全国美術館企画展情報
アートニュースHEADLINE

Web美庵セレクション 国際展情報

国際展情報
INTERNATIONAL EXHIBITION
かけじくかくもこのみ
伊藤晴雨「画家生活内幕咄」

国宝 《持国天立像》

奈良時代・8世紀 唐招提寺(講堂所在)

画像提供:奈良国立博物館(撮影:森村欣司)

国宝 《増長天立像》

奈良時代・8世紀 唐招提寺(講堂所在)

画像提供:奈良国立博物館(撮影:森村欣司)

奈良ー日本の信仰と美術のはじまり
2019年10月3日 [木]ー11月24日[日] 英国 ロンドン 大英博物館 朝日新聞ディスプレイ(Room3)、三菱商事日本ギャラリー(Room93) 問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)

 古都奈良が誇る社寺の名宝全19点が海を渡り、イギリス・ロンドンの大英博物館に集結する。

 奈良県内の複数の社寺が所蔵する名宝が一堂に会する美術展を海外で開催するのは、これが初。

 奈良を代表する古刹である法隆寺、薬師寺、東大寺、唐招提寺、西大寺、さらに春日大社、丹生川上神社の名宝を中心に、15件(全19点:うち国宝5件、重要文化財6件、奈良県指定文化財1件)が出品される。いずれも普段は奈良県内の各地を訪れなければ見ることができない各社寺の名宝だ。

 2019年1月~3月に奈良県がフランス・パリのギメ東洋美術館で開催した「古都奈良の祈り」展では、興福寺が所蔵する仏像3点を紹介し、約31,900人が来場。奈良の仏像の深い精神性は多くの人に感銘を与えた。

 奈良から出陳される作品に加えて、大英博物館の日本コレクションからは、聖徳太子孝養像や春日地蔵曼荼羅などの関連する絵画作品8件をあわせて展示。また、初公開となる大英博物館所蔵の法隆寺金堂壁画模写(昭和24年の火災で焼け落ちる前の壁画を知る非常に貴重な資料)を通して、大英博物館と奈良との国際的な繋がりを特集。オーレル・スタインが請来した敦煌仏画2作品も加え、奈良へと至る仏教伝播の過程も紹介する。

 古都奈良の奥深い魅力を紹介する意義とともに、日英の名宝により、日本の宗教美術の成り立ちをたどる、たぐいまれな機会となりそうだ。

国宝 《誕生釈迦仏立像及び灌仏盤》

奈良時代・8世紀 東大寺

画像提供:奈良国立博物館(撮影:佐々木香輔)

重要文化財 《聖徳太子坐像(円快作)》

平安時代・治暦5年(1069) 法隆寺

画像提供:奈良国立博物館(撮影:森村欣司)

重要文化財

《舞楽面 新鳥(印勝作

平安時代・元暦2(1185)春日大社

画像提供:春日大社

国宝 《金銅透彫舎利容器》

鎌倉時代・13世紀 西大寺

画像提供:奈良国立博物館(撮影:佐々木香輔)

※主催 奈良県、大英博物館 ※特別協力 法隆寺、薬師寺、東大寺、唐招提寺、西大寺、春日大社、 丹生川上神社、文化庁、奈良国立博物館、東京国立博物館、 朝日新聞社、三菱商事 ※監修 根立研介(京都大学大学院教授/奈良県学芸政策顧問) ティモシー・クラーク(大英博物館アジア部日本セクション長) サムエル・C・モース(アーモスト大学美術・美術史学部 アジア言語文化学部教授)

※出陳作品 奈良県からの出陳19点

国宝 観音菩薩立像(夢違観音) 法隆寺所蔵

国宝 誕生釈迦仏立像及び灌仏盤 東大寺所蔵

国宝 八角燈籠火袋羽目板 音声菩薩像 東大寺所蔵

国宝 持国天立像 唐招提寺所蔵 ※2019年度新指定国宝

国宝 増長天立像 唐招提寺所蔵 ※2019年度新指定国宝

国宝 金銅透彫舎利容器 西大寺所蔵

重要文化財 菩薩立像 法隆寺所蔵

重要文化財 聖徳太子坐像 法隆寺所蔵

重要文化財 如意輪観音坐像 西大寺所蔵

重要文化財 地蔵菩薩立像(善円作) 薬師寺所蔵

重要文化財 舞楽面 散手(定慶作) 春日大社所蔵

重要文化財 舞楽面 新鳥蘇(印勝作) 春日大社所蔵

重要文化財 舞楽面 地久 春日大社所蔵

重要文化財 薬師如来坐像 文化庁所蔵

奈良県指定 木造罔象女神坐像 丹生川上神社所蔵

奈良県指定 女神坐像 丹生川上神社所蔵

(未指定) 龍神像 薬師寺所蔵

(未指定) 春日神社鹿舎利厨子 奈良国立博物館所蔵

(未指定) 菩薩坐像 文化庁所蔵

 

※大英博物館コレクション8点

法隆寺金堂壁画 模写(第9号壁) 伝桜井香雲筆

観音菩薩像(敦煌仏画)

不空羂索観音二神将像

水月観音像(敦煌仏画)

慈恩大師像

聖徳太子孝養像

春日社寺曼荼羅

春日地蔵曼荼羅

下道基行《津波石》(2015年〜)より

第58回ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館 キュレーター、代表作家発表

「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」展示の様子、

  作成:能作文徳建築設計事務所

「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」展示の様子、作成:能作文徳建築設計事務所

 第58回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展(2019年5月11日〜11月24日)の日本館展示の代表作家および展示概要が決定し、2018年6月7日、東京四谷の国際交流基金本部にて記者発表が行われた。

 日本代表作家として下道基行(美術家)、安野太郎(作曲家)、石倉敏明(人類学者、秋田公立美術大学准教授)、能作文徳(建築家、東京電機大学准教授)の各氏が決定。服部浩之氏(キュレーター、秋田公立美術大学大学院准教授)のキュレーションのもとで、異なる分野の4人が「協働」する形で「Cosmo-Eggs│宇宙の卵」展を開催する。

 

 「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」とは、“宇宙卵(Cosmo-Eggs)から世界は誕生した”という、西アフリカや古代チベット、朝鮮半島、琉球諸島など、世界中に伝えられた神話的モチーフで、人間・非人間の共生や、複数の神話・歴史の共存という主題を喚起させるイメージを孕んでいる。

 本展は下道が2015年に沖縄の八重山諸島で出会い、数年間リサーチと撮影を続けている「津波石」(大津波で海底から陸上に運ばれた巨石)が起点となっている。津波石は世界各地にあり、災害の記憶を留めながら地域の信仰対象ともなっている。この津波石を「広場」あるいは「モニュメント」にたとえ、日本館ピロティに大きなビニール製の階段を設置。この階段を登ると、空気圧によって音楽を奏でる安野のリコーダーが鑑賞者を迎え、階段を登りきった展示室には4面のスクリーンが設置され、それぞれに下道の津波石の映像が投影。このスクリーンが展示室の内側と外側を隔て、外側には石倉によるテキストを配置、全体が卵を想起させる入れ子構造になる。また、温暖化で水没の危険性のあり“死の町”とも呼ばれるヴェネツィアの地で、石と水の照応関係を浮かび上がらせるという。

※第58回ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館 http://www.jpf.go.jp/j/project/culture/exhibit/international/venezia-biennale/art/58/ ※第58回ヴェネツィア・ビエンナーレ http://www.labiennale.org/
会期 展覧会名
■参加作家 略歴 ◆下道基行(したみち・もとゆき) 1978年、岡山県生まれ。2001 年、武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒。 2015年、豊田市美術館ライブラリーにて、また 2016年には黒部市美術館にて個展を開催。「光州ビエンナーレ 2012」(韓国)、「Asian Art Biennial 2013」(台湾)、「あいちトリエンナーレ 2013」、「岡山芸術交流 2016」、「ESCAPE from the SEA」(マレーシア、2017)などグループ展への参加多数。光州ビエンナーレ 2012では NOON 芸術賞(新人賞)を、2015年、さがみはら写真新人奨励賞を受賞。 ◆安野太郎(やすの・たろう) 1979年、東京都生まれ。2002年、東京音楽大学作曲専攻卒。2004年、情報科学芸術大学院大学(IAMAS)修了。 2008年-2010年、東京藝術大学音楽環境創造科教育研究助手。現在、日本大学芸術学部、東京造形大学非常勤講師。2014年「死の舞踏」(京都芸術センター)、2017年「『大霊廟II』-デッドパフォーマンス」(BankART)にて個展・ソロコン サートを開催。2015 年「TOKYO STORY」(トーキョーワンダーサイト)、「ゾンビオペラ『死の舞踏』」(Festival/Tokyo15)、2016年「OurMasters 土方巽/異言」(AsiaCultureCenter,韓国)、2017年「RadioAzja」(TeatrPow- szechny, ポーランド)などグループ展・フェスティバルへ多数参加。2013年 第7回JFC作曲賞第1位、2017年 清流の国ぎふ芸術祭 Art Award In the CUBE 2017 高橋源一郎賞、2018 年 KDCC2017 奨励賞を受賞。 ◆石倉敏明(いしくら・としあき) 1974年、東京都生まれ。2010年、中央大学総合政策研究科博士後期課程単位取得後退学。 2009年-2011 年、多摩美術大学芸術人類学研究所助手。2011 年より、明治大学野生の科学研究所研究員、2013 年 -2016年、秋田公立美術大学美術学部専任講師。2017年より、秋田公立美術大学美術学部准教授。 共著に、「野生めぐり 列島神話をめぐる12の旅」 田附勝写真(淡交社、2015)、「Lixicon 現代人類学」奥野克己共編 (以文社、2018)など多数。 ◆能作文徳(のうさく・ふみのり) 1982年、富山県生まれ。2012年、東京工業大学大学院建築学専攻博士課程修了(工学)。 2008年、Njiric+Architekti(クロアチア)。2010年より、能作文徳建築設計事務所。2012年-2018年、東京工業大学 建築学系助教。2018年より、東京電機大学未来科学部建築学科准教授。 主な作品に、「高岡のゲストハウス」(2015)、「BambooTheater」(フィリピン、2017)、「西大井のあな 都市のワイルド・エコロジー」(2017-)など多数。また、2013年 SDレビュー2013鹿島賞、2016年 第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建 築展日本館展示特別表彰、2017年SD レビュー2017入選、など多数受賞。 ■キュレーター 略歴 ◆服部浩之(はっとり・ひろゆき) 1978年、愛知県生まれ。2006年、早稲田大学大学院修了(建築学)。 2009年-2016年、青森公立大学国際芸術センター青森[ACAC]学芸員。2017年より、秋田公立美術大学大学院准教授。 アジアを中心に展覧会、リサーチ、プロジェクトなどを展開し、芸術と公共空間の関係を探求している。近年の企画に、 「MEDIA/ART KITCHEN」(インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、日本(青森)、2013−2014)、「あいちトリエンナーレ 2016」、「ESCAPE from the SEA」(マレーシア、2017)、「近くへの遠回り」(キューバ、2018)など多数。