interview↗
Gallery美庵 インタビュー
SUZUKI Genji 画家 久世瑠璃・中村典

インタビュアー/藝術出版社 代表取締役社長  今沢志激

今沢

久世

 

 

今沢

久世

 

 

今沢

久世

 

今沢

今沢

 

中村

 

 

 

 

 

今沢

中村

 

 

 

今沢

中村

絵に目覚めた時期というのはありますか?

母が画家だったせいか、気がつくと自然に描いていました。本格的に画家を志したのは高校2年生のときです。将来は画家になると決意し美大を目指しました。

色彩や対象にこだわりはありますか

赤やピンク、ブルーを基調に、個性が出るよう意識しています。対象というより、イメージを大切に。頭の中で思考を重ねてから創作に移るようにしています。

今展はヨーロッパのスケッチが多いのはなぜですか?

好きなように好きなイメージを次々と描きたいので、小品のほうが描きやすいということがあります。

今後の展望は?

やはり好きなように、自由に描いていきたいですね。

額縁に入った立体的な飛行機というユニークな発想に到った順序をお聞かせいただけますか?

以前は、趣味でプラモデルを作っていました。プラモはキットを組み立てるだけです。でもある日、仕事で海外に行ったとき、銅版を叩いて作品を制作しているのを見る機会があって。それがきっかけで、独学で銅版で造形し、色を塗って飛行機を作ってみようと思うようになりました。

もともと、奥様の額縁をつくられていましたね?

はい。それがあって、プラモのような置物でなく、額に飛行機を入れてみようかと。望遠レンズで撮影した飛行機の前後を短縮して立体化すれば、額にいれても成立すると考えました。

プロペラ機が多いですね?

ジェット機と違いプロペラが動かせる面白さですね。 電池を外付けしているんです。自分でもそれをとても気に入っています。夫婦で創作を続けるということは、美術文化が家庭で花開き、世間に発信することにつながる。とても幸せなことだと思っています。

(2019年12月3日Gallery美庵にて)