全国美術館企画展情報
アートニュースHEADLINE

Web美庵セレクション 国際展情報

国際展情報

INTERNATIONAL EXHIBITION

かけじくかくもこのみ
伊藤晴雨「画家生活内幕咄」

ニック・ケイヴ《回転する森》

2016(2020年再制作)

©Nick Cave

ヨコハマトリエンナーレ2020展示風景

撮影:大塚敬太

写真提供:横浜トリエンナーレ組織委員会

キム・ユンチョル《クロマ》

2020

ヨコハマトリエンナーレ2020展示風景

撮影:大塚敬太

写真提供:横浜トリエンナーレ組織委員会

ヨコハマトリエンナーレ2020

AFTERGLOW―光の破片をつかまえる

エヴァ・ファブレガス《からみあい》

2020

ヨコハマトリエンナーレ2020展示風景

撮影:大塚敬太

写真提供:横浜トリエンナーレ組織委員会

レボハング・ハンイケ・レ・(今もここにいる(スティル)

2017

© LEBOHANG KGANYE, Courtesy of AFRONOVA GALLERY

 3年に一度開催される現代アートの国際展ヨコハマトリエンナーレ2020が、いよいよ開幕。20年目を迎える今回は、インドのニューデリーを拠点とするアーティスト3名によるラクス・メディア・コレクティヴ(以降、ラクス)を初の外国人アーティスティック・ディレクターに迎え、横浜美術館とプロット48の2会場にて開催する。

 今回タイトルに掲げた「AFTERGLOW(残光)」とは、私たちが日常生活の中で知らず知らずのうちに触れていた、宇宙誕生の瞬間に発せられた光の破片のこと。太古の昔に生まれたエネルギーが創造の糧となって今に宿ることと同じように、本展では、多様なレベルでの破壊/毒性、そして回復/治癒のなかで人間の営みが行われてきたと捉え、“毒”を排除するのではなく、いかにしてそれと共存するのかという問いを共有し、考えていくことがテーマとなっている。

 会場には、思考の源泉となる5つのソース(「独学」「発光」「友情」「ケア」「毒性」)から導き出されるキーワードに応答する、約70組のアーティストによる作品が展示されるその約半数が日本を含むアジア圏から約4分の1が中東、中南米、アフリカから出展非欧米圏のアーティストが多数出展していることが特徴またレボハ

「独学「発光「友情「ケア「毒性を源泉に

2020年7月17[金ー10月11[日]

10時ー18時

*10/2[金10/3[土10/8[木10/9[金10/10[土は21時まで開場

*会期最終日(10/11[日]は20時まで開場)

休館木曜(7/238/1310/8を除く

横浜美術館、プロット48

公式サイト https://www.yokohamatriennale.jp

インゲラ・イルマン《ジャイアント・ホグウィード(部分)

2016/2020

Photo by Sebastian Dahlqvist

ラクス・メディア・コレクティヴ

撮影:加藤甫

写真提供:横浜トリエンナーレ組織委員会

ング・ハンイェ(南アフリカ)など、約半数が1980年代以降に生まれた若手作家である点にも注目。

  使い古された家具や浜辺の漂着物などの欠損箇所から、異なるモノと結合させながら創造的復元を行う青野文昭。壊れた誰かの持ち物を、遺伝子操作で光る糸を使って縫い修復する竹村京。ジャイアント・ホグウィードという光で毒を作る巨大な植物を持ち込み、あたかも未知のウィルス・コロナとの共生を予見させるインゲラ・イルマン。人にとって心地よい形や触感を追及する中に、ラクスが「腸内で共生する100兆個もの細菌を連想した」というエヴァ・ファブレガスなど。日本での作品発表が初となるアーティストも多数参加する。

 なおヨコハマトリエンナーレ2020は通常の展覧会だけでなく2019年11月からスタートし横浜にとどまらず広く海外でも開催する「エピソード」と呼ぶイベントとの2部構成からなる。そこに、思考の出発点(ソース)を共有するための「ソースブック」と名付けた書物を加え世界に対する認識を拡張していくことを試みてゆく。

 「アーティストはものを考る中で(コナ禍を予見してしまうテーマを引き当てることがある6月22日のZoomにる記者会見での蔵屋美(横浜トリエンナーレ副委員長/横浜美術館館長の言葉だがナ状況下を意識したオンラインイベントとの連携初の試みも意欲的に盛り込まれた身近で刺激的な内容となっている。

※各展覧会名をクリックすると公式サイトに飛びます

※新型コロナウィルスによる延期・中止につきましては、各公式サイトにてご確認ください。

会期 展覧会名

2020.3.14-9.6

シドニー・ビエンナーレ(Biennale of Sydney、オーストラリア)

2020.4.24-8.27

Socle du Monde ビエンナーレ(Socle du Monde Biennale、デンマーク)

2020.6.5-9.13

ソンスベーク(Sonsbeek、オランダ)

2020.6.12-9.27

ヘルシンキ・バイエニアル(Helsinki Biennial、フィンランド)

2020.6.13-9.13

ベルリン・ビエンナーレ(11th Berlin Biennale、ドイツ)

2020.7.13-9.13

モスクワ・ビエンナーレ(Moscow Biennale for Young Art、ロシア)

2020.7.17-10.11

横浜トリエンナーレ(Yokohama Triennale、日本)

2020.8.8-12.6

フェスタス・アート・トリエンナーレ(Frestas Art Triennial、ブラジル)

2020.8.8-10.20

ビエンナーレ・ガーデナ(Biennale Gherdëina、イタリア)

2020.8.20-9.13

リーガ・バイエニアル(Riga Biennial、リビア)

2020.8.26-9.26

Kampala Art Biennale

2020.8.28-11.29

マニフェスタ 13(Manifesta 13、オランダ)

2020.9.1-12.1

IABR (dates TBC)

2020.9.4-11.15

EVAインターナショナル(EVA International、アイルランド)

2020.9.5-11.8

釜山ビエンナーレ(Busan Biennale(dates TBC)、韓国)

2020.9.5–11.8

Folkestone Triennial(イギリス)

2020.10.9–9.13

Survival 18

20209.24-10.18

steirischer herbst

20209.25-11.29

Athens Biennale

20209.26-11.8

Istanbul Design Biennial

2020.10.16-12.12

Bangkok Biennial

2020.10.24-2021.2.28

Taipei Biennial

2020.10.27-2021.6.27

トリエンナーレ・オブ・アジア(Triennial of Asia、アメリカ)

2020.11.10-2021.7.18

Shanghai Biennale

2020.12.4-2021.1.9

Kathmandu Triennale

2020.12.4-2021.4.18

NGV Triennial

2021.12.9-2022.2.6

Chennai Photo Biennale

2020.12.12-2021.4.10

Kochi-Muziris Biennale

2020.12.19-2021.2.14

Sapporo Int Art Festival

2021.3.20-6.6

リバプール・ビエンナーレ(Liverpool Biennial、イギリス)

2021.5.22-11.21

ヴェネツィア・ビエンナーレ建築展(Venice Architecture Biennale、イタリア)

2021.5.24-8.1

カサブランカ・ビエンナーレ(Casablanca Biennale、モロッコ)

2021.10.23-2022.1.23

プロスペクト・ニューオリンズ(Prospect New Orleans、アメリカ)

2022.5.19-7.17

ブカレスト・ビエンナーレ(Bucharest Biennale、ルーマニア)

2022.6.18-9.25

ドクメンタ15(documenta 15、ドイツ)

2022.7.16-10.2

フロント・インターナショナル(FRONT International、アメリカ)