)の器などを紹介 堺市博物館(大阪)
2018.7.14-8.26 糸のみほとけ 綴織當麻曼荼羅の修理完成を記念し、国宝3点を一堂に 奈良国立博物館(奈良)
2018.7.21-9.2 謎とき美術!最初の一歩 京都の街でよく見かける、あの生き物や植物の謎解き 京都国立博物館(京都)
2018.8.4-10.8 バウハウスへの応答 造形の手仕事の訓練と習得を日印でどう受容し展開したか 京都国立近代美術館(京都)
2018.8.1-8.31 「宍戸濤雲」展 一瞬の感動を永遠にとどめるために彫り上げる根付 京都清宗根付館(京都)
2018.6.13-10.24 プラド美術館展 ベラスケスと絵画の ベラスケスの作品7点ほか17世紀絵画の傑作61点を紹介 兵庫県立美術館(兵庫)
2018.6.1-8.30 榊原紫峰と国展の仲間たち 国画100年を記念し、麦僊、紫峰、華岳、竹喬らを展示 足立美術館(島根)
2018.6.2-8.26 モダンアート再訪 ダリ、ウォーホルから草間彌生まで福岡市美術館蔵展 広島市現代美術館(広島)
2018.8.21-9.24 浮世絵に見る幕末明治④歴史画 明治時代の政策や思想が反映された新しい歴史画を紹介 山口県立萩美術館・浦上記念館(山口)
2018.7.3-9.2 京都・仁和寺観音堂 本尊千手観音像をはじめ脇侍・眷属像33軀を一堂に展示 九州国立博物館(福岡)
2018.9.20-12.15 横尾忠則とアジア’89 約1000冊の絵本と原画で子どもの感性の大切さを伝える 福岡アジア美術館(福岡)
2018.7.21-9.2 グググッ!!グリコ展 お菓子や広告等を通して江崎利一の創意工夫を紹介 佐賀県立美術館(佐賀)
2018.7.21-9.2 魔法の美術館:リミックス 見て、触れるたびに多彩な表情をみせる、魔法の世界 長崎県美術館(長崎)
2018.7.7-8.19 日本モダンの精華 京都国立近代美術館所蔵の近現代日本美術の名品を紹介 大分県立美術館(大分)
2018.6.30-9.9 蜷川実花展 虚構と現実の間に 「虚構と現実」をテーマに作家の写真の本質に迫る 熊本市現代美術館(熊本)